スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神力の勝利!激闘の日韓戦!

試合前に中2日の疲れについて聞かれた韓国の趙広来監督はこう話しました。
「確かに疲れはあるが、我々には強い精神力がある」

サッカーアジアカップ準決勝。日本VS韓国。

今野がパクチソンを倒したのがファールと判定されPKを献上。韓国が先制。
その後、本田さんのスルーパスから長友が深く切れ込んでマイナスのパスに前田が飛び込み1対1。
延長後半に今度は岡崎がペナルティエリアギリギリのところで倒されてPK奪取。
本田さんのPKはキーパーに止められたものの、細貝がつめていて日本勝ち越し。
試合が終わるかと思った延長後半ロスタイムにフリーキックのこぼれ球を押し込まれてまさかの同点。
そして、PK戦に入り、川島が2本止めたのと1本はゴールを外し、日本は本田、岡崎、長友外して、最後は誕生日だった今野が決めて劇的勝利。

ざざっと時系列を書きましたが、本当に両チーム気迫のこもった試合でした。
前半は日本のペースで、後半は韓国のペース。
試合前にいろんな人がポイントとして上げていた韓国右サイドバックのチャドゥリの裏のスペースを長友が何度もついて、日本が同点に追いついたシーンなんてまさに作戦通りに違いない。

ただ、逆にお約束の後半息切れした日本に対し、高いFWにロングボールで当て、攻撃になるとひときわ目立つチャドゥリにも何度も上がりを許し、ペナルティエリア付近では果敢に勝負に来た韓国。
延長後半ロスタイムのシーンは逆に韓国が繰り返しパワープレーに来た結果、気迫で押し込まれました。

それにしても、日本が守りに入って逃げ切れたためしがないな・・・

だけどね。
通常、追いついた方に流れが行くような終わり方だったわけですが、試合前に韓国の監督が言った「精神力」がPK戦では日本が韓国を上回ったように感じました。





川島が神だったのは疑いようはないですが、1人目にPKを止められている本田さんを送り
「シリア戦で真ん中蹴って入ったので、また(試合中のPKで)真ん中蹴ったら止められました。もう1度真ん中に蹴ってやろうかと思いましたが、僕にそこまで勇気がなかったということで」
と冗談交じりにコメントしたように、試合中のPKを止められた事などまったく気にしてない感じで余裕で決めました。

そして、韓国の1人目を川島が止めた瞬間、すべての空気が逆転しました。
韓国の2人目は中途半端な真ん中付近に蹴りましたし、3人目はゴールの枠へ出し、川島の気合に押されたか2人とも自信がなさそうなキック。(なんとなく・・・)
ああいう追いつかれ方をして、これまでならズルズルいく弱さを持っていた日本ですが、本田さんを1人目に持ってきた強気と、川島が1本目止めた時点でほぼ勝負があったのかもしれません。
精神力の強さが垣間見れた瞬間でしたね。

結果的に追いつかれたのが延長後半ギリギリだったので、切替られたというか、開き直れたような。
延長後半でまだ時間があった方が怖かった。

テレビには映っていませんでしたが、PK戦直後にザッケローニ監督は韓国の趙広来監督に握手を求めに行き、韓国の選手も日本選手と握手を交わしていたようです。
その昔、負けてうなだれる日本ベンチにボールを蹴りこんだ韓国ですが、今は間違いなくお互いをリスペクトし、ライバルとして意識はしながらも目指しているところは両チームとももっと上であり、世界で戦えるようなチーム作りがされているなと感じました。
そして、日本でプレーしたこともあるパクチソンは代表100試合目であると共に、次の3位決定戦が代表最後の試合になると言われているので、悔いのないように戦って欲しいですね。

日本側は本田さん、岡崎、長友が後半や延長に入っても前線でキープしたり、プレスを掛けたりと走り回っていたのが非常に効いていましたね。
結局入れられちゃいましたけど、あのようなプレーはかなり重要です。
PKを取ったのもそうだけど、1人MVPを挙げろと言われればカタール戦でも隠れMVPだった岡崎かな?

相変わらずDF陣はゴール前で何度もFKを与えるなど危なっかしい感じでしたが(特に岩政www)、CKの処理は安定していましたし、追いつかれた2点目のFKもこぼれた場所が悪かったので何とかやっている方かもしれませんね。
次は吉田が返って来るので赤い紙出されないように守ってくんさい。

そして、29日土曜日に決勝です。
相手は予想通りオーストラリア。
日韓戦の後に行われたオーストラリアVSウズベキスタンはなんと6対0でオーストラリアの圧勝。
それも6人が1点ずつあげるというバランスのよさっぷりで、1トップにいるキューウェルは相変わらず超超要注意です。

さらに、注目すべきはそのディフェンス力。
予選から通して、韓国に上げた1点が唯一の失点で、先に失点すると苦しくなるのは明白。
(ちなみに予選同じ組だった韓国はオーストラリアに1点と、インドとバーレーンにも1点ずつ献上している)

毎試合激戦になっている日本と違って、オーストラリアが手こずったのは引き分けた韓国戦と延長まで行ったイラク戦ぐらいで、正直余裕で決勝まで上がってきています。
オーストラリアにはどうも相性が良くない日本ですが、韓国よりもっとフィジカルと高さ重視のチームなので、運動量とスピードで勝るしかないですね。
これで勝てば、優勝とコンフェデ出場権ゲットなので、ぜひとも勝って欲しい。

最後に日本で川島の鬼セーブを涙する数少ない男のニュースがうけたので紹介します。

「2回連続で止めたら全裸で会社いく」 殊勲GK川島選手巡り土下座騒ぎ
http://www.j-cast.com/2011/01/26086466.html

ツイッター恐るべし・・・

関連記事

この記事へのコメント

ぶろんそん : 2011/01/27 (木) 02:51:04

こんにちは。

マンUは嫌いですが、パク・チソンは好きです。

レイ : 2011/01/27 (木) 22:59:20

パク・チソンにはかなりやられて敵にすると厄介ですけど、マンUでの活躍はやっぱりすごいですから。
また、ピンチになったら代表にも戻ってくるかもですね。

東京都民46歳 : 2011/01/28 (金) 09:43:15

川島の神がかり的PKセーブ…

これがWCのパラグアイ戦だったら…などと思いながらもお見事でしたね。

韓国も粘り強く、延長後半ロスタイムで追いついてくるなんて。

PK戦勝利では、勝ったとは言い切れませんし。

オーストラリア対ウズベキスタンはニュースでしか見ていませんが、凡試合のようですね。

日豪戦は、中身のある試合になって欲しいものです。

レイ : 2011/01/29 (土) 10:48:35

> 川島の神がかり的PKセーブ…
>
> これがWCのパラグアイ戦だったら…などと思いながらもお見事でしたね。

本当です。1本でも止められたら・・・というのはタラレバなので仕方ないですね。
あそこで追いついてくるところが韓国のすごさですね。
逆の立場だったら日本は同じようにゴールをこじ開けられたかというと厳しそうですね。

3位決定戦では韓国VSウズベキスタンが3対2の結果でしたからね。
比較するとオーストラリアは相当強いかもですね。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。