スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混迷するディープインパクト産駒と低レベル3歳馬

今日は競馬で気なる事があったので競馬の話題。
昨年の競馬は3歳馬(現4歳馬)の活躍で、結構盛り上がりました。

上位の方で、大きな故障をしてそのまま引退という馬も少なく、積極的に古馬にぶつけてきた印象があります。
皐月賞馬のヴィクトワールピサが有馬を勝って、JCをローズキングダムが繰り上がりながら勝って、今年に入っても日経新春杯は良血ルーラーシップ、昨日の京都記念はトゥザグローリーと4歳になっても勢いは衰えません。

ただ、対照的にいまいちなのが今年の3歳馬。
2歳戦~現在までを見る限り、大物感があるのは唯一牝馬のレーヴディソールだけ。
牡馬に至っては、ここ10年で1番弱いんじゃないか?と思う雰囲気さえあります。
これからグイグイ成長していく可能性はもちろんありますが、ここら辺まで来ると何となくわかってきますよね。。。

牡馬だけを中心に考えるとこんな感じに分かれるのではないでしょうか?僕が競馬をやっているここ12~3年のダービー馬の名前で世代分けしてみると。

・最強世代 - エイシンフラッシュ世代、ジャングルポケット世代、スペシャルウィーク世代
・最弱世代 - ウオッカ世代、ロジユニヴァース世代、アグネスフライト世代
・1頭だけ強い世代 - ディープインパクト世代
・その他世代 - アドマイヤベガ世代、タニノギムレット世代、キングカメハメハ世代


まあ、その他世代ってのは全体のレベルをよく覚えていない世代です(汗)
アドマイヤベガの時はテイエムオペラオー、タニノギムレットの時はシンボリクリスエス、キングカメハメハの時はハーツクライとそれぞれ強い馬がいたのですが、ダービー馬がことごとくケガしちゃっているし、全体のレベルは忘れちゃいました。適当。。。

ただ、最強、最弱、ディープ世代だけは結構印象が強い。
特に現4歳馬の全体のレベルが高いのはここのところのG1や重賞の結果を見れば明白です。
逆に最弱世代は、やっぱりアグネスフライト世代かな?
ダービー馬アグネスフライトと皐月賞&菊花賞馬エアシャカールがその後1勝も出来なかったですからね。





そして、今の3歳馬は「最弱」に入る可能性が結構高いと思います。
意外に牡馬が最弱世代だと、ウオッカ・ダイワスカーレット(ウオッカ世代)、ブエナビスタ・レッドディザイヤ(ロジユニヴァース世代)と牝馬にいい馬が出てくるので、今回のレーヴディソールなんかの活躍を見るとこれまた当てはまりそう。

原因は明白で、父親の人気で大量に種付けされたディープインパクト産駒の低調ぶり。
それも、新馬戦で圧勝して、上のクラスで人気を背負って惨敗の繰り返し。
母系から良血馬がたくさん出てきて、注目されるもあっさり負ける。

新馬戦の勝率はすごいのに、重賞はこれまでラジオNIKKEI賞を勝ったダノンバラードときさらぎ賞を勝ったトーセンラーだけ。
そのダノンバラードも昨日の共同通信杯でまったく見せ場なしの惨敗。

他にも人気のあったディープ産駒がいましたが、結局1着、2着はステイゴールド産駒のナカヤマナイトとネオユニヴァース産駒のユニバーサルバンク。
両馬ともオープン戦で2着だった馬で、母エアトゥーレで超良血かつ2連勝中だったサトノオーもなんとか掲示板まで。
この、やるたびに勝つ馬が変わる時は、最弱世代ポイントの1つですね。

もちろんディープ産駒だけのせいではないですが、ここまで見てきて強いと感じる馬は全体を通してみても1頭もいません。
馬なので体調の良し悪しはあるでしょうし、牝馬なんかだと周期的にいい時悪い時が来るような事も言われていますが、このディープ産駒の予測できない走りは僕も初めての経験です。

なんなんでしょうね??

一戦一戦ですごく走ったり、まったく走らなかったり。
どの馬もそこまで気性面に難を抱えているようには見えませんし、期待されている強烈な末足も大してありません。
それも1頭だけじゃなくて、すべての馬がそういう傾向にあるので手に負えない。

武豊TVで、ダノンバラード騎乗の武豊も京都2歳Sで負けた際には「こんなもんじゃない」と話していて、ラジオNIKKEI賞は期待通り勝って、普通ならこのままの勢いでクラシックまで行きそうなもんですがさっそく昨日負けてますからね。

ちなみに「一番ディープに近い馬」と語っていたトーセンラーに乗って負けた時も、「うーん、よくわからないな~」と首を傾げていました。
トーセンラーはデムーロできさらぎ賞を強い勝ち方しましたので、次のレースは人気になりそうですが、まったく伸びないなんて事があるかもしれませんよ。

きっと、次デビューする馬達もディープ産駒は多いんでしょうね。
本人が強いから子が強くなると決め付けられないのが競馬の世界であって、ディープの子供があまり走らないようだと、数年間低調な競馬界になりそうで怖いです。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。