スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石原都知事がどさくさ紛れで2020年オリンピック招致へ

ともかくここ数日は、日本人選手が活躍しまくって大変でした。

遊びに行っちゃっていたので全然追えてないのですが、サッカーではマジョルカの家長が得点、ウッチーと長谷部の日本人対決はウッチーが勝利、長友がフル出場で大活躍。
MLBでは、ゴジラ松井がホームラン!、黒田が完封寸前の2勝目。
F1では小林カムイが7位で前回の失格のリベンジ。
最後に、ゴルフではマスターズで石川遼くんが20位、アマチュアの松山君が26位と大健闘!

などなど。正直どれを中心にしてもいいぐらいの内容なのですが、東京都民として別次元で注目の出来事がありました。

東京都知事選で石原都知事が再選orz

なぜだ???

さすがに今回ばかりは東国原人気に押されて大惨敗でざまあみろ!のはずだったのに・・・
わからん。わからん。

結局、20代と30代は東さんにそれ以上が石原都知事にという分かれ方をして、20代30代の人口では勝てるわけもなく敗北。
せめて、ワタミの元会長である渡辺さんの方がよかった。

ニュースなどでは「こういう時期だから変化を求めなかった」といわれていますが、

「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波をうまく利用して我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」

の人ですよ・・・

結構長く都民やっていますが、彼の唯一の功績は東京マラソンだけだと思っていて、大赤字の銀行作ったり、誰も求めてないオリンピック招致で大枚使って大惨敗。
それ以外は、暴言連発してるだけでしょう。(詳しくはGoogleで(石原都知事 暴言)で検索ください。)

ともかく、東京都民を代表して「ほんとすいません!」。



そんな石原都知事ですが、さっそく余裕をかまして再選直後には「何かあったっけ?」と発言し、「天罰だ!」と言っていた地震に便乗して2020年のオリンピックにまたもや立候補するとか。

朝日とかにも書いてありましたが、BBCに書いてあるんだから。

Tokyo intends to bid for the 2020 Olympics as part of Japan's recovery from the devastating earthquake and tsunami which hit the country in March.
City governor Shintaro Ishihara made the declaration following his re-election for a fourth term.

"Although they [the 2020 Games] are nine years from now, we can start raising our hand," he said.

"If we work hard with hope, it will be a big catalyst for our country's reconstruction and revival."

Large areas of Japan's east coast were devastated by the 9.0-magnitude quake and resulting tsunami waves.
In 2009, Tokyo lost out to Rio de Janeiro in the race to host the 2016 Olympics.

Ishihara was criticised for spending in the region of 15 billion yen ($176m) on Tokyo's failed bid which centred on staging a compact and eco-friendly games.
Candidates for 2020 must submit their bids to the International Olympic Committee by 1 September this year.

The host city will be chosen in Buenos Aires in September 2013.
Berlin, Busan, Cape Town, Doha, Rome and Istanbul are among the cities to have signalled an interest in bidding to stage the 2020 event.

引用元:http://news.bbc.co.uk/sport2/hi/olympics/13029861.stm


部分的に抜き出すと石原都知事は以下のようにコメント。

「2020年のオリンピックは今から9年も先であり、私たちは私達の手で立候補する事が出来ます」

「もし、私達が希望を持って一生懸命働けば、日本の再建と復活のために大きな刺激になるでしょう」

おいおいおいおい!!

また得意の暴走かよ。
そもそもタダじゃ招致活動できないんだよ。

しっかりこの記事にも書かれているけど、2016年のオリンピック招致には150億円の招致活動を掛けて全部パーに。
はっきり言って誰も望んでいない招致活動に、開催地が決定する日すら知らない人がかなりいる状態で、多くの人が知らぬ間に超大金が何の役にも立たず消えました。

確かに開催自体は9年先の話で、その頃にはぜひ完全に復興してて欲しいと願いますが、実際に開催地が決まるのは記事によると2013年の9月。
当たり前ですが、その日の半年とか1年とか前から準備して招致活動をしなければいけない訳で、実際には来年ぐらいから動いていかなければいけません。
バカなのかな??

そもそも「天罰」って言葉が出るって事は、日本は1回滅んだ方がいいぐらいに考えている訳ですよね。
とりあえず、当選した後にサラっと手のひら返して、地震を使って世界にアピールですか。
ほんと終わってるな。

何十年ぶりに日本で行われた世界柔道でも、「北京オリンピックの柔道なんか柔道と呼べない」と世界の選手&マスコミを目の前に暴言吐いたのを直接聞きましたけど、もし素晴らしい演技で世界からの同情を受けてオリンピックが開催されたとしても、彼は「オレのおかげだろ!」とまた手のひら返すに違いない。

若い人が投票に行かないのなんか当たり前。結局、既得権力が数の論理で勝って何も変わらない。


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。