スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池添謙一がオルフェーヴルの日本ダービーを武豊TVで振り返る

ダービーをオルフェーヴルで勝ち、晴れてダービージョッキーの仲間入りをした池添謙一が武豊TVでダービーを振り返っていました。
面白い内容だったので書き起こします!!(これ疲れるんだよね・・・)

この番組では幸四郎にいじられまくっておもしろキャラなんですが、今日はまじめです。
ウインバリアシオンやナカヤマナイトとