スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6座 男体山の巻(後編)

男体山の登山報告(後編)です!!
やっと、頂上を制覇し、下山開始~
12:55
下山開始

ここから先は同じ道なので写真はほとんど撮っていません。
感想だけ。
登るのが急だったので、当たり前だけど下るのも急。


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


雹(ひょう)だか霰(あられ)のせいで下は濡れちゃって、岩場だから滑りそうで怖い。
ストックは持っていないので、そこら辺に落ちていた木をストック代わりにして下りていく。
1度だけ、滑って落ちそうになった。

友達は下るの得意なのでドンドン行けちゃうんだけど、僕は苦手なのでついていけない。
岩場は足に負担がかかり、何とか厳しいところを抜けて5合目付近まで来たんだけど、ここら辺で完全に限界を超える。
もう、おじいちゃんのように木を杖代わりにして、ヨロヨロとしながら何とか1歩1歩進むのが精一杯で、足を着くたびに痛みが・・・
4合目の道路に出た時は、もう灰になってました。
ここから二荒山神社までは道路、林道と少し楽な道になったので、何とか乗り切った。

15:40
二荒山神社到着

何とか二荒山神社まで戻りました。
もう、ヘトヘトだが、達成感でちょっとハイに。
いや~やれば出来るもんだ。

日本百名山、制覇~~~!!!!

つ~事で、恒例にしていこうと思っているバッチを購入。
かっこよくね~~~??

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


バスの時間が迫っているのを知っていたので、登頂の思いに浸る時間もなくバス停へ。
バス停からみた中禅寺湖。


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


ここからバスに乗って、事前に調べておいた日帰り温泉である「やしおの湯」を目指す。
いろは坂も下りて、30分ぐらい戻ったところにある。
さらにバス停から徒歩10分。

16:40
やしおの湯到着


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


やしおの湯
http://www.mct.gr.jp/yashio/
やしおの湯は県内の人300円、県外でも500円と格安で、結構混んでました。
内湯にジャグジー、露天風呂、サウナも完備で、超きもてぃいー

そんで、軽くビールを飲んで、おいしそうだったのでそばを食べました。
30分ぐらい仮眠して、さ~帰るか~~~
19:00
東武日光駅到着
やしおの湯からバスに乗って、東武日光駅に到着。
ここで特急券を買って、優雅に特急で浅草まで帰ります。
電車まで時間があったので、ブラブラしていると何と花火が上がる。


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


近くで花火大会があるようだ。こんな時期に花火が見れるとは思わなかったので、ちょっとしたサプライズで楽しめました。
大体10時半ぐらいには家に到着し、日本百名山2座目をクリアです!!

最後にちょっと感想を。
なるほど。男体山は本でも6時間半以上のコースになっているんだけど、これは下りにも時間が掛かるからこの時間なんだな~って感じです。
頂上の時間を考慮しても、本の時間より1時間~1時間半は早く下りてきたのですが、上りと下りの時間が同じぐらいなんですよね。
全部で約5時間45分で、上り2時間40分、下り2時間40分ぐらい。頂上が20分ぐらい。
普通は下りが登りより早いのが当たり前ですが、岩場な上に急なのでかなりゆっくりじゃないと下りられないからですね。
男体山は上りもきついが、下りもきついと思った方がいいかもしれません。

それと、2人とも下山している途中から頭痛がひどくなりました。
僕は疲れているだけだと思っていたのですが、友達も同じ症状で、友達に至っては下山してから頭が痛すぎて吐き気もするとのこと。
頭痛に吐き気って普通で考えれば高山病の症状だと思うんですが、下山してさらにバスで下りてって高度を下げても治らなかったんですよね。
高山病は高度を下げれば治るんじゃないのかな?

う~ん。あの頭痛はなんだったんだろう・・・

男体山は噂に違わぬきつさで、日帰りで行ける山としては最高レベルで難易度の高い山でしょう。
標高も高いし、岩場も多いし、装備はしっかりしていかないと厳しいと思います。
時間的にも日帰りギリギリラインなので、日帰りの人は時間を考えながら登らないと、下りて来れなくなりますね。

ま~スタート10分でハーハー言って、おじいちゃんのようになった僕でも登れたので、普通の体力の持ち主ならばきっと登り切れると思います。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。