スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トゥルーリの名言「F1の毎年のレギュレーション変更は金の無駄」

トゥルーリがかなり怒ってますね。
まあ、ロータスの問題の方が大きそうですが、F1のレギュレーションについても言及しています。

トゥルーリ、F1の毎年の規則変更を「金の無駄」と批判

チーム・ロータスのヤルノ・トゥルーリは、今年F1に大きなレギュレーション変更があることは小規模なチームにとって不利に働くと語り、毎年規則が変更されることで無駄な大金がかかり、コスト削減の方向性に反するとの意見を述べた。

「(今年)規則が変わる。最高のマシンを持つレッドブルでさえ、去年の成功を再現できるかどうか定かではない」と彼はGazzetta dello Sportにコメントした。
「空 力からタイヤ、KERSまで、多くの変化が導入される。僕らにはそれに対応できる余裕はない。大金が必要だが、すべて無駄だし無意味だ。彼らはコスト削減 について話し合っているのに、毎年レギュレーションが変わる。ファンには理解できないし、レースの見ごたえという点でも悪くなっている」

引用元:http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=31398


てか、僕からすれば当然というか、毎年コロコロ変わるレギュレーションに文句を言わない方がおかしいと思うんですけど。
スポーツなんでルールは必要とはいっても、こんなにルールが変わるスポーツは他にないですよね。

レギュレーションを変えるという事に対しては、もちろんそれなりの理由があるのでしょうけど、本当にチームやドライバー、ファンのための変更とは思えないのも多いです。
例えば安全性を高めるためとかの変更ならまだわかりますけどね。

2011年のレギュレーションの変更内容をまとめたのがこちら。




●Fダクトとダブルディフューザーの禁止
 過去2年に登場したFダクトとダブルディフューザーが2011年は禁止される。マシンの空力的な性格を変えるためにドライバーが動かせるシステム、デバイスあるいは手順はいかなるものも禁止される。

●ブリヂストンからピレリタイヤへ
  ブリヂストンが2010年末でF1から撤退、来季ピレリが後任を務める。1991年以来のF1復帰を果たすピレリは、F1全チームにタイヤ供給を行う3年 間の契約を結んだ。2010年最終戦の翌週末にアブダビでピレリによる初の合同テストが開催されたが、今後も開発が続けられ、来季スタート時に使用される タイヤはアブダビテストでのものとは大きく異なるコンパウンドになる見込み。また、前後の重量配分がフロント46.5%、リヤ53.5%に定められる予定 だ。

●アジャスタブル・リヤウイングが導入
 2010年はムーバブル・フロントウイングが使用されていたが、これが廃止され、ドライバーが走行中にリヤウイングを調整できる、アジャスタブル・リヤウイングが導入される。オーバーテイク促進のためのこのシステムは、コンピュータによって管理され、前のマシンの1秒未満差にまで近づいた場合のみ、コース中のあらかじめ決められた場所で作動させることができるものになる見 込みだ。このシステムはプラクティス、予選でも使用できる。KERS同様、搭載は義務ではない。

●KERSの復活
  KERS(運動エネルギー回収システム)は2009年に初めて導入され、2010年には使用されなかったが、2011年に再び導入されることになった。ブ レーキング時のエネルギーを再利用するシステムで、ドライバーが“ブーストボタン”で操作できる。再導入ではあるが、2009年と異なり、2011年はレース中の給油が禁止となっており、燃料タンクが大きくなっているため、KERSシステムをマシンにうまく組み込むのはチームにとって大変な作業になりそうだ。2009年にはKERSシステムの重さも問題になったが、2011年はマシンの最低重量が20kg増やされ、640kgになる。

引用元:http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=30894


見ての通り、タイヤは仕方ないにしても、Fダクトとダブルディフューザーは2年で禁止してみたり、KERSは2009年に導入後、昨年は禁止、そして2011年にまた復活。
これではチーム側は振り回されているだけですよね・・・

トゥルーリが言っているように、「コスト削減のため」とかよく言われますけど、毎年新しいレギュレーションに合わせた開発を行えば逆にコストはアップする事ぐらい誰でもわかります。

何か変化が欲しいかもしれませんが、チーム側だってその1年だけではなくその何年も先を考えて車作りたいと特に下位の方のチームは思うでしょうね。
新興チームが技術レベルを高くするためにはある程度の期間が必要です。
1年で作り上げてきたものが振り出しに戻るようなもんですからね。

膨大な開発費用がトヨタやホンダなどの撤退を招いちゃっていますし、レースを見たって結局お金のあるチームが強くなっちゃって、やる前から優勝争いは4チームぐらいに絞られちゃっている状況。
上位でゴニョゴニョやる数チームと、中位でゴニョゴニョやる数チームと、下位で何とか完走するためにゴニョゴニョする数チームって感じにきっぱり分かれちゃって、ロッテみたいにリーグ戦3位からミラクル日本一みたいの絶対にないですからね。

最初から「絶対に勝てない」勝負をするレーサーは大変だよ・・・

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。