スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中村紀洋は横浜ベイスターズに何をもたらすのか?

ノリこと中村紀洋の横浜ベイスターズへの入団が決まった。
1年契約で500万円プラス出来高払いというサラリーマン並みの年俸だ。
昨年、楽天から戦力外を受けて自由契約状態だったノリはベイスターズに何をもたらすのだろうか?

最初の勢いはどこへやら?で結局定位置の最下位に沈んでいるベイスターズ。
しかし、移籍してきたひちょりとか渡辺直人のおかげか、今年のチームは明らかにいい方向に変わっている。
一昨年移籍してきた武山が「こんなひどいチームは見た事ない」と涙ながらに語ったが、開幕後すぐに見に行ったベイVSヤクルト戦を1試合見ただけで「何かが違う?」とはっきり分かるぐらいだった。

そう簡単に技術的な面まで変われるわけもなくいつもの位置にいる訳だが、これまでの最下位とは中身が違う。
今の野球を続けていけば優勝とは言わないまでも、クライマックスシリーズに入れる可能性は十分にあると思う。

そして、ノリの移籍。
メジャーや日本代表の経験もある選手。
男・村田がチームを引っ張っている訳だが若干1人に比重が掛かりすぎているようにも見えるので、村田に物を言えるノリが入れば村田も気軽に話し合いが出来るだろう。
実際に村田が「全力疾走できますか?」と冗談交じりに聞いたところ「お前が先に(足の腱)を切るなよ」と語ったとか。
何よりひちょり同様、華があり客を呼べる選手なのでファンとしては期待したい。

ただ、技術的にはどうなんだろう?
球団側はピッチャーによってハーパーとノリを使い分ける方向らしいが、ハーパーをベンチに座らせておくのはもったいない気がする。
確かにハーパーも攻略されて昨年ほどのインパクトは残せていないが、いい選手である事は間違いないし、ハーパーならやってくれる!と思わせてくれる人気選手だ。





DHがあれば迷う必要もないのだが、内野に関しては守備も安定しているので「代打要員」になってしまう可能性もあると思う。
経歴を見てもやはり近鉄時代のすごさが際立っていて、メジャーに挑戦してからは中日で1年間活躍した以外は野村監督にも「ノリは誤算だった」と言われてしまうように力の衰えは隠しきれない。

ただ、入団の誘いを受けた際に泣きながらOKを出したと言われており、ベイスターズ(ごとき)にそこまで入団を喜んでくれるとイヤでも応援したくなる。
がんばれ!と言わなくてもがんばるだろうし、走るな!と言っても全力疾走をするだろう。

それに、テスト生まで行ったノリと万年最下位のベイスターズは「失うものは何もない」事で共通しているので(笑)、やりたいように自由に思いっきりやってくれればいい。
そして、ベイスターズに一番欠けている「勝ちへの執念」を背中で見せて欲しい。

ファンとしては不安の方が大きいけどなぜかワクワクする。
ノリが活躍できれば一気に勢いがつくような気がするし、やっぱり期待しちゃうオーラがある選手なんだろうな。
最初は2軍調整のようだが、早く1軍に上がってバッターボックスで豪快なスイングを見せてくれ。

加えて再加入のランドルフと新加入のゴンザレスの入団も合わせて発表された。
先発ピッチャーの補強も進み、あれほどひどかった抑えが異常にがんばっているので諦めない気持ちで試合を重ねれば自然と結果はついてくるはず。
どすこい山口なんて今でも防御率0.00とか信じられん。WBCにどうですか??

ただ、加賀・投げる村田こと真田・えじりんが投げ過ぎなので、後半戦が激しく心配なのは僕だけではないだろう。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。