スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UFCが日本へ?KIDも参戦で格闘技界の大再編。

2日前のニュースですが、アメリカ総合格闘技UFCがNTTぷらら、TVバンクなどと映像配信の契約を結んだそうです。
ちゃくちゃくとUFCの日本進出が進んでいて、今年末か来年の始めぐらいに開催されるのでは?と言われています。
僕は知らなかったですが、UFCの日本開催は1997年~2000年の間に4回やっていて、開催されればそれ以来となります。

さらに自称「神の子」山本KID徳郁も2月5日の「UFC126」でデメトリウス・ジョンソン相手に初参戦します。
UFCとしても日本開催に向けて、KIDにはぜひとも勝ってもらいたいと思っているはず。
ただ、KIDももう33歳でまあまあの歳になってきたし、やめときゃいいのにアマレス転向⇒惨敗でケガまでしちゃって、やっと戻ってきたのか?来てないのか?

ちなみにこれが最新の試合かな?



さすがの力を見せてくれたので期待できそうな雰囲気も・・・
最強と歌われて揚々とUFCに参戦した日本人が次々負けちゃっているので、何とか意地でチャンピオンまで行って欲しいですけど。




どうも日本ではUFCの情報も少なく、WOWOWとかで流れているようですが、あまりテレビで見ることはできません。
ただ、UFCが現在最強の格闘技イベントであることは間違いない。

世界的に見ればすでに当たり前の話ですけど、格闘技に関しては日本が海外へ輸出することはあっても、今回のUFCのようなパターンはあまりありません。
MLBで開幕戦を日本でやった事ありますけど、あんな感じでしょうか?あれも松坂がいたからって理由ですけど。

日本では相変わらず大晦日や定期的に格闘技イベントをやっていますが、すでにK-1が格闘技最強だと思っている人はほとんどいないだろうし、そもそもK-1王者のアリスターは自他共に認める総合格闘技の選手。
PRIDEがあった時代は、立ち技はK-1が最強で、総合はPRIDEか?UFCか?っといったところだったと思うので、PRIDEの崩壊によりスター選手がみんなUFCに行っちゃった現状はとても寂しいですね。
っていうか、PRIDEはUFCに買収されちゃったんですね・・・知らなかった。

だけど、UFCが日本で見られるのは素直に嬉しい。
それも僕が入っているひかりTVでやってくれるなんて!!ひかりTV最高!!

正直、ちゃんと見たことがほとんどないのですが、あのヒョードルとかミルコとかノゲイラとかが軽く?負けちゃうレベルって想像できません。
桜庭のにっくきライバルだったヴァンダレイ・シルバも大した成績残せてないんですよね?

最強決定戦から単なる格闘技イベントになってしまった日本格闘技に活を入れるために、本当の頂上決戦というのを見せて欲しい。
コスプレファイターとか元野球選手ファイターとか出てる場合じゃないから。

ヒョードルにノゲイラとミルコが立ち向かった日々。大げさじゃなく人類最強の男を決める試合。
あれが本当の格闘技。ただ、本当に強いものだけが立てる舞台。
格闘技はそうでないとつまらない。

UFCに参戦しているヌルヌルはそこそこやっていますが、五味や宇野薫などはまだ結果を出せていない。
ただ、一番結果を残しているのは岡見勇信。現在UFCで12戦10勝2敗という素晴らしい成績。
日本での知名度はあまりないので、逆輸入ファイターみたいな感じになりそうです。

UFCでチャンピオンになれば事実上の世界一なので、キッドも含めてベルトを日本に!!
ひかりTVではさっそく2月1日から順次配信されるようなので、すっごく楽しみです。

20110127.jpg



関連記事

この記事へのコメント

ミネバ様某♪ : 2011/01/29 (土) 09:10:22

いや、自演乙選手は良い格闘家ですよ?
しかし大晦日のアレはある意味、日本の総合格闘家全ての「大敗北」でしたねぇ。

ま、それはそれとして。
UFCがより広く観られるのはありがたい話だ。
やはり、レベルの高いものとの交流は国内レベルも引き上げるだろうし。
参戦権争奪リーグとか、国内興行も活性化できそうですな。

レイ : 2011/01/29 (土) 11:06:01

> いや、自演乙選手は良い格闘家ですよ?

まあ、それは理解しているんですけどね。青木に勝っちゃいましたしね。
ただ、ミドル級で見るとクラウスにもザンビディスにも惨敗していますし、ブアカーオとかサワーとかペトロシアンと比較すると明らかにまだまだ。
コスプレどうこうというより、魔裟斗のように本当に世界一を狙える選手になって欲しいですね。

UFCが入ってくることで、日本が活性化されるといいんですけど。
有料放送だけだと見る人が限定されるので、民放でも放送権をゲットして、フジテレビとかで流してくれないかな~深夜でもいいんだけど。

ミネバ様某♪ : 2011/01/30 (日) 21:20:53

クラウス戦は「K-1一年生」の09年のことですし。
ザンビディス戦は1R2Rしのいだ上での3R敗戦ですので、「惨敗」では無いかと。
あれですね。
勝ち続ける選手は大体、「しょっぱい戦いをいとわない」という根性の悪さがあるわけですが。
それが「無い」てのが不安要素ですかね自演乙選手。
(ザンビディス戦も、もうすこし根性悪く立ち回っていれば「勝ち」の目もあったんですがねぇ……)

まぁ。
あの階級日本最強の(最凶でもあるだろう)総合格闘家を、「戦略」面で翻弄誘導完殺したクレバーさと精神の強さは、今後期待するのに充分でしょう。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。