スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外組をアジア杯に呼ぶ必要性はあるのか?特に長友は・・・

選手の労務問題で何やら騒がしいサッカー日本代表。
代表戦に出場した際の勝利給が他国に比べて少ないことと、ユニフォームなどの肖像権がすべて協会側にあるため、たとえ自分の名前と背番号の入ったユニフォームが売れたとしてもまったく選手に還元されないという事に選手側がついにブチ切れております。

オリンピックなどではメダルと取った際に出される報酬などが、各競技の財務状況とか、国によっても大きく違うことはよくニュースになっていますね。
「名誉のために」という僕からすれば都合のいい言葉でこれまで片付けられてきた気がしますし、もちろん名誉な事なんでしょうけど、それを「名誉」と取るか「ビジネス」と取るかは選手本人なので、外野が「日本のために戦うのが当然だ!」というのはやっぱりおかしいと思います。

ここら辺はちゃんと話し合ってもらうとして、僕が気になっているのはアジア杯にヨーロッパ組を呼ぶかどうかです。
特に内田、長友、長谷部の3人。

カタールが熱いとかいう事で1月開催になったアジアカップですが、セリエAは1月6日から、ブンデスリーガは1月14日から始まるので当たり前ですがリーグ戦は欠場です。
ちょろっと日程を見た限り、ブンデスリーガの2人は4試合ぐらいですが、セリエAの長友は7~8試合欠場もありえる日程です。
もちろん、日本代表が最後まで残っている場合ですけどね・・・

アジア杯は2011年1月7日から1月29日と長いですし、移動距離も長いですし、ハードな試合になるでしょうからチームに帰ってすぐに出れるコンディションを保っていられるか?も考慮に入れないといけません。
いつの間にかに海外組がすごく増えたので、他にも香川はもちろん、阿部とか矢野とか森本とか川島とか吉田とか松井とか本田さんとか盛りだくさんです。

ちょっとこれは考えないといけないな~と思ったしだいでございます。





これまでの情報だと原さんがヨーロッパまで飛んで直接クラブと交渉し、香川のドルトムントと内田のシャルケからは了解を得て、降格ピンチの長友のチェゼーナだけ嫌がっているという話でした。

ただ、今日のニュースではシャルケのマガト監督が「アジア杯に招集された場合は、右SBのポジションは保証できない」と内田について話したようで、気持ちよくチームが出してくれたような雰囲気でもありません。
マガトは鬼軍曹で有名ですが、気に入っている選手は厳しいことを言っても辛抱強く使う人みたいで、内田がチームにフィットしてない時期、シャルケ自体が勝てない時期でも内田を右SBとしてずっと使ってくれています。
今回の件で信頼を失えば、内田にとっては大きなダメージです。

ヴォルフスブルグの長谷部もここ最近ずっと先発落ちしていて、直近の2試合ぐらい?でやっとまた先発で出れるようになりました。
昨年までの信頼感がない状況で、1ヶ月いなかったら間違いなくポジションはないだろうな・・・

そして、最も問題なのが長友。
すでに中心選手になっているのでレギュラー落ちはないにしても、チーム自体が降格圏に沈む中でさらに1月の日程を見ればチェゼーナが嫌がるのも理解できます。

1月6日(木) ブレシア
1月9日(日) ジェノア
1月16日(日) ASローマ
1月19日(水) インテル
1月23日(日) ACミラン
1月30日(日) レッチェ
2月2日(水) カターニャ
2月6日(日) ナポリ


ローマ、インテル、ミランという激しい3連戦の上、ブレシアとレッチェは降格争いのほぼ直接対決。
さらに地味にナポリは絶好調で現在2位にいるチームです。

ウルトラCみたいな感じで、12月29日にイタリアに戻って、6日のブレシア戦に出場し、中2日で9日のヨルダン戦にぶっつけで出るとかいう強行スケジュールになるなんて話もありますが、いくら体力自慢の長友だって厳しいですよね。。。

