スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり正月はSASUKEでしょ!!

おっ、オレにはサスケしかないんです・・・(涙)

明けましておめでとうございます!!

いきなりミスターサスケの名場面をかまして見ましたが、いや~明けましたね~明けた明けた。
ただ、スポーツ選手には正月もないって感じで、ここぞとばかりにいろんなスポーツがやっていますね!!

大晦日は格闘技。元旦は朝からニューイヤー駅伝が始まって、箱根駅伝。
そして、天皇杯サッカー決勝。高校サッカーもどんどん始まっています。
どれも、名前を聞いただけで正月だな~って感じですな~

それにしても大晦日のダイナマイトは視聴率が一桁っとボロボロだったみたい。
前は午後6時ぐらいから12時近くまでやっていなのに、今回は普通に2時間番組になってましたね。
はっきり言ってあのメンバーじゃ視聴率が一桁も仕方ないよな。。。

おもしろかったのは「青木真也VS長島☆自演乙☆雄一郎」戦と「所英男VS渡辺一久」戦ぐらい。
ただこれもいわゆる正統派としておもしろかったわけではなく、両方ともK-1対総合の組み合わせでガチンコの戦いと言うよりは、組み合わせのおもしろさだけの戦い。
石井とバンナの組み合わせなんて、なんでこういうマッチメイクになるんだかよくわからん。試合の内容なんて見れたもんじゃないし。
もう、ノゲイラとヒョードルがPRIDEでやったような本当の頂上決戦はもう見れないのかな・・・

まあそれはいいとして、これぞ本当の戦いだと思うのがTBSで今日やっていたSASUKE。
バラエティー番組だろ!みたいな事を言う人もいるかもしれませんが、僕はいつからかは定かでないですがかなり昔から好きな番組として見ています。
少なくともダイナマイトよりはガチンコだし、素人もプロも年齢も性別も国籍も関係なく、細かいルールもないし、採点とか判定とかもない。ただクリアしたものだけが勝者のものすごく公平な戦いだと思いますよ。

それに何より世界152カ国で放送されているというワールドワイドの番組なのです。
152カ国ってすごいよな。ワンピースと村上春樹と同じぐらい世界で認知されているのでは?




アスレチックというか、障害物競走っていうか、何というジャンルなんだかよくわかりませんが、ともかくパワー、スピード、バランス、そして運。
すべてが揃わないとクリアできないSASUKEは、立派なスポーツであり、プロも出てますけどアマチュア最高レベルの競技だと思うんですよね~
っていうかね。長く見ていると愛着沸いてくるというか、SASUKEオールスターズ含め毎年出ている選手も詳しくなってきて、本当に手に汗握って見ています。

そして、やっぱりミスターサスケこと「山田勝己」。
いや~僕からするとネ申です。
前にその時付き合っていた彼女に冒頭の感動シーンをモノマネして山田さんのすごさを熱く語ったのですが、「サスケオールスターズ」と「ミスターサスケ」という言葉に失笑し、仕事もロクにせずにSASUKEに命を掛ける山田さんに対し「仕事しないのはアカンやろ」と冷静に突っ込まれました。
だから女っつー生き物はイヤですな~

これまで完全制覇は「毛蟹の秋山」「長野」「漆原」の3人。
さてさて今年は?

先ほどテレビが終わりましたが、アルティメットクリフハンガー難し杉だろ!!だろ!!
確か2回前に漆原が完全制覇した時に、セカンドステージもサードステージもひょいひょいクリアしちゃって、最終ステージにたくさん行っちゃったので、サードステージを難しくしたのかもしれませんが、ちょっと難しすぎだろ。

今回、台風の目になったのは、アメリカの5選手。
アメリカではSASUKEが大人気になったので、「Ninja Warrior」(忍者ウォーリアー)というアメリカ版SASUKEがやっており、その上位10名が今回SASUKEに参加しました。
そしたら、5人もファーストステージをクリアしちゃって、セカンドステージも4人がクリア。

逆に日本勢は漆原も長野もミスターサスケ山田さんも弘道お兄さんも有力どころがみんなファーストステージで落ちちゃって、圧倒的に人数の多い日本勢もアメリカと変わらず4~5人しか残りませんでした。
そんな事もあって、日本VSアメリカVS台湾みたいな戦いに。
まあ、台湾のリーエンチは毎回出ているからもう日本側みたいな雰囲気でしたけどね。

そんでセカンドステージで日本勢は落ちまくって、奥山さんだけ残りました。
アメリカ4人と台湾のリーエンチと奥山さんの戦いで、日本がんばれ!奥山さんがんばれ!って感じだったのですが、サードステージであっさり全滅。
アメリカ勢3人とリーエンチと奥山さんはみんなアルティメットクリフハンガーで落ちちゃって、「あらら」って感じで何だか盛り上らないで終わっちゃいました。

アメリカの3選手なんてダイジェストだったからね。
サードステージでダイジェストとかないでしょ。
前回もサードステージに残った5人中4人がアルティメットクリフハンガーで落ちていて、難所は難所なんですが、難所過ぎるよね。

なんか、こう。行けそうだけど最後の後ちょっとで力尽きて、「おしいい!!後一歩だったのに!!次回がんばれ!!」って言うのがいいんだよな。
クリア出来そうな雰囲気がまったくないんじゃ、ドキドキしないよね。
まあ、今さら簡単なのに変えられないだろうし、簡単過ぎても難し過ぎてもダメなので調整が難しいところですが、うーん何とかならんかな~

さらに前々回ぐらいから若手台頭みたいな雰囲気で、新生対SASUKEオールスターズってのは楽しかったのですが、そこで出てきた新生が今回はパッとしなかったし、どうも漆原を筆頭に出てきた時が一番衝撃的で尻つぼみな感じもやや不安なところ。

せっかく楽しみにしている番組なのでがんばって欲しいけど、このままだと人気が下降してっちゃいそうな気がします。


【急募】アルティメットクリフハンガーをクリア出来るスーパーマン


まあ、僕は好きなのでこれからも引き続き正月と言ったらSASUKEって感じでしばらく行こうと思います!!
あっ、これ言わないと。。。

今年もよろしくお願いします!!

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。