スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイドバックに求められるクロスの精度とは?

昨日のU-22日本代表とクウェート代表の試合。
想像以上に個々の能力高くて驚きました。アウェーのクウェート戦は大丈夫でしょう。

その中でも両サイドバックがとてもよかった。
右サイドバックの酒井、左サイドバックの比嘉。(酒井は3割増になっています)

酒井は自らのミスで失点してからほとんど出てこなくなってしまいましたが(涙)、得意の低くて早いクロスが際立っていました。
逆サイドの比嘉はどっちかと言うと深くまで切り込んでいくタイプで、1点の場面でもゴールラインギリギリまで切れ込んだクロスがアシストとなりました。

彼ら2人を見て今までモヤモヤしていたものがパァーと開けたのですよ。
日本のA代表はサイドの攻撃は得意だけど、あんまり得点に繋がらないよな~っというモヤモヤ。

基本サイドからの崩しを中心にした戦術です。運動量と縦への推進力がある長友、ウッチーと2列目のプレーが連動して相手を崩しに掛かります。
崩すまでは完璧でもほとんどのクロスは跳ね返されたり、せっかく深いところまで行っても後ろに戻したり。
正直サイドバックからのクロスがアシストになって点が決まったのってあまり見たことないんですよね。
申し訳ないけど特にウッチーはそう思う。

実は昔にも同じ事を思った時があって、その時は右サイドバックがガンバの加地で、左サイドバックが名古屋の三都主でした。
はっきり言って三都主は守備がヘタだし、無理くり抜きにかかってボールを取られたりする事が多かったのですけど、ゴールに結びつくクロスをあげていたのは加地より三都主でした。
加地のクロスで点が入ったの見た事ないな~って当時も思っていました。

現在フロンターレの相馬監督と整体師(笑)に転職した名良橋さんが両サイドバックだった時は意外と外から放り込んで決めてたよな~って気もします。




そこで、サントス、加地、長友、ウッチー、酒井、比嘉を分類すると以下だと思うんですよ。

グループ①:三都主&酒井
グループ②:加地&ウッチー
グループ③:長友&比嘉


これはクロスを上げる位置の違い。
三都主と酒井は縦に深く行かずに、浅い位置からキーパーとDFの間に低く早いクロスを上げます。
加地とウッチーは縦へ突破して深い位置からクロスを上げます。
長友と比嘉は縦に入るのプラス内側に切れ込んでクロスを上げます。

20110620.png

この3つのパターンだと点に近いクロスは、サントス&酒井>長友&比嘉>加地&ウッチーという順番じゃないかな~って思うんですよね。

ウッチーとかがダメだと言いたい訳ではなくて、日本人のFWのタイプを考えると上の順番になります。
日本人のFWは岡崎なんかが典型ですけど、裏を取るのがうまい選手が多い。逆に高いボールをヘディングで押し込めるタイプは少ない。

レイソルがジュビロにボコボコにされた試合を見て、前田は身長は高いけど実は裏を取るのがすごくうまいと感じました。
代表だとロングボールの競り合いとかポストプレーを求められてコロコロ倒れるので「何だかな~期待してたのにな~」って思っていたのですが、そもそもそういうタイプじゃないんじゃないか?って思います。

ウッチータイプのクロスだとボールの滞空時間が長いし、マイナスにボールが来るので、DFに競り勝ってヘディングしなければいけません。
特にアジアチームとの対戦だと引いて守ってくるので、そこには人が一杯います。

逆に三都主&酒井のクロスは高さは不要だし、DFは後ろを向いてプレーするためオウンゴールなども意識するし、裏のスペースを見つけるのがうまい選手が多い日本には最適なクロスだと思います。
カウンターがよくスピードダウンしてしまう日本代表はたまに早い攻撃も必要ですし。

ちなみに長友&比嘉の場合はあそこまでいくのが大変ですからね。
ただ昨日の比嘉ぐらいまでゴール付近まで持っていければやっぱりチャンスにはなりますね。

以下、参考動画。

酒井⇒北嶋(レイソル2点目)



駒野⇒前田(ジュビロ2点目。3点目も裏の取り方はうまいよな~)



大前⇒高原(エスパルス2点目。大前はサイドバックじゃないけど)



ボスナーのFK2本が凄すぎ・・・www

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。