スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-17ワールドカップは優勝も狙えるのでは??

20110630.jpg

引用元:http://www.jfa.or.jp/national_team/2011/2011u17_wc/

U-22ワールドカップ。日本は決勝トーナメント1回戦でニュージーランドをボコスカにしました。
そして、次はブラジルです。

ただね。隣のトーナメントを確認したらウルグアイVSウズベキスタンですよ。
もしブラジルに勝つ事が出来れば決勝まで・・・いや優勝もあるんじゃないの?まじで。

ウズベキスタンは予選で日本が6対0で勝ったニュージーランドに1対4で惨敗。
ウルグアイもイングランドにはしっかり0対2で負け、カナダとルワンダという何か楽そうな相手に勝って予選通過。

逆に日本は。。。





初めて他のグループも含めて予選グループを確認したのですが、正直アルゼンチン、フランス、ジャマイカというグループBは死のグループと言ってもおかしくないグループでした。
ブラジル、コートジボワール、オーストラリア、デンマークのグループFも厳しいですが、この2つのグループ以外はたいした事ない。(まあ、A代表とU-17は違うと思いますけど)

決勝まで行けば何が起こってもおかしくない。
日本が優勝しても。

逆のトーナメントは3連勝で上がってきたホームメキシコ。
日本と引き分けたフランス。
横綱相撲で勝ってきたイングランド。
そして、数字上は最強。11得点1失点で3連勝しているドイツ。

雰囲気的にはドイツとイングランドが強そうなんですが、この2チームは勝ち上がっても準々決勝で当たります。
っというか、予選とうって変わって日本の逆側のトーナメントの方が圧倒的に激戦です。
ドイツ・アメリカ・イングランド・アルゼンチン・フランス・コートジボワール・メキシコ・パナマ

日本に取って次のブラジルは最大の山場。
ただ、これまでの試合を見る限り、日本の完成度は相当高い。
細かいパスワーク、裏からの飛び出し、両サイドの使い方、前からのプレス、運動量、ボールを止める技術。

そして、決定力。
アルゼンチン戦はGKがポロポロやってくれたり、ニュージーランド戦の1点目もDFのミスからクロスがそのまま入ったりと相手のミスはあったにせよ、それを決めるか決めないかが勝負の分かれ目とも言えます。

ニュージーランド戦は6対0の圧勝でしたが、得点以上にニュージーランドはボールは取れないし、次から次へと人が出てきてまったくパススピードについていけない、シュートは打てない、サイドは崩されまくり。
得点差が開いてくるにつれてパニック超えちゃって「ドウシヨウモナイ」といった雰囲気に。
4点目のオウンゴールしちゃったニュージーランドの7番なんて泣きそうでかわいそうでしたよ・・・

前半30分で勝負はついちゃったので、その後は余裕を持ってボールを回せましたが、これがブラジル相手に出来るか。
もしニュージーランド戦ぐらい落ち着いてボールをポゼッションできればブラジル相手にも「もしかして・・・」と思っちゃいました。

歴史的な大会になる可能性もあるかもよ。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。