スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェブラリーSでのフリオーソの底力とデムーロへの乗り代わり

今年初のG1だった昨日のフェブラリーステークス。
正直、エスポワールシチーとスマートファルコンが回避した上に、カネヒキリとかヴァーミリアンとかサクセスブロッケンとか一時代を築いたメンバーが引退し、メンバー的にもややというかかなり低レベルなメンバーとなりました。

芝と違って結構古馬が年を取っても活躍するダート戦線において、年齢が行った馬もいましたが、昨年のフェブラリーSに出た馬は確か1頭。
最強世代と言われている4歳馬も実はダートはからっきしだし、G3とかオープン戦辺りを勝てなかったような馬が強い馬達がいなくなった事で、繰り上がりで出れちゃったようなメンバーでした。

そんな中、このメンバーならばと言うことで地方馬のフリオーソが参戦。
ヴァーミリアン辺りにはまったく歯が立たなかったフリオーソですが、7歳にもなってまだまだ成長しているようで、さらに目の上のタンコブがいなくなって帝王賞、川崎記念の地方G1のタイトルを次々に奪取。
帝王賞ではカネヒキリ、スマートファルコン、サクセスブロッケン、ヴァーミリアン、日本テレビ盃ではこの日1番人気であり、JCダートを勝ったトランセンドを完封。
間違いなく力はトップクラス。

しかし、地方所属のまま中央のG1を勝ったのはわずかにメイセイオペラ1頭。それも1999年のフェブラリーS。
中央に転厩してきて勝った馬はいますけど。オグリキャップとか。
それぐらい厳しい挑戦です。

地方競馬はダートがメインなので、芝のレースは難しいためフェブラリーかJCダート、もしくは2歳戦ぐらいでしか勝つチャンスはありません。
それでも一昔前は結構挑戦してくる馬も多かったのですが、フェブラリーに地方所属馬が挑戦するのはひさしぶり。
同じダート馬だとしても、中央馬と地方馬の差は大きいんですね。

条件的にはそれ以外にも、東京1600mは最初が芝になっている事や、イメージ的には2000mぐらいがベストであること、中央挑戦は2008年のJCダート、東京競馬場に至っては2007年のJCダート以来。
消える理由ならばいくらでも挙げられる感じでした。

でもね~すげーがんばったよ!!





スタート後、逃げ馬~先行馬であるフリオーソはやっぱり最初が芝なのに戸惑って、後方2頭ぐらいに置かれちゃいます。
まあ、普通で考えればここでオワリ。
JCダートを勝ったトランセンドが抜け出し、猛追及ばず2着でしたが、結構衝撃的な末足でした。
上がりは35秒7で上がってきたようで、本当に最初の遅れが悔やまれます。



大井の怪物で地方クラシック三冠馬になり、フェブラリーSでアグネスデジタル相手に突っ込んできて2着になったトーシンブリザードのレースと似ていました。
歴史を作って欲しかったな~

だけど、1点だけ物申したい。

なんでデムーロを乗っけるんだ!!

みんなの競馬にも出ている松本ヒロシさんもCSの番組で言っていたのですが、外国人ジョッキーを乗っけた辺りが心情的に買いたくなくなると言っていましたが同意です。

メイセイオペラが初めて勝った時はずっと乗っていたベテラン菅原勲騎手が騎乗していて、メイセイオペラが勝った事だけでなくなかなか日の当たらない地方ジョッキーそれも大ベテランの騎手と共に1着になった事が感動を生んだんです。

なぜ、主戦騎手である大井の戸崎圭太騎手からデムーロにしたのかが納得いかない。
それで勝って嬉しいか?と思っちゃいます。

人馬一体なんて言葉もありますが、まさに馬だけでなく、騎手だけでなく、2人の呼吸が合ってこそ本当の力が出ると思うんですよね。
そういうもんじゃないのかな。
っというか、そうあって欲しいよな~

勝ちに目がくらんで外国人ジョッキーを乗せるととか。。。
まあ、これは調教師ではなく、オーナーであるダーレーの指示とも言われているようですけどね。

戸崎圭太騎手は中央移籍の噂もあるようです。てか、試験も受けている?
地方競馬にいながら中央G1をずっと乗ってきたお手馬で勝てるかもしれないなんて、騎手生活で1度あるかないかのチャンスなのに、こんな仕打ちを受ければ中央に挑戦したくなる気持ちもわかりますよ。

こうやって地方競馬の人気がなくなっていくんじゃないのかな。
ウチパクやアンカツや岩田などの元地方ジョッキーを見れば、地方の騎手だって十分腕があることはすでに証明されています。
なんでもっと信じてあげないんだろう。

なんかフリオーソには勝って欲しいけど、デムーロには勝って欲しくない複雑な心境になりました。
最近の外国人騎手優遇がちょっと気になりますね。

ニッポンジン、ヘタクソ、イイ、コズカイカセギ・・・

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。