スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイエルンに移籍決定の宇佐美貴史が戦うべき相手は?

噂になっていましたがついに宇佐美のバイエルン移籍が決定しました。
ドイツの名門バイエルン・ミュンヘンは説明する必要もないヨーロッパのトップチーム。
長友がインテルに行った時にも身震いしましたけど、バイエルンに日本人がいるってだけでワクワク感が止まりません。

正直、宇佐美の特徴はいまだにあまり掴みきれていませんが、先日ガンバVSレイソルを見て宇佐美にかき回されていたのを見て「何だかわかんねーけど、すげーな」という気持ちになりました。
スピードだけなら永井や宮市の方が上そうだし、キープ力なら大迫の方が上そうだし、ヘディングが強いタイプじゃなさそうだし。
香川みたいなイメージでいればいいんでしょうかね?オールマイティープレーヤー。

ただ、期待と心配は五分五分。
単純に考えてバイエルンでレギュラーを取るのは、長友がキヴ相手にレギュラーを取ったのとは比較にならないほど大変です。
宇佐美は2列目のトップ下か左サイドの選手だと思いますが、2列目までのバイエルンの布陣は以下。

20110627.png




リベリーは顔が怖すぎるし、ロッベンは「ルーニーする」状態で植毛必須だし、っというのは冗談で、リベリーはフランスの将軍だし、ミュラーは南アフリカW杯で得点王争いしたドイツの希望の星だし、ロッベンは「ルーニーしろよ!」(ひつこい?)メッシに唯一張れる世界最高峰の右サイドプレーヤーだし。

とりあえず、この3人ではややハードルが低そうなリベリーが当面の相手なのが幸いですが、低いって言ったってもしそれが実現したら世界では「宇佐美祭り」が始まっちゃうぐらいすごい事ですけどね。
素行だなんだでU-22に呼ばなかった関塚監督の手腕が疑われちゃうよね。
てか、結局呼ぶ羽目になるよね。

さらにバイエルンは昨年のブンデスリーガをドルトムントに余裕で持っていかれ、得意のチャンピオンズリーグもシャルケの影にひっそりと。
「ちょームカつく」って事で、今年は気合が入っているようです。

Muller: Bayern will be champions
http://www.fifa.com/worldfootball/clubfootball/news/newsid=1461618.html

FIFAのインタビューでミュラーは「我々は来シーズン必ず優勝する!それは疑いようのない事だ!」と吼えていて、キャプテンのラームもいやいやそんなんじゃ甘いって事で「リーグ戦とドイツカップの二冠に加えて、少なくともチャンピオンズリーグでは準決勝までいくで!!」と気合入りまくりです。

チームもそれに合わせてたくさんの補強をしており、この記事にあるだけでドイツ代表GKのノイヤーをシャルケから、マンチェスターシティからDFボアテック、2部のコットブスからストライカーのニール・ピーターセン、ジェノアからはラフィーニャを獲得。
逆にドイツの点取りおじさんクローゼを放出するなど派手にやっています。
(個人的にはクローゼと一緒にプレーする宇佐美が見たかったけど)

宇佐美が戦う相手は相手チームよりチームメイトですね。
それも高すぎる壁です。

まあ、バイエルンも即戦力で取ったかは疑問ですし、状況によっては宮市みたいに他のチームにレンタルで修行なんて事も考えられますが、若いので好きにやって欲しいですね。
遠藤や二川みたいに優しいパス出してくれる人いないと思うのでガンガン自分で行かないとチャンスないよね。きっと。

僕がアドバイスするなら

1.シュバインシュタイガーと親の友になっちゃう
2.困ったらマヤ吉田邸でミッチー安田と一緒にメシをご馳走になる
3.ただし、まじめな話は長友か長谷部へ
4.「心を整える」を20回読む(長谷部からレンタル)
5.宮市と関塚監督の悪口を言う


以上ですかね~






関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。