スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対に外せないお薦めスポーツ漫画!!

今回はちょっと企画ものです。
最近、ひかりTVでスラムダンクのアニメを結構見ていて、フッと思いつきました。

さすがに僕もいい歳なので最近の漫画には疎いのですが、アラサー世代である僕の独断と偏見で、スポーツ好きなら読めや!!というお薦め漫画を紹介しようと思います。

たかが漫画と言うかもしれませんが、ジダンを筆頭としたサッカー界のスーパースターはみんなキャプテン翼を見て育ったと言われていますし、実際に僕の大学の友達ではスポーツではないですけど、「め組の大吾」という超おもしろ消防士漫画を貸してあげたら、それに感化されて本当に消防士になった奴もいます。

め組の大吾 (10) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)め組の大吾 (10) (少年サンデーコミックス〈ワイド版〉)
(2003/01/16)
曽田 正人

商品詳細を見る


子供に漫画って言うと悪い事みたいな雰囲気もありますが、漫画が子供に与える影響力ってのはすごいと思うわけですな。
僕も実際にいろんな漫画を見て育ってきたし、それが今のスポーツ好きにも関係していると思うので、僕が影響を受けた漫画を取り上げたいと思います。

いろいろ忘れてそうだけど、まあ思いつく限りで。




【野球漫画編】

・MAJOR(メジャー)

MAJOR(メジャー) 78 (少年サンデーコミックス)MAJOR(メジャー) 78 (少年サンデーコミックス)
(2010/12/17)
満田 拓也

商品詳細を見る


最近、ついに完結してしまったメジャー。
NHKでも放送されていた漫画ですし、かなり昔からやっていますよね。
主人公のピッチャー本田を「おとさん」が死んじゃう(号泣)幼少の頃から、最後にはメジャーリーグ挑戦までを描いた人気漫画。
ちょうどいい時に怪我したり、わがまま過ぎて周りとぶつかったりと、ヤキモキさせる展開が魅力。


・県立海空高校野球部員山下たろーくん

県立海空高校野球部員山下たろーくん 6 (ジャンプコミックスセレクション)県立海空高校野球部員山下たろーくん 6 (ジャンプコミックスセレクション)
(1996/10)
こせき こうじ

商品詳細を見る


マニアックなところ来ましたよ(笑)
この漫画好きだったな~
高校の弱小野球部に入った野球の才能がない主人公山下たろー君が、個性的なメンバーと共に強豪を倒していく物語です。
敵も味方もいい奴ばかりで、それぞれの必殺技がまた斬新なところが面白い。


・タッチ

タッチ―完全版 (1) (少年サンデーコミックススペシャル)タッチ―完全版 (1) (少年サンデーコミックススペシャル)
(2005/07)
あだち 充

商品詳細を見る


当たり前だ!!タッチだろ!!!どう考えても。
伝説的過ぎて説明不要。これを入れないと人間性を疑われそうなので一応ランクイン。
ちなみに僕は西村君が好きでした。
僕を登場人物に例えると新田君ですけどね!!


・キャプテン

キャプテン完全版 1 (ホームコミックス)キャプテン完全版 1 (ホームコミックス)
(2009/10/02)
ちば あきお

商品詳細を見る


古い!!正直あんまり内容覚えてない!!
だけど、面白かったのだけは覚えている。
気合だ根性だ!の時代の野球部を思い出させるような漫画。(だったと思う)


【サッカー漫画編】

・シュート

シュート!(1) (講談社漫画文庫)シュート!(1) (講談社漫画文庫)
(2003/08/12)
大島 司

商品詳細を見る


一般的に考えればキャプテン翼が1番なんでしょうが、僕はシュートの方が全然好きでした。
ともかく、試合の臨場感がすごく、ゴール後のシーンなんかは鳥肌が立つような絵になってたりします。
キャプテン翼よりシュートが好きな理由は、キャプテン翼はいわゆる非現実的な技が炸裂しますけど、シュートの場合は技とか人物とかが現実の高校サッカーと近い?感じで描かれているのが好きです。
それと、試合以外のところが面白いのもまたよし。(久保さん・・・涙)


・ジャイアントキリング


GIANT KILLING(1) (モーニングKC)GIANT KILLING(1) (モーニングKC)
(2007/04/23)
ツジトモ

商品詳細を見る


これはレイソルサポとしては入れないと。。。
まだ、続いていますがサッカーファンには超有名かつ人気の漫画です。
一応、主人公はたつみという監督なのですが、この漫画に関して言えば主人公はいないというか、全員というか、ETUというチームというか。
普通サッカー漫画は選手中心になると思うのですが、選手以外にも監督、サポーター、チームスタッフなどあまり他の漫画では触れないようなところまでしっかり描かれているのがサッカーファンには高評価です。
そして何よりこのメインチームであるETUの本拠地のモチーフになっているのが、柏レイソルのホームである日立台サッカー場であり、アニメのオープニングで流れた日立台を忠実に再現した映像は涙ものでした。


・俺たちのフィールド

俺たちのフィールド (34) (少年サンデーコミックス)俺たちのフィールド (34) (少年サンデーコミックス)
(1999/01)
村枝 賢一

商品詳細を見る


これまたちょっとうろ覚えですけど、すごく好きだった漫画です。
Jリーグ全盛期の頃の漫画なので、カズさんもどきやラモスもどきやらが登場したりします。
ともかく熱い漫画だった。(ような)


