スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバプールのバベルさんがツイッターで審判批判して涙目な件

稲本がモデルの田中美保とデートしてましたね(笑)
田中美保は結構好きなので、稲本が羨ましい・・・とか言う話じゃなかった。

「稲本潤一と田中美保がご来店 田中美保まじ顔ちっちゃくて可愛かった…今夜は2人で泊まるらしいよ お、これは…(どきどき笑)」

ホテルにあるレストランのアルバイトがツイッターで呟いちゃって、それが広がってばれちゃったわけですが、そのアルバイトの子は名前から年齢から学校から住所から、ついには写真までばらされちゃって大変な事になっているとか。(どきどき笑)
そこら辺で有名人見つけたら「今、渋谷に稲本いたよ」と書いちゃうレベルの感覚なんだと思いますが、現代社会はプライバシーも個人情報も裏では漏れ漏れの時代ですからね。

まあ、問題っちゃ問題ですけど、芸能記者が突撃して写真撮るのとそんなに変わりあるのかね??
ウェスティンホテル東京のお詫びでは、ちゃんとお客の守秘義務の研修をして誓約書への署名をしているらしいので、まあやっぱり問題か。。。

どっちにしても、稲本は完全なもらい事故ですね(汗)
でも、やっぱりうらやましい。。。

そんなこんなで人気者になった稲本ですが、世界サッカー界でもツイッターを巡るトラブル発生中です。




リバプールのバベルがツイッターで審判批判して大問題に。
詳しくはCNNのニュースで。

20110118.jpg


CNN) -- Liverpool striker Ryan Babel has been fined £10,000 ($15,890) by the English Football Association (FA) for posting doctored photos of referee Howard Webb on his Twitter blog.

Babel was found guilty of improper conduct Monday by an FA regulatory commission and warned about his future conduct.

He is the first Premier League footballer to be charged and fined for "inappropriate" tweeting.

The Dutch international used his Twitter account to criticize Webb, who took charge of Liverpool's FA Cup third round match against Manchester United.

World Cup final referee Webb awarded United a disputed penalty and then sent off Liverpool captain Steven Gerrard as they slipped to a 1-0 defeat in Kenny Dalglish's first match at the Anfield helm.

Babel later posted a mocked-up picture of Webb wearing a Manchester United shirt and also wrote: "And they call him one of the best referees? That's a joke."

He later apologized and said it was meant to be light-hearted, but the FA took a dim view.

Commission chariman Roger Burden said: "Social network sites must be regarded as being in the public domain.

"All participants need to be aware, in the same way as if making a public statement in other forms of media, that any comments would be transmitted to a wider audience.

"It is their responsibility to ensure only appropriate comments are used."

Babel had run into trouble on Twitter before, being forced to apologize to former Liverpool manager Rafael Benitez for comments he published after being dropped.


リバプールのストライカーライアン・バベルがツイッターでハワード・ウェブ審判の写真をポストしたため、1万ポンド(130万円ほど)の罰金をイングランドフットボール協会から受けた。
バベルはFAレギュレーションコミッションによって月曜日に実施された不適切な罪を見つけられて、彼のこれからの行為ついて注意を受けていた。

彼は「不適切な」ツイートによって罰金を受けた初めてのプレミアリーグ選手です。
そのオランダ代表はFAカップの3回戦でマンチェスターユナイデットとの試合における判定について、ウェブ主審の批判を自分のツイッターアカウントで流した。

ワールドカップ決勝の審判をしたウェブは、ペナルティに抗議したリバプールのキャプテンスティーブン・ジェラードを退場にした。
そして、リバプールはアンフィールドで最初の試合を1対0で落とした。

バベルはその後にマンチェスターユナイテッドのシャツを着せたウェブの実物大の模型の写真をポストして、「みんな彼をベストレフリーの1人だという。冗談だろ」と書いた。
バベルはその後に謝り、それは冗談?だったと話している。しかし、FAは重く捉えた。

ロジャーバーデンチェアマンは「ソーシャルネットワークサイトは公共のドメインである事を忘れてはいけない」と話している。
「すべての参加者は気づく必要がある、コメントは幅広い群集に翻訳され、他のメディアの形で公共の情報として作られるのと同じ事である事を。」
適切なコメントのみを使う事は彼らの責任なのである。


ってな訳で、人形まで作って批判ツイートしたバベルですが、相当頭に来てたんですかね?(笑)
カッとなってってならそこまで凝ったことしないだろうし、こんな事したら問題になる事ぐらいわかりそうなもんですけど。

1万ポンドの罰金って事で、まあ彼ぐらいになれば罰金の金額的には大したことなさそうですけど、これで全審判を敵に回した訳でそっちの方が痛そうです。
ツイッターはフィルターが掛からないので言葉に気をつけないとですね・・・
孫さんとかも失言して謝ったりしてるぐらいだし。

まあ、今回に関していえば稲本の方が羨ましいので、稲本の勝ちで!!!!(何が?)

【修正】
罰金が1万ユーロじゃなくて、1万ポンドでした。
イギリスなんでポンドで当たり前か・・・

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。