スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ついに蓮舫タンにも怒られて逆ギレのオレンジオーナー

開幕日を3月25日から3月29日に延ばすという小学生レベルの決定をしたセ・リーグ。
東京ドームで試合がある最初の3連戦だけを「しぶしぶ」避けるという発表には、僕も僕の野球好きな友達もゲンナリしていました。

今が日本全体の危機であるという認識はないのですかね?

この29日への延期は電力不足問題「のみ」を考慮したものであり、未だに続いている地震や停電などにおける安全面の問題なんかを少しは考えているのでしょうか?
1つの場所に何万という人が集まって、何かあったらパニックが起きて大変危険ですし、電車1つ止まれば大混乱は間違いなし。
電力不足の問題に対しても対策は中途半端ですし。

そして、何より「勇気を与える」とか言いながら、これまでの経緯を見ている限りそんなのは建前であって、自分達のためにやろうとしているのは明らかです。
今やらないと試合数がこなせないとか、経済活性とか、明らかに優先順位を間違っているトンチンカンな発言も多く、結局「自分達の売上がないと困る」からでしょ。

そしたら、ついに節電啓発担当相になっている蓮舫さんに「ナイターはダメよ」と怒られちゃって「開幕日を何日にしろなんてお上が言う事かね」とオレンジのオーナがー逆ギレ。
おまけに「パ・リーグの好きなようにはさせない」みたいな事も言ったようで、なんでこういう風に怒られちゃったかまったく理解していないし、これぞ典型的な逆ギレですね(汗)

今の巨人の選手は生え抜き選手や育成枠から上がってきた選手も多いし、原監督も含め選手はいい選手が多いと感じます。
だけど、やっぱり上の方々には問題がありそうです。

確かに昔は巨人人気で支えられてきた事は事実です。
他球団もそれにおんぶに抱っこで大した努力もしなかったため、巨人に頭が上がらず未だにその状況は変わっていません。
その状況があまりに長い間続いてしまったため、セ・リーグは独裁政治というか、私物化されているのがはっきりと表に出ました。
そして、それに意見できないセ・リーグの他の球団にも問題はもちろんあります。

選手会は4月12日でパ・リーグと同時開幕を求めていて、雰囲気的には結局そこに落ち着きそうな気もしますね。
選手はダブルヘッダーでも12月過ぎてもやると強い気持ちで訴えているし、今はそんな低レベルの揉め事をしている場合じゃないので、さっさと12日開幕にしちゃえばいいのに。

どちらにしても、今回のセ・リーグのドタバタは僕と同様にガッカリした人も多いのでしょうか?

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。