スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本フィギュア!安藤美姫&浅田真央2人の女王が復活なり!!

笑顔にあふれた素晴らしい全日本フィギュアでしたね!!

本日行なわれた全日本フィギュアの女子フリー。
ここでの結果が3月の日本で行なわれる世界選手権に大きく関わるためとても重要な1戦でした。

そして、一番の注目はもちろん浅田真央。
ちょっとこの記事でも書いたのですが
浅田真央はなぜ今になってジャンプを矯正したのかやっとわかりました!
ジャンプを矯正したため、今年はグランプリシリーズでジャンプをことごとく失敗し、グランプリファイナルの出場は叶いませんでした。
ランキング的にも遅れを取り、今日の全日本フィギュアで結果を残さないと世界選手権の代表には選ばれない、まさに絶対に負けられない戦い。
僕も緊張しながらテレビ観戦しました。

ただ、結果的には心配は必要なしで、しっかり2位に入り世界選手権の代表に選ばれました。
それによってこの大会前まで世界のランキング2位につけてきた鈴木明子が押し出されるような形で代表漏れ。

どんだけ、レベル高いんだよ!!

と、鈴木明子には本当に厳しい結果でしたね・・・
自身も大逆転でオリンピックに出ましたが、今回は逆になってしまいました。
うーん。かわいそう。。。





ショート上位陣で最初に出てきたのは、まさに今年大旋風を巻き起こしている村上佳菜子。
これで16歳だもんな・・・すげーよ。

グランプリファイナルで表彰台に乗った勢いそのままに、今日のフリーはノーミスの完璧な演技。
技術が高いのはもちろん、表現力とか観客を惹きつける力は抜きに出てますね。
演技直後はガッツポーズと大きな笑顔。
ショートとの合計187.52点という超高い得点で1位に立ちます。

そして、注目の浅田真央。
絶対にミスが許されない場面。ふーっと大きく息をはいて演技開始。
本人も後にコメントしていますが、誰もがキーポイントだった最初のトリプルアクセル。
いやー緊張した・・・

これまで見た中でもトップクラスだと思うぐらいきれいなトリプルアクセルでしたよ。
まあ、これは回転不足を取られてしまうのですが、僕のような素人は何度スローで見てもどこが回転不足なんだかさっぱりでした。
あれでまわってないのか・・・

ただ、トリプルアクセルを越えたところでもう僕の緊張は解けたというか、演技に入り込みました。
細かく言うと後半にも飛ぶ予定だったトリプルアクセルを回避してダブルアクセルにしたり、トリプルサルコーがダブルになってしまったりとすべてが完璧だったわけではないですが、なんて言っていいんですかね・・・曲と滑らかな演技が一体になって、一言で言えば「感動した」になるんでしょうけど、得点がどうとか、順位がどうとか、世界選手権がどうとか、そういうのを忘れるようなスポーツよりも感動的な劇を見ているような気持ちになりました。

得点はショートとの合計で193.69点で村上佳菜子をかわして1位に。
190点を越える完璧な得点で完全復活&完全優勝か!と思いました。

しかし、これで今日は終わりませんでした。
ショート2位で6年前の女王であるミキティこと安藤美姫。
ともかく重要な試合でことごとくダメになってしまう精神面の弱さや、それなりの演技で終えてもなかなか得点が伸びないイメージなので、さすがに190点を超えてくることはないだろうっというか、そんな高い得点をミキティであまり見た事ないので。

別人か?なんかあったか?
今日のミキティはまさに別人みたいな雰囲気で、普段危なっかしいジャンプも今日は「失敗はないな」と思っちゃうぐらい完璧なジャンプ。
さらにスピンではあまり見た事ないようなスピンを入れてみたり、ステップもダイナミックで素晴らしかった。

何より驚いたのは、演技後のガッツポーズ!
あんなに感情をあらわにしたのを初めて見ました。
ミキティは真央ちゃんと違って、まさに勝ちに来たという感じで、闘争心というか自信というか、そういうのが最後のガッツポーズにすべて集約されていました。
モロゾフとうまくいっているんだなwww

そして、得点は202.34となんと200点越え。
浅田真央を越えて6年ぶりの全日本フィギュアの女王。
うーん、ミキティ素晴らしかった。

真央ちゃんが自滅じゃなくてほぼ完璧に演技して、ガチンコで負かしたのはキムヨナ以外で久々に見ましたね。
それに普通に演技しても得点が伸びない場面をチョコチョコ見ていたので、200点とかはミキティは出せないと思っていたのですが、ミキティも200点いけるんだとちょっと自分の考えを改めました。

それにしても世界選手権の可能性があったメンバーで鈴木明子以外の3人は、現在できるほぼ完璧な演技をして、それぞれで笑顔やガッツポーズが見れました。
こんなに上位がハイレベルの得点で、緊張感があって、笑顔があって、若手の台頭があって、不振の女王が復活し、元女王も復活し、最高の全日本フィギュアでした。

やっぱり日本のフィギュアは最強ですね。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。