っと、まーそれぞれに問題があり、海外組については今回に限らず日本代表に参加することで、ポジションを失ったり、体調不良で試合に出れなかったり、チームから孤立していったりという事例が過去に何度もあるので、正直僕はコパアメリカもあるんだし、いろいろ事情のある選手はアジア杯に呼ばなくていいんじゃないかな?という考えです。

確かにアジアカップはちゃんとした国際大会ですし、アジアといっても勝ち抜いていくのは大変です。
実際に前回は4位で終わって、コンフェデにも出れないどころか、予選から戦わなくてはいけなくなりました。
コンフェデ出場は本当に喉から手が出る欲しい・・・
Yahooコメント欄などを見ても、意外と「呼ぶべきだ」という意見が多いみたいです。

ただそれでも・・・やっぱり僕はもう少しチームの状況を考慮すべきだという考えです。
日本代表やアジアカップを軽視しているつもりもないですが、彼らに取ってそれぐらい今シーズンは重要だと思うんですよ。

やっぱり目指すはブラジルW杯であって、長期的なスパンで見ればいわゆる超強豪チームにいって、パクチソンみたいに成長してくれた方が日本のためになると思います。
実際にそういう話も出てきているわけですし・・・
そして、彼らの成功が日本からヨーロッパに移籍するための道を切り開いていく事にもなるわけです。

それに、内田とか香川とかの評価が上がりすぎな気がするんですよね。
半年前のW杯では香川はメンバーにも入らなかったですし、内田もサブでした。
まあ、監督が・・・という話もあるかもしれませんが、「ヨーロッパに移籍=代表レギュラー」みたいな図式がどうもあるような気も。
もし、香川がセレッソに、内田が鹿島にまだいたら、ここまで大きな問題になったとは思えないんですよね。

今後中心になっていく選手である事は間違いないのですが、彼らがケガや出場停止になったらガクッと戦力が落ちるのは問題ですし、強行で呼ばなくてもJリーグにいい選手がまだまだいるんじゃないの?
今、ものすごい成長しているのは間違いなくヨーロッパリーグの厳しい環境で戦っている結果ですし、1試合でも多くヨーロッパで試合をすべき時期で申し訳ないですがアジアのチームとやるより全然意味があると思います。

そんなこんなで、賛否両論あると思いますが、僕の意見はこんな感じなんですよね~

関連記事

この記事へのコメント

岩渕猛(たけし) : 2010/12/23 (木) 21:09:36

その日程は、きびしいですね~

きっと似た感覚なのだと思うのですが、
「経験値」
って、絶対に他では得られない宝物で。
個人にとっても、その経験値を得た選手が多く存在する国にとっても。

だから、(具体的にあまり調べたり考えたりしない状況のままで申し上げはするのですが)
「日程が厳しい海外組は、希望者だけ参加」
「それで不足する人数を、やる気まんまんの国内組から召集」
がいいように感じました。

後、けが人などなどが大量に出る可能性だってあるわけで(疲労で万全でないのも含めて)。
そういう時でも、重要な大会では勝ちたいわけで。
その、本気の勝負!
このアジアでの戦い、そのぐらいの感覚(=数人は別の人間で戦い抜く!)での方が、より選手や関係者の本気度が上がって、いいのかも、なんて。
(勝たねばならぬ戦いでもあるでしょうし!)

そして、結果的に、経験値を得る選手の人数が、増える!
日本、底上げされる!

先日ラグビーのインタビューで、代表を経験したことでの自分の中での自信、本当に大きかった!とある選手がおっしゃっていたのを思い出しました~

レイ : 2010/12/25 (土) 11:36:46

経験値は大事ですよね~
やる気満々の国内選手はたくさんいますよ!!

実際に中国で優勝した時も、海外組はイタリアで出番のなかった俊輔とデンマークに行っていた川口だけのほぼ国内組でしたからね。
層を厚くするためには、若い国内選手をたくさん使って欲しいです。
細貝や家長がまた海外移籍ですし、これからもこういう悩みは続きますね・・・

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。