【バスケットボール漫画編】

・スラムダンク

SLAM DUNK 1 (ジャンプ・コミックス)SLAM DUNK 1 (ジャンプ・コミックス)
(1991/02/08)
井上 雄彦

商品詳細を見る


バスケットボール漫画=スラムダンク。
街角で「バスケットボール漫画と言えば?」と100人に聞いたら、95人は「スラムダンク」と答えるはず。
バスケットボーラーでスラムダンクを読んでなければ、顔洗って出直して来い状態。(言いすぎ)
前述した通り最近アニメを最初から見ているのですが、内容知っていても面白い。漫画の方が僕は好きですけど。
不屈の名作ですな。


【体操漫画編】

・ガンバ!Fly high

ガンバFly high 34 (少年サンデーコミックス)ガンバFly high 34 (少年サンデーコミックス)
(2000/12)
森末 慎二

商品詳細を見る


いきなり体操。
これを知っていたら結構マニアックだと思います。
体操っていろんな種目があったり、技があったりで、結構難しいですよね。
だけど、僕はこの漫画で基本を学びました。物語も面白いけど、いろんな技を覚えていく過程で技の名前とかを勝手に覚えてしまいますよ。


【ボクシング漫画編】


・はじめの一歩

はじめの一歩(94) (少年マガジンコミックス)はじめの一歩(94) (少年マガジンコミックス)
(2010/12/17)
森川 ジョージ

商品詳細を見る


まあ、ボクシング漫画といったら明日のジョーかはじめの一歩ですよね。
僕が1番好きな漫画を挙げろといわれたら、ワンピースかはじめの一歩です。
試合は鳥肌ものの試合が満載で、鳥肌だけではなくなんかゾクゾクしすぎて泣きそうになったりします。
一方、笑いもちりばめられていて、そのバランスがいいんだな~
もうそろそろ100巻に届くモンスター漫画です。


【格闘技漫画編】

・修羅の門

修羅の門(1) (月刊マガジンコミックス)修羅の門(1) (月刊マガジンコミックス)
(1987/10/08)
川原 正敏

商品詳細を見る


陸奥圓明流という伝説の武術を体得している主人公が、空手やボクシング、キック、シュートなどなど異種格闘技戦で戦っていきます。
今でこそK-1があるので、空手の選手がボクシングの選手と戦うなんて事は普通にありますけど、当時は異種格闘技戦って全然なんかったと思うし(知らないだけかも)、いろんな格闘技の選手が1つのトーナメントに出るという発想は、何が一番強いんだとワクワクしましたね。
ちなみに、この漫画のおかげでシュートボクシングの存在を知りました。
後、番外編として作られている修羅の時もお薦めです。


・グラップラー刃牙

グラップラー刃牙 (1) (少年チャンピオン・コミックス)グラップラー刃牙 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
(1992/02)
板垣 恵介

商品詳細を見る


これも修羅の門とちょっと似ていて、(確か)東京ドームの地下に隠れコロシアムがあるという設定で、そこで秘密の異種格闘技大会が開かれているという内容です。
ちょっとグロい描写もありますけど面白い。何でもありって感じですね。
ちなみにこの漫画で「相撲最強論」が出ていたのですけど、アケボノがそれは「嘘でした」と証明されてしまいました(笑)


【テニス漫画編】


・テニスの王子様

テニスの王子様完全版 Season1 1 (愛蔵版コミックス)テニスの王子様完全版 Season1 1 (愛蔵版コミックス)
(2010/04/02)
許斐 剛

商品詳細を見る


僕は中学・高校とテニス部だったのですが、あまり記憶に残るテニス漫画ってないっというか、そもそも少ないと思います。
その中でも唯一と言っていいほど人気が出たのがテニスの王子様。
これはアニメでしか見たことないのですが、これは経験者の僕が見ても面白かった(キリッ!)


【柔道漫画編】

・YAWARA

Yawara! (1) (ビッグコミックス)Yawara! (1) (ビッグコミックス)
(1987/04)
浦沢 直樹

商品詳細を見る


これも入れないと人間性疑われるよね。
YAWARAは衝撃的だったな~面白すぎたもん。
ちなみに人間版ヤワラちゃんは、ヤワラ先生になり、おかしな事になっていますけど(笑)


【番外:卓球漫画編】

・行け!稲中卓球部

行け!稲中卓球部(1) (ヤンマガKCスペシャル (432))行け!稲中卓球部(1) (ヤンマガKCスペシャル (432))
(1993/10/29)
古谷 実

商品詳細を見る


完全に番外編というか、卓球漫画と言っていいのかわかりませんが(笑)、ちゃんと卓球部という名前がついているのでよしとします。
卓球をやっている姿は最初のちょこっとしか出ませんけど、お笑い漫画としてはネ申といってもいいぐらいの存在です。
高校時代、稲中を電車で読むと吹き出して気持ち悪い人だと思われるので、電車内では我慢して読まなかったぐらいですからね。


そんな感じで、やっぱりメジャーどころが多くなってしまうのは仕方なし。
他に何があったかな~
日本の漫画はやっぱり世界に誇れますよ!!

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。