スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安藤美姫が大人の滑りでイカサマ採点に勝った件!!

昨日、震災で延期されていた世界フィギュアが終了しました。

結果は男子は小塚が銀メダル、女子はミキティが金メダルで日本としてはいい結果だったと思いますが、高橋大輔が演技の序盤で靴のビス?が外れてしまうし、織田は2回同じ構成のジャンプ飛んでしまったり、女子は浅田真央が失速し、村上も思った演技が出来ず。
メダルを獲った2人以外は不本意な結果だったような気がします。

ミキティが優勝してくれたおかげで、ショートの採点についての疑問はそこまで持ち上がりそうもありませんが、結果がよければ全部いいという話にはならないので言いたい事をしっかり言おうと思います。

キムヨナのショートの採点への疑問。
これはキムヨナ本人に対して言っているのではなく、採点員に対しての疑問です。

オリンピックやその前のキムヨナの高得点には疑問がもたれていましたが、決定的なものはなく芸術点という曖昧なものの中で上乗せされてきました。
それにその時のトリプルアクセルの点数の問題は、感情的には「トリプルアクセルに高得点をつけるべき」というものはあっても、ルール上は決まっていた事なのである意味仕方なし。
いいとか悪いとか、見たいとか見たくないとか、チャレンジするとかチャレンジしないとかとは別次元。
ルール上、不公平な部分はあったとしても、それは理解した上でチャレンジしているはずなので、文句もつけづらいところです。

ただ、今回のキムヨナのショートの得点について、ネット上でも話題になっていましたが明らかにおかしい点をつけている採点員がいました。

ショート終了時の得点はキムヨナが65.91で1位。安藤美姫は65.58で2位。
得点差は0.33と僅差の勝負ですが、まさかキムヨナがミキティを抜くとは思いませんでした。

ミキティがノーミスで演技したのに対して、キムヨナはジャンプで1度ステップアウト。
まあ、これはその他の要素や演技の質で逆転する事は可能だと思うのですが、問題はこの時の得点。

1 3Lz  6.00 -1.50 -2 -3 -3 -2 -1 -2 -2  1 -3

http://www.isuresults.com/results/wc2011/wc2011_Ladies_SP_Scores.pdf


そこまで詳しくフィギュアの得点について知らない僕ですら、ジャンプで失敗すれば減点になる事ぐらいは知っています。
ただ、1人だけ「1」で加点をつけてるんですよね。

あのステップアウトに対してなんで加点がつくのだろうか?






別に大技に挑戦した訳でもないし、普通に飛んで普通に失敗しただけでした。
もし僕の知らない何らかの理由で減点にならない事も考えられますが、少なくとも他の審査員はほとんど「-3」もしくは「-2」がついているのでこの「1」をつけた人がやっぱり異常なんだと分かります。

フィギュアの採点は誰がつけたか公表されないことになっています。
だけど、上の資料のように(誰がつけたかはわからないけど)得点は後から公表されています。

そこで疑問2。
ここまであからさまに違う得点をつける審査員に対して何の確認もないのだろうか?
間違いなく故意につけていると思うのですが、百歩譲って故意じゃない採点であるならば、採点能力に問題があるとしか思えません。

どのスポーツの審判だって誤審はあるし、人間なんだから間違える事はある。
ただ、誤審の度合いによっては審判だって罰則を受けるべき。

別に誰がつけたなんかはどうでもいい。
自分が応援している側によく見えるのは当たり前なので、外向きに1つ1つの得点に対して解説する必要もない。
だけど、中の人間達は公平な競技をするために、採点についての考察や正当性を試合後に確認すべき。
その中で今回みたいに明らかに採点基準から外れているものがあるならば、後から修正したっていいと思う。

ミキティはここ数年完全にいろんなものが吹っ切れて、悟ったかのようなフリーの演技でキムヨナを逆転しました。
滑り終わった後も全日本のようなガッツポーズもなく、最後の選手が滑り終わって優勝が決まった後のインタビューでもはしゃぐことなく、泣く事もなく、淡々と話しているのが印象的でした。

若い頃からいろんなものに振り回されて、力はあるけど安定感がまったくなかったミキティですが、怖いぐらいの冷静さで自分の演技だけに集中して、真央ちゃんもキムヨナも倒してしまいました。
キムヨナ自身の演技が悪いとは思わなかったですし、本人に非があるとは思えませんが、インチキな採点にミキティが勝ったのは大きな権力に打ち勝ったと言えるでしょう。

そして、1年間もまった試合に出なかったキムヨナが、明らかにおかしい採点であっさり優勝してしまったら、八百長でバカらしく思って離れていくフィギュアファンが大勢出たでしょう。
ミキティはそれを少しでも食い止めた救世主です。

きっとキムヨナ自身も被害者。
キムヨナが得点についていろいろ言われている事を知らない訳はないですし、もしかしたら本人が一番不可解に思っているのかもしれません。
あのレベルのアスリートであれば、得点の操作なんてして欲しくないと思うんじゃないのかな?

まあ、本人の気持ちなんてわかりませんけど、そうあって欲しいと思う今日この頃です。

今大会の女子はロシア勢の2人ががんばっていましたし、男子はパトリック・チャンが急にすごくなって金メダルを獲りましたし、日本と韓国だけでガチガチやっていてもフィギュア全体が盛り上がらないので、他国のがんばりも印象的な大会でした。

【修正】
すいません。転倒ではなくステップアウトでした。
動画もつけて失敗の場面も確認しました。

文面を少し修正しました。
なんでこけたと思ってたんだろう??

関連記事

この記事へのコメント

あれ? : 2011/05/03 (火) 00:32:40

3LzはSOで、転倒はしませんでしたよね??

レイ : 2011/05/03 (火) 09:49:08

> 3LzはSOで、転倒はしませんでしたよね??

ありがとうございます。勝手に転倒と勘違い・・・
動画もつけて、スピンアウトを確認しました。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。