スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

摂津△!!1億円を自ら辞退の摂津さんに感動の涙な件!!

こんなサムライがまだ日本にいるのですね!!

ソフトバンクの摂津正投手が契約更改で球団から5000万円アップの1億円を提示されたのに、「まだ自分は半人前」と辞退。
9500万円でサインしたそうです。


摂津△!!!



ソフトバンク・摂津正投手(28)が7日、ヤフーD内の球団事務所で行われた契約更改交渉で、球団側から提示された年俸1億円を“辞退”。500万円を返上し、4500万円増の9500万円でサインした。

1 時間半にわたる交渉後、にこやかに切り出した。「『倍あげてもいい』と言われたんですけど、3年やって一人前だと思うんで…」。“大台”突破を打診された が、JR東日本東北で8年間の社会人生活を経験した右腕は、やんわりと断ったという。「このご時世ですから。ぜいたくな悩みですよ」。世間とマッチした金 銭感覚を明かした。

今季は主に中継ぎとして71試合登板で4勝3敗1セーブ、防御率2・30。新人王を獲得した昨年に続き、今季は最優秀 中継ぎ投手のタイトルを獲得した。入団1年目から2年連続で70試合登板したのは、鉄腕と呼ばれた稲尾和久(西鉄)以来。リーグ優勝に貢献した摂津に、球 団側は1億円の年俸をはじき出した。交渉役の小林編成・育成部長は「来年の励みにしたいと話していた。男気を感じた」と目を丸くした。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101208-00000015-sph-base




もう1回言わせて。


摂津さんかっけーよー!!!


8年間社会人野球を経験しているため、次が3年目とはいえ年齢は28歳。
高卒や大卒で早い時期から活躍している選手に比べれば、スタートが遅い分年棒にも差が出ていると思うし、選手生活の長さを考えれば少しでも多くもらっておきたいというのが普通の考え。
1億円プレイヤーという誰もが憧れるような提示を受けて、あえて来年へのモチベーションにしちゃうところなんて抱かれたい野球選手No.1に急上昇です!!

まあ、自分を謙遜して辞退しちゃう摂津さんもそれを聞いて「かっこいい」と思う僕も、日本人なんだな~って感じました。
こういう感覚って日本人ならではだと思いますし、特にアメリカ人とかにはわからんだろうな~

ソフトバンクってのはこういう気持ちの入った選手が多い気がするのは僕だけでしょうか?

なんなんだろうな~王監督と秋山監督の教えなのか。九州男児的な土地柄なのか。
川崎なんか典型ですが、こう応援したくなるような選手が多いですよね。

来年はうちのウッチーが行きますのでよろしくお願いします。
もれなく、アナウンサーの美人妻もついてきます。
まあ、黙っていても激しく打つとは思うんですが、本人は優勝を経験したそうなので、ぜひ優勝してください。



関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。