スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AP通信が今年のスポーツニューストップ10を発表していました!!

アメリカのAP通信が行った2010年の(最も印象に残った?)スポーツストーリーベスト10を発表したようです。
これはAP通信のメンバーで作られているアメリカニュース機関の投票形式で実施され、提出された176票からランキングになっております。
各投票者がそれぞれトップ10を挙げて、1位は10点、2位は9点・・・と得点をつけてその合計でランク付けされました。

Woods saga edges Saints' Super Bowl title as AP story of 2010
2010-12-19.jpg

その結果、 1,316点を獲得したゴルフ界のエロマシーンことタイガーウッズさんが、アメリカを代表する4大メジャースポーツやらW杯やらを抑えて堂々の1位。

よくも悪くも人気者ということでしょうか?(笑)

他のほとんどが奇跡の勝利とかレコード樹立とかなのに、ウッズさんは下ネタからの絶不調というロクでもない内容で不名誉の1位を獲得してしまいました。
あっ、8位にも似たような奴がいる・・・

ちなみに昨年の1位は、MLBで次々に発覚したドーピング問題だったそうです。



トップ10はこんな感じです。

1位:タイガーウッズ
ウッズは2月に約13分の記者会見おために戻ってきました。そして、4月のマスターズでゴルフ復帰。
それはコース上で見せた彼の数少ないハイライトの1つでした。
ウッズは自身のキャリアでPGAツアーを勝てなかったのは初めてであり、年間ランキングで1位から陥落したのも初めて。
8月には奥さんのエレンとも離婚した。

2位:センイツの勝利

ニューオーリンズの市民はハリケーンカトリーナの後にその街を投げ出さなかったセインツを愛していました。
しかし、42敗した昨シーズンの後にフィールドでいい結果を残せるとは誰も思っていませんでした。
そして、セインツを応援している全国のファンと「French Quarter revelers」の嬉しいことに、ドリュー・ブリーズとチームは初めてのスーパーボウルで強敵インディアナポリス・コルツを倒しました。

3位:フリーエージェントの熱狂?狂乱?
NBAのファンはMVPのジェームズや他のフリーエージェント選手達がどこに行くのかという謎に惹きつけられました。
彼らの中の3人は同じチームと再契約するだろうと考えられてました。
クリーブランドからジェームズをトロントからクリスボッシュをトロントから獲得したマイアミヒートはバスケットボール界の憎まれ役になりました。

4位:ワールドカップ
スペインとアフリカの栄光で終わったワールドカップ。
たくさん予想されてきた落とし穴もなく南アフリカは最初のワールドカップを開催しました。
そして、スペインが延長戦でオランダを1対0で下し、初めてのワールドカップタイトルを自国へ持ち帰りました。

5位:ジャイアンツの勝利
ジャイアンツは1958年にサンフランシスコに移転してきてから、移転前も入れて1954年から1度もワールドシリーズを勝っていません。
彼らがプレーオフにかろうじて出場した時も、その干ばつが終わりを迎えるようには見えませんでした。
しかし、安定したピッチングとピンチに強いバッティングで、5試合でテキサスレンジャースを倒しました。

6位:NFLの脳震盪
今シーズン前に、以前よりも厳しい言葉で脳震盪の危機を警告した新しいポスターが各チームに配られました。
その問題が大きくなったもう1つのサインは、選手によって脳震盪のレポートが増加していたことです。
シーズン中、NFLはヘルメットの打撃に対して大きな罰金と出場停止処分を与えました。

7位:ジミージョンソン
そのNASCARドライバーは彼の5回のストレートスプリントカップタイトルのレコードを更新しました。
たぶんすごく印象的だったのは、彼はすべてのシーズンで1番の車に乗っていないのにも関わらずそれを成し遂げた事です。
ジョンソンは最終戦で負けていたポイントをひっくり返した、7年間の歴史の中で初めてののドライバーになりました。

8位:ブレット・ファーブ
この復活は41歳のクォーターバックのために昨年NFCタイトルゲームまで奇跡的に突っ走ったようにはいきませんでした。
彼のミネソタバイキングズは悪い方向に行ってしまった。そして、NFLは彼がJetsの従業員に対して、彼自身のわいせつな写真を送ったかどうか調査することを発表しました。
投票が始まった後に、彼の297で始まったレコードの記録は終わりを告げました。

9位:University of Connecticut(コネチカット大学)の勝利
そのハスキーズ女子バスケットボールチームは4月に連続無敗のシーズンをを作った最初のチームになってから、2度目の国際チャンピオンシップにて78連勝の記録を更新しました。
そして、コネチカットは今シーズンもまた強豪です。

10位:ウッデン死去
ウッデンは6月4日に99歳で死亡しました。
ジョン・ウッデンは1967年~73年まで7年連続、そして88ゲームの勝利を含んだ10回のNCAAチャンピオンシップに進んだUCLAの男子バスケットボールチームのコーチでした。


いかにもアメリカらしいランキングですね。
サッカーW杯は4位ですし、バンクーバーオリンピックなんかはランキングにも入っていません。
(まあ、サッカーの話題が4位に来ただけでもアメリカでサッカー人気が高まっている証拠か・・・)

僕はアメリカ4大スポーツでMLBぐらいしか見ないので、正直NFLとかNBAとかNFCとかの話題があってもピンと来ませんでした。
なので、訳すのも苦労しました。(人名とか間違っていたらすいません)
ほんとアメリカは独自路線ですね。

ヨーロッパでやったら確実にW杯が1位だと思いますし、カナダとか北欧とかでやったらバンクーバーオリンピックが1位だと思います。
日本だとこの2つが1位、2位でしょうね~
プロ野球とかJリーグも入ってくるでしょうけど、今年は素晴らしい結果を残したバレーボールとか柔道とかも入ってきそうです。
後は、白鵬、小林可夢偉、宮里藍ちゃん、香川とかですかね~他にあったかな~
個人的には福島千里の活躍を押したいけど、ちょっと足りないかな??

<追記>
えーと、ご指摘を受けまして少々名前とか修正しました(汗)
適当に訳すとダメですね・・・
関連記事

この記事へのコメント

岩渕猛(たけし) : 2010/12/19 (日) 13:56:27

いやいやいやいや~本当に独自な感じがしますね~
ぜんっぜんピンと来ない話題ばっかり(笑)

まっ、野球とアメフトとバスケとアイスホッケーは、
我らの野球とサッカーと、それに相撲なり様々~みたいな感覚でしょうから当然と言えば当然なのかもしれませんが。

おっしゃる通り、日本だとどういう結果が出るでしょうかね、興味ありますね~さすがに一位はサッカーワールドカップかな?と。
そう考えると、各国、国際大会での自国の結果が上位に来るのかな?なんて。
(やっぱりアメリカは独自???)

各国のこういうのを探したら面白そうだな~って感じました。
同じ欧州でもイギリスとスペインとフィンランドでは全く違ったりとか。
ブラジルとアルゼンチンは実は興味が全然違ったりしたら面白いだろうな~
な~んて

レイ : 2010/12/20 (月) 20:30:53

> いやいやいやいや~本当に独自な感じがしますね~
> ぜんっぜんピンと来ない話題ばっかり(笑)

いやはや本当に僕もピンとこない話ばかりで、訳すのが大変でした。
かなり間違いもあったようですし・・・

他の国のも気になりますよね。
日本人は結構いろいろ好きですけど、カナダならカーリングとかインドならクリケットとか、国によって人気のスポーツが違いますしね~
日本はW杯が1位は間違いないと思いますが、他の細かい順位は予想できないですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。