スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イケメンストライカー柏レイソル「田中順也」の解説書

現在のJリーグ首位は柏レイソル、そして得点王争いは移籍しちゃったアドリアーノを除くと名古屋グランパスの玉田と柏レイソルの田中順也が8点で並んでいます。

一般的に見れば「田中順也って誰????」だと思うし、急にワールドクラスのミドルシュート決めてみたり、次の日本代表戦では召集されるという噂まで立ち、何よりイケメンという、急にスターが沸いて出てきた印象が皆さんあるのではないかと思います。
って事で、柏レイソルサポの僕が「田中順也って誰よ?」に勝手にお答えしようかと思います。

「タナジュン」こと田中順也選手ですが、当時順天堂大学の学生だったタナジュンは2009年に柏レイソルの強化指定選手としてプレーしました。
そのまま2010年レイソルに入り、2年目の23歳。ポジションは右サイドハーフの左利き。
2010年はJ2でリーグ戦と天皇杯合わせて27試合出場で7ゴール。
今年からはレギュラー定着ですでに8ゴールと急に才能が開花しました。
そしてイケメンです。

っと、ウィキペディア見ろよ!というような話はいいとして、正直レイソル好きの僕ですら「どうしたの?」と思う開花っぷりで戸惑い一杯。
他のレイソルサポの方はどう見ていたか分かりませんが、僕はいい選手だと思ってはいましたけど、日本代表とかの物差しで考えると大津や工藤や茨田(ばらだ)の方が全然近いと思っていました。

昨年、J2で7ゴール上げていますがその時の印象は「おしい連発の今一歩男」でした。
シュートがことごとくバーやポストを叩いたり、GKのファインセーブで阻まれたりと、毎試合「おしーーーい!」シュートは放つけど得点に繋がらないタイプだったような気がします。

むしろ、ヴェルディから移籍してきた24歳で1つ上の林陵平の方が全然活躍していて、顔もカッコいいし、体は強いし、運動量はあるし、ゴールへの嗅覚もあるし、って事で、実際に北嶋と林のコンビが後半戦失速しなかった最大の理由だったと思います。
ただ、今年に入ると林はサブでなかなか出場できず、タナジュンは最初から不動のレギュラーへ。
今では「打てば入る」の大当たりで、おしい男は完全に脱出し、気づけば得点王争いに加わり、ザックからも声が掛かりそうな状況です。
えーと、展開早すぎてついていけないけど、いい方向に裏切ってくれてうれしすぐる。






プレーの特徴は、誰が言ったか「ベルカンプ」。(誰だっけな?)
シュートも打てるし、ドリブルも出来るし、FKも蹴れるし、運動量もめちゃあるし、高さもそれなりにあるというマルチプレーヤーなのですが、最も大きな特徴はボールの受け方がうまいところです。
それを忘れましたが誰かが「ベルカンプ」と表現していました。

パスを受ける際のボールの置き場が最高にうまい。そのままゴールに向かう、シュートを打つ事を考えたボールの受け方をします。
もちろん、今はチームの調子がいいので他の選手の動きとか、レアンドロドミンゲスのパスがうまい事もあるのですが、昨年1年間のプレーを見る限り「掴んだ」という感じがしますね。

僕はタナジュンを見れば見るほど、先に出てきたあの人と「ともかく似ている」とずっと思っています。
それは得点王争いで並んでいる玉田圭司。
今でこそ日本屈指のフォワードになった玉ちゃんですが、レイソル時代は全然無名の選手でタナジュンと共通する部分が多いです。

①イケメン
②レイソル出身
③世代別代表経験なし
④左利き
⑤ちょっと違うけどプレースタイル
⑥元おしい男

イケメンとか左利きは偶然としても、急激に伸びて急に有名になったところや、それまでまったく無名選手だったところがよく似ています。
玉ちゃんもジーコに呼ばれて日本代表に召集された時は、1人だけ「誰?」という存在でした。

レイソルサポーターはもちろん誰でも知っていた選手なんですが、チームも強くなかったし、まさかブラジル相手にW杯でゴールをぶち込むとか想像も出来ませんでしたし。
青いユニフォーム姿を見ただけで感無量状態だったし、「ミスするな~ミスするな~」と呪いのように90分間唸っていました(笑)

ただ、何試合か忘れましたが最初は日本代表のフォワードとして「○試合得点なし」記録を更新していたような覚えがあるし、シュートを打てども打てども「おしい!!」の連発で玉ちゃんも元おしい男でした。
代表戦の次の日は、毎回会社の同僚から「いやー得点は入らなかったけど玉ちゃんはがんばっていたよ」と慰めてもらうのが定番になっていたし。

ヨーロッパ遠征でハンガリー相手にポロッとこぼれて来た押し込むだけのゴールを決めてからは、何かが落ちたとばかりに急に点が入るように。
中国のアジア杯では爆発し、W杯でブラジル相手にもスーパーゴール。
シンデレラストーリーというか、無名選手から出てきて1~2年であっという間に誰でも知っている選手になりました。

田中順也は日本代表召集について

「まだ呼ばれたくない。呼ばれてすぐに呼ばれなくなるような選手にはなりたくない」

と話しています。
いつもインタビューでも控えめなコメントが多いのですが、逆に言えば先々は必ず呼ばれるの裏返しにも聞こえますね。
本音とインタビューで話す内容は違うと思いますが、こういうコメントが出るのが雑草タイプっぽいですね。

イケメンで、控えめで、いい奴で、サッカーうまいとか、人気出るのは確約されたもんですな。
ぜひ、玉ちゃんのようなフォワードになって欲しいです。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。