スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーネストリーで宝塚記念を勝った佐藤哲三のインタビューがよかった件

今日の宝塚記念はアーネストリーが先行押し切りでレコードV。
2着には鬼足で追い込んできたいつからかシルバーコレクターになったブエナビスタ。
3着は僕の本命だったダービー馬エイシンフラッシュという結果でした。

勝ったアーネストリーは今年の凱旋門賞を登録していて、ただ実績的には勝たないと厳しい状況でした。
そして、アーネストリー騎乗の佐藤哲三ジョッキーがインタビューで熱いコメントを。
僕は哲三好きなので、若干相手を間違っている内容でしたけど超かっこよかったですわ。

インタビューの内容は以下です。

おめでとうございます!

哲三:ありがとうございます。

まず今のお気持ち聞きましょう。

哲三:しんどいです。あのー無酸素で引っかからないように、馬に合わせて、馬の前向きな気持ち大事にしながらそれを殺さないように心がけていたので、しんどかったです。

今日はスタートからいかがでしたか?

哲三:スタートいいのはわかってたんで、何か行ってくれないかな~と。そこで控えたら持ち味でないんで、行く気で、前に出してそっからのポジションはあまり考えないようにしてました。

しかし、ジーと虎視眈々と4コーナーの手前からといった感じで。

哲三:そうですね。強かったですね。後ろも引き付ける間もないというか、そういう要素もなく、レコードで勝ててくれてるんで、強かったと思います。

直線は勝利を確信して乗られましたか?

哲三:いやーちょっとね。下も緩かったし、まだ2走目でハミに取りに来る方が先で、もうちょい抜けが来て欲しいな~というところだったんで、心配は心配でしたけどいつもの感じならば大丈夫かなと思っていました。

佐藤さんは調教からも乗ってきて、馬と一緒に戦ってきました。

哲三:そうですね。調教師の先生と一緒にイメージあった調教が出来ている時はたいがいいい結果が出ているので、今回もイメージどおりでいい結果が出るんじゃないかと思っていました。

これからの期待も大きくなると思いますが。

哲三:そうですね。勝つ前から凱旋門行きたいと言ってたので、これでオーナーも認めてもらえると思いますし、ぜひ僕で・・・うーん。フランスのトップジョッキーで5馬身うまい奴がいるらしいから、そいつに負けないように、悔しい思いをしてるんで、それは僕自身取ってあるんで、それを言う事でまたプレッシャーになるんですけど。

ファンへのメッセージをお願いします。

哲三:いい応援っていうか、返し馬の時から声援を貰っていたのでいい仕事したいな~と思っていたので、今日はいい仕事できてよかったです。




いやー喧嘩売りましたね~
ここで言うフランスのトップジョッキーで「5馬身」というキーワードから相手はデットーリです。

そして、ここで言う悔しい思いとは未勝利と皐月賞の権利を取った弥生賞。
皐月賞でも14番人気ながら4着まで持ってきたデボネアを、ダービーでデットーリで乗り変わられた事を言っています。

まあ、デットーリが他の騎手の5馬身先を走れると言ったのは社台の吉田照哉氏ですし、乗り代わりを命じたのもオーナーと調教師なので、デットーリはまったく悪くないんですけど(笑)、あのデットーリにテレビでケンカを売る勇気のある騎手はなかなかいないよ。
佐藤哲三騎手は弱々しい顔をしているのですが意外と気が強い事で有名?です。

ただ、哲三の言う事は僕も同意です。
調教から乗ってきたり、若い頃から見ている馬を、名前だけで外国人ジョッキーに乗り代わられたらそれは腹立つ。
昨年ぐらいからその傾向は強くなって僕も前に記事にしました。

勝負の世界なんで勝てる方を乗せるのは当然だし、結果を出せばいいだけの話ではありますが、調教師やオーナーは「どうしちゃったの?」というぐらい最近の外国人ジョッキーへの乗り代わりがひどかった。
デボネアは上に書いたとおり、皐月賞で4着まで哲三の腕で持ってきており、結果を出しても名前だけで降ろされた感は否めませんでした。

そして、デットーリで人気急上昇したダービーでデボネアは惨敗。
「オレが乗っていれば」と思ったのでしょう。

だから、インタビューで思わず出た「凱旋門賞ではぜひ僕で・・・」と強気のコメントはやっぱりかっこいい。
以前、タップダンスシチーで凱旋門賞挑戦して惨敗した悔しい思いもあるでしょうし、今回はぜひ佐藤哲三でアーネストリーは勝負して欲しい。

力不足感は否めませんが、あのバテなく長い足を使えるアーネストリーはヨーロッパの馬場に向いていそうです。
ヴィクトワールピサタイプですもんね。

意外と人気薄であっと言わせるかもしれませんよ。









関連記事

この記事へのコメント

哲っちゃんファン : 2011/06/26 (日) 19:13:33

まったく私もそー思います!
哲っちゃんは、ホント最高です!
ホントいぶし銀の勝負師ですよね!
これ程、信念と情熱を持ち合わせたジョッキーはいないと思います!
人馬一体。
佐々木調教師とのコンビでの組み合わせは特に応援をしています!
潔さもすごい好きです!
地味で目立たない哲っちゃんですが、これ程まで本物の騎手はいませんよね!
これからも、応援をし続けます!
凱旋門賞は出れたら、ぜひ哲っちゃんで!!

ひいやん : 2011/06/26 (日) 19:15:39

あのインタビューはマジ痺れた!


デットーリ何するものぞ!


佐藤哲三好きじゃないけど


カッコ良かったと思いました

なにくそだましい : 2011/06/26 (日) 20:42:04

 そりゃあ、せっかくの檜舞台に連れて行った相棒を強奪されたら頭くるわな。

 よく言った、日本男児だ、頑張れ哲三!!

キングカメハメハ : 2011/06/26 (日) 23:49:37

この事記事にしてる人やっぱりいるんですね!

からし : 2011/06/30 (木) 04:56:42

哲三なー悪い騎手じゃないんだけど…
おれの馬券に絡んでくれないんだよなー(泣)

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。