スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅田真央はなぜ今になってジャンプを矯正したのかやっとわかりました!

今年のバンクーバーオリンピックでは素晴らしい演技を見せてくれた浅田真央。
ただ、2010-2011シーズンに入り絶不調になり、グランプリシリーズでも考えられないほどの順位(NHK杯8位、フランス杯5位)でグランプリファイナルにも出場が出来ませんでした。

得点が伸びなかった理由は明白で、真央ちゃんの最大の武器であるジャンプ。
試合ではことごとくジャンプを失敗し、何度も転ぶシーンは僕も見ていられない感じでした。

ジャンプがダメになった理由も有名で、バンクーバー後に佐藤信夫コーチを迎えてジャンプの矯正を行なったそうです。
そのジャンプの矯正がまだ完璧ではなく、まあ細かいところは素人なのでよくわかりませんが、ともかくその矯正によってバランスがおかしくなって失敗に繋がっているようです。
なので、完全復活にはもう少し時間が掛かりそうです。

そこで、僕がどうしても理解できなかった疑問がこれです。

なぜに今になってジャンプを矯正するのか?

本当に理解できなかった。
だって、細かい技術はもちろんですが、飛んでいる姿勢とか高さとか回転とか見ても間違いなく世界一のジャンプをすでに飛べているわけですよね?
何のスポーツでもそうですけど、フォームの改造とかこれまでやってきた事を修正する事は大きなリスクを伴います。

フォームを改造する場面って僕的には以下2つだと思うんですよ。

①点が伸びないとか不調になってこれまでのやり方を変える
②今まで以上のパフォーマンスをするために変える


バンクーバーを見れば①でない事は間違いないので、②が理由だと想像できたのですが、限りなく頂点レベルのジャンプがあって他にもスピンとかスパイラルとかいろいろある中で、一番安定していたジャンプに手をつけた理由が全然わかりませんでした。





なんて思っていたのですが、ちょうどさっきですけどフジテレビでやっていた

「チャンネルΣ 舞姫たちの新時代 浅田真央∞村上佳菜子」

2010-14-19.png

を見て、やっと理解する事ができました。

フィギュアの得点はジャンプの種類などで固定された得点の他に、各審査委員が自分で判断してつける「GOE」という加点?があるそうです。
1つのジャンプやスピンなどに対して、0~3点までの「GOE」による加点がつけられていくのですが、番組で流されていたバンクーバーでの真央ちゃんのジャンプに対する加点はほとんど1点か2点でした。
あのトリプルアクセルですら、「GOE」は1点だったそうです。

真央ちゃんはこの「GOE」の得点を上げるために、ジャンプの矯正を実施しているんだそうです。
で!その「GOE」って何なんだって話なのですが、ISUが発表しているガイドラインがありました。

INTERNATIONAL SKATING UNION
http://isu.sportcentric.net/db//files/serve.php?id=1427

ちなみにPDF&英語です(汗)
なので痒いところに手が届くこのブログでは翻訳を試みます。

1) 予想できない/創造的な/難しいエントリー
2) 明確に理解できるステップ/すぐにジャンプに入る動作
3) 空中での多彩なポジション/回転に入る際の遅れ(ためみたいな感じかな?)
4) いい高さと距離
5) 着地時のよい流れ/創造的な終わり方
6) コンビネーションやシーケンスを含む開始から終了までのいい流れ
7) 全体的に無理のない動作
8) 音楽の構成にあった要素


この中から2項目当てはまれば+1点、4項目ならば+2点、6項目ならば+3点まで加点されます。

なんだかはっきりしない内容ですし、僕から見れば真央ちゃんのジャンプは全部当てはまるだろ!っと言いたいところですが、まあ素人にはわからない何かがあるのだと思います。
そして、この中でも特にジャンプに入る際に動作が止まってしまうところを直すようにしていました。
ジャンプに入る際はキレイな姿勢に見えますが、もっとジャンプに入る動作を早くする?ようにしていて、ただそれによってリズムがおかしくなって失敗になっているとか。

少しずつですがよくはなってきているようで、12月24日の全日本選手権までには「何とかしたい」と話しており、世界選手権に行くにはこの大会で結果を残さないといけないと言われています。
しっかりジャンプが修正されていれば問題ないと思いますが、ちょっと心配ですね・・・

とりあえず、ジャンプ矯正の理由がわかりすっきりしましたし、矯正がうまくいけば「GOE」も高くなるということは、いわゆる「無敵!!!」になるはずなので、僕らももう少し我慢して見守りましょう。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。