スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アディダスのランニングシューズレンタル「adizero クツカス」とは?

画期的なんだか、画期的じゃないんだか。
アディダスが期間限定の新サービスを開始したようです。

adizero クツカス
20110303.jpg


20110303-1.jpg


名前の通り「靴を貸す」サービスです!!

それもネット上でレンタルする事が可能で、adizeroシリーズの中から最大4足を3泊4日間レンタルし、実際に履いて試すことが出来ます。
気になる金額ですが、レンタル料は無料で送料の1400円だけ負担。

ただ、1400円分のクーポン券が同封されているようで、実際にシューズを購入する際に使えるので、最終的に購入まで行った人は「adizero クツカス」の料金はすべて無料となります。

2011年の新モデルのプロモーションなので、5月31日までの期間限定。
まあ、もし好評ならばきっとまたやるでしょうから、実験的要素もあるのかと。



確かにマラソンなどを本気でやっている人は、ランニングシューズは命みたいなものなので、自分に合った物を使うんだと思います。
そういう意味で言えば、実際に履いて走れるってのは素晴らしいです。

店に買いに行っても履いて少し歩くぐらいでしょうし、車の試乗みたいに売っているものを履いて「じゃあ、そこら辺走ってきます」なんて訳にはいかないですよね・・・

だけど、正直ランニングシューズをレンタルするのかな?

さすがに「ネットで借りて~自宅に届き~ポストへ返却~」なんて手軽なものじゃないですし(笑)
まあ、DVDレンタルなどが参考になっているような気はしますけどね。

例えば、レンタルしてよかったらそのまま買い取れちゃうとかだと楽でいいですよね。
最終的に自分でお店まで行って買うのであれば、最初から店に行くんじゃないかな~とか。

DVDのオンラインレンタルは家を出たくない時もしくは人とかには便利ですけど、ランニングシューズレンタルする人は間違いなくアクティブ系ですし・・・

どういう人が借りるのかいろいろ考えてみたのですが。

近くにまったく店がなくてネットショップとかでシューズを買っている人が最有力。
(ネットでこのシューズが買えるのか?とかクーポンは使えるのか?は未調査です)

後はお店のやっている時間に帰れない忙しい人。
ただ、最終的には行かなきゃならんって話ならばあんまり意味ないか。。。

他には・・・


まあ、WEBの世界って何が当たるかわからない世界で、サービス提供にお金があまり掛からないので、とりあえずやって見るという姿勢が重要です。
レンタルシューズの企画が大はずれでまったく需要がなかったとしても、大した損失もないでしょう。きっと。

第2弾が行われるか、ひっそりと消えていくか今後の展開が期待ですね!!
もし、体験した方はどんな感じか教えてください!!

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。