スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相撲の八百長を海外はどのように報道したか。

相撲の八百長問題。
否定していた力士も認めだして、時間が経つにつれていろんなことがわかってきましたね。

そんで僕が気になったのは海外ニュースサイトでどのように扱われているのか?
あまり日本国内だけのスポーツニュースを見かけませんが、さすがに今回は各有名メディアが取り上げています。

まあ、どれも同じようなのですが、CNN、BBC、WSJ(ウォールストリートジャーナル)の記事を訳してみました。

まずはCNN。

Sumo 'fixing' scandal rocks Japan(相撲の八百長問題で日本が揺れている)

20110204_CNN.jpg

(CNN) -- Japan's national sport of sumo wrestling is facing claims that prominent bouts were fixed via text messages, according to reports.

Japan's Kyodo news service claims that Tokyo Police have found suspicious messages on a number of wrestlers' phones that suggest the outcome of several fights had been planned.

Found on phones of wrestlers in the second division of sumo, the messages allegedly contain detail of how the fights would be determined, with large amounts of money changing hands, according to Kyodo.

They quote the country's Prime Minister Naoto Kan telling a parliamentary panel: ''Sumo has a long history and a great number of fans. It's certainly the national sport. If match-fixing has occurred, it is a very serious betrayal of the people.''

Japan Sumo Association chairman Hanaregoma told a news conference that 13 people who had been mentioned in the messages would be investigated.

"It's a betrayal of sumo fans. If this is true. It would be something that rocks (sumo) to its foundations. We will investigate thoroughly," Hanaregoma was quoted as saying.

It is the latest controversy to hit sumo after a gambling scandal emerged in July last year when 34-year-old wrestler Ozeki Kotomitsuki is said to have illegally bet on baseball games.

レポートによると、向き合って勝負する日本の国技である相撲がテキストメッセージにて、特定の取り組みで八百長が行われていると指摘されている。

日本の共同ニュースは、「東京の警察によっていくつかの取り組みの結果は計画されていたとする関取の携帯電話にあった信じがたいメッセージを見つけた」と伝えた。

相撲のセカンドディビジョン(十両)にいる関取の電話から見つかったメッセージは、多額のお金と引き換えにどのような勝負にするか決められた詳細についての内容が含まれていたと共同通信は伝えている。

総理大臣である菅直人は「相撲は長い歴史があり、たくさんのファンがいます。そして国技でもあります。もし八百長が行われていたら、それは人々にとってとても深刻な裏切り行為です。と話している。

日本相撲協会理事長のハナレゴマは、記者会見でメッセージの中で書かれていた13人を調査していると話した。

「それは相撲ファンへの裏切り行為であり、もし本当であればそれは相撲の根底を揺るがす問題です。私達は徹底的に調査するつもりです」とハナレゴマは話している。

34歳の大関コトミツキが野球の試合に不正な賭けをしていた昨年の7月の賭博スキャンダルに続いて、相撲を直撃した最新の論争となっている。







続いてBBC。

Japan's sumo hit by match-fixing claims(日本の相撲が試合の八百長の指摘に直撃している)
20110204_BBC.jpg

Japan's sumo bosses are investigating a match-fixing scandal in which 13 senior wrestlers have been implicated.

It follows another scandal over illegal gambling last year which saw live television coverage of the sport dropped by national broadcaster NHK.

Sumo has its origins in religious rites and wrestlers are expected to observe a strict code of behaviour.

It has been dogged by match-fixing claims for decades, but they have always been firmly denied.

Bowing in apology, the chairman of the Japan Sumo Association, Hanaregoma, confirmed that allegations of match-fixing had been made.

He said text messages found on mobile phones suggested that 13 senior wrestlers were implicated.

One reportedly went into detail of how he would attack and the other would fall, in exchange for hundreds of thousands of yen (100,000 yen equals $1227 or £757).

The messages came to light after police confiscated phones last year during an investigation into illegal gambling on baseball games by wrestlers using gangster middlemen.

That scandal prompted sponsors to abandon sumo, and the national broadcaster NHK to drop live television coverage of a tournament.

Japan's police are not expected to pursue a criminal case over the latest allegations because rigging wrestling bouts is not against the law.

