スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長谷川穂積がTKOでフェザー級王座陥落orz 

ボクシング3大世界戦。
西岡と粟生が2人ともOK勝利でベルトを守り、3連勝を掛けて出てきたフェザー級チャンピオンの長谷川穂積。

メキシコのフェザー級1位のジョニー・ゴンサレスに4回TKOでまさかの王座陥落orz

相手のゴンザレスの戦績は、54戦47勝7敗でWBOの元世界チャンピオン。
そして、なんと47勝中41勝がKO勝ちという超強敵。
連勝中だった長谷川を倒したモンティエルにも勝ったことがあります。
ただ、試合が始まるとベタ足で攻めてくるハードパンチャーではなく、意外と足を使って動いてくるボクサーでした。

試合前は、前回足を止めて打ち合って危ない場面があった長谷川ですが、「今回は以前のようなスタイルに戻す」と話していました。

1ラウンド目。
ともかくハイレベル。僕はボクシング経験者でもなんでもないですけど、見れば両者が超強い事は明白。
スリリングな打ち合いが続きます。
ただ、長谷川がゴンザレスにパンチをもらうと、熱くなったか長谷川も足を止め気味で打ち合い始めます。
初回は僕の目線ではゴンザレス有利でした。

2ラウンド目。
多少、冷静になったか長谷川はまた足を使って、パンチをさばきながらしっかり当てていきます。
ただ、挑戦者のパンチは怖い。
2ラウンド目は長谷川有利。

3ラウンド目。
このラウンドは圧倒的に長谷川だったと思います。
中に入ってズドン。引いてかわして、また入ってズドン。
リズムもよかった。
けど、ゴンザレス陣営が言っていた「長谷川はたまに足が止まるからそこを狙え」という指示がまさかの次のラウンドに繋がります。

運命の4ラウンド目。
1分を過ぎる直前の58秒。
なんて言っていいのか、たぶんゴンザレスの大き目のフックがボディに来るような軌道だったので、ガードを下げた長谷川にハンマーフックが直撃。
よけられないと感じたか?引いたかわすのではなく我慢しにいったように見えましたが、さすがは41KO。
そのまま吹っ飛ばされて、すぐに立ったものの足がフラついているのを見た審判が試合ストップ。

試合直後は「まだできるだろ!」と思いましたが、スローで見たら結構ユラユラしていてストップも仕方ないかな?と思いました。
ただ、3回までのポイントでは3人とも長谷川がポイントで勝っていた事が伝えられて、解説陣も「もったいない・・・」と。

試合後に長谷川本人が言っていたように、僕も「相手が強かった」しか言葉なし。
どっちが勝ってもおかしくない超ハイレベルで実力は拮抗していたと思います。
また、相手に合わせて打ち合っちゃった感は確かにありますが、決して長谷川の攻撃が悪かったとも思えませんし、調子が悪かったとも思えません。

もう、紙一重の勝負だったから仕方ない。

モンティエルの時は「もったいない」と思いましたが、今回は仕方ない・・・



なんて思えるか!!!



長谷川穂積にはスーパーチャンピオンでいて欲しい。ただ、相手も元チャンピオンですからね。
ゴンサレスは敵ながら雰囲気があるというか、風格があるボクサーでしたね。

悔しかね~悔しかね~

西岡と粟生は素晴らしいKOだったのでまだよかったけど。
長谷川にはぜひまたチャレンジして欲しいですね!!

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。