But Hanaregoma - who goes by one name - said sumo's governing body had appointed outsiders to carry out a disciplinary enquiry, and if the claims were proven the wrestlers would be severely punished.

日本の相撲の役員達は13人の力士が関係があるかどうか、八百長スキャンダルを調査している。

それは昨年、国内のテレビ今日であるNHKによってテレビ配信を止めた、もう1つのスキャンダルである不正賭博に続いて出てきました。

相撲は宗教上の儀式が起源となっており、力士は振る舞いなども厳しくチェックされていると思われていました。

数十年にわたり八百長試合の疑惑はありましたが、いつも裁判で否定されてきました。
日本相撲協会の会長であるハナレゴマは頭を下げて謝罪し、八百長試合がされていた事を確認しました。

彼は13人お力士が関与しているとされる携帯電話のテキストメッセージが見つかったと話した。
1つのメールにはどうやってぶつかるか、どうやって落ちるかなどが詳細に書かれていた。その見返りに10万円を得ていた。

そのメッセージは、昨年におきた暴力団が仲介しながら力士達が野球ゲームの不正賭博事件の中の調査で警察が携帯電話を調査した結果発覚した。

スキャンダルはスポンサーの相撲からの撤退や国内テレビ局NHKがトーナメント戦の放送をやめることを決定。

日本の警察は、もっとも最近の申し立てを刑事事件として追求しないと擁されています。
なぜならレスリングの試合での不正は法律では裁けないからです。

しかし、ハナレゴマは相撲理事会が事件についての調査を行うために外部の人間を任命しました。そして、その不正が立証されるならば、力士は厳しく罰せられるでしょう。




最後はWSJ。経済紙なのにちゃんと記事になっていました。

Match-Fixing Claims Hit Sumo Wrestlers(八百長の問題が相撲の力士を直撃している)
20110204_WSJ.jpg

TOKYO The governing body of Japan's ancient sport of sumo is investigating claims that as many as 13 wrestlers fixed matches, in one of the most-damaging allegations yet to rock the sport.

If confirmed, it would mark the first time that bout-fixing allegations  which have been around for decades have been proved.
The newest revelations come as the sport faces a crisis of confidence.
In a gambling scandal last year, more than 60 wrestlers admitted to illegally gambling on baseball and card games, with the involvement, according to media reports, by the Japanese mafia.

On Thursday, Japan's sports minister relayed to a parliamentary panel that he was told by Japan Sumo Association Chairman Hanaregoma that three wrestlers have admitted to involvement in match-fixing.
As part of that investigation, the Japanese police confiscated the mobile phones of some wrestlers and found messages on their phones that pointed to match-fixing, Mr. Hanaregoma said at an earlier news conference broadcast live on every major TV channel in Japan.

Japanese media reported that the text messages contained bribe figures and details on how a wrestler might throw a match, but those allegations couldn't be independently confirmed.

Tokyo Metropolitan Police declined to comment on the investigation, saying it can't discuss the matter.

Bowing deeply before his audience, Mr. Hanaregoma who goes by only one name, per sumo tradition said in his televised comments: "I deeply apologize from the bottom of my heart," adding that the association wouldn't tolerate the allegations if true.

"I did not think a day like this would come," he said.

Twelve of the 13 wrestlers were summoned before JSA in an emergency meeting Wednesday, but nothing conclusive was found during the discussions, Mr. Hanaregoma said.
"We questioned each person one by one, but we weren't able confirm any conclusive evidence of this. We could not verify if the facts are true or not,'' he said.

Bout-fixing allegations have been around for decades.

The most high-profile allegations surfaced in 2007, when the weekly magazine Shukan Gendai published a series of stories accusing the Mongolian grand champion Asashoryu of paying his opponents to win tournaments.
Mr. Asashoryu denied the allegations.

The Japan Sumo Association conducted hearings for all the wrestlers allegedly involved in rigging fights, but all denied the allegations and were found not guilty.

JSA filed a civil suit against the magazine's publisher, Kodansha. In 2009, The Tokyo District Court ordered Kodansha to pay JSA 42.9 million yen (about $526,000) in damages, saying that there was no evidence to support the allegations.

Regarding the latest allegations, an outside investigation by a panel of seven is now under way, with the aim to conclude before the next big sumo tournament, or basho, set to start March 13 in Osaka.

If the allegations are true, it would threaten sumo's very existence and could lead to a massive exodus of its already dwindling fan base.
Japan's most traditional sport has suffered a fall from grace over the past year, as the rigid institution of sumo struggles to adapt to a modern world in which wrestlers are no longer willing to live austere, cloistered lives within the confines of a sumo "stable," or training ground.
Moreover, public interest in sumo as a whole has waned as other more popular sports including soccer and baseball attract younger fans. The average age of most fans at sumo matches is well into the 50s.

Keisuke Itai, a former wrestler, confessed in 2000 at the Foreign Correspondents' Club in Japan that bout-fixing was common in the sumo world.
Tabloid magazines and sports newspapers also have often raised suspicions of rigged bouts, though none has ever been proved conclusively.

日本の伝統スポーツである相撲協会は、スポーツを揺るがす最もダメージが大きい主張の1つである八百長試合について13人以上の力士を調査している。

もしこれが確認されれば、何十年間も相撲界で主張されてきた八百長を認める最初の事例となるでしょう。
最も最近の暴露情報はスポーツの信頼性を失う危機に直面したものです。
昨年の賭博スキャンダルでは、60人以上の力士が日本の暴力団と関係を持ちながら野球やカードゲームの不正賭博をした事を認めています。
木曜日。日本のスポーツ大臣は、日本相撲協会のハナレゴマ理事長によって、3人の力士が八百長に関係していることを認めたと伝えられた事を議会で話しました。
調査の一部では、日本の警察が何人かの力士の携帯電話を確認し、八百長を指し示すメッセージを見つけた事を、ハナレゴマは日本のすべての主要テレビが放送する中、記者会見で明かしました。

日本のメディアは、そのメッセージに何人の力士が含まれているのか、力士が八百長をどのようにやったのかの詳細を尋ねました。
しかし、それらの質問の答えを確認することはできませんでした。

警視庁は「それはまだ説明できる段階にない」と言いながら、調査におけるコメントを控えました。

聴衆の前で深々と頭を下げて、相撲の長い伝統の中にいる1人としてハナレゴマはテレビのでこうコメントした。
「心の底から深くお詫び申し上げます。」もし本当ならば、相撲協会は断じて許さないと付け加えました。

「このような事が起こる日を考えたこともなかった」

「13人の内12人の力士は水曜日の緊急ミーティングの中でJSAの前で事情聴取されました。しかし、その聴取の間では決定的な証拠は出なかった」とハナレゴマは話しました。
「私達は1人1人それぞれに質問しました。しかし、決定的な証拠を確認する事は出来ませんでしたので、その事実が本当か嘘かわかりませんでした。」と話した。

八百長の主張は何十年と巷では言われてきました。

その最も高く分析された主張を2007年に直面しています。週刊現代はモンゴル人横綱である朝青龍がトーナメントに勝つために相手にお金を支払っているという話をシリーズ化し出版しています。
朝青龍はその主張を否定しました。

日本相撲協会は八百長に関係していると考えられるすべての力士に対しヒアリングをかけました。
しかし、全員否定し、不正は見つかりませんでした。

JSAはその雑誌を発行した講談社に対して民事訴訟を起こしました。
2009年に東京地裁は「証拠がない」と講談社にその賠償として4290万円の支払いを命じました。

最近の主張によると、次の相撲トーナメントと3月13日に始まる大阪場所を前に、7人の調査員によって外部調査を実施しています。

もしその主張が本当であれば、相撲の存在が脅かされ、すでに減っている相撲のファンが大きく動くかもしれません。
日本の最も伝統的なスポーツである相撲は昨年から人気が低下しています。
相撲の堅いしきたりや相撲部屋や土俵などの厳しく閉じた世界を望まない今の世界に適していません。
それに加えてサッカーや野球を含むその他の人気スポーツが若いファンに人気が出ると共に、全体的に相撲の影響力はなくなりました。
相撲ファンの平均年齢は50歳代です。

元力士であるイタイケイスケは2000年に外国人記者クラブで八百長が相撲界では一般的であることを懺悔しましたが、相撲の世界で八百長は認められていませんでした。
タブロイド紙やスポーツ新聞もしばしば疑惑を取り上げているにも関わらず、今まで証明された事はありませんでした。



だそうですよ。
結構、結構細かく報道していますね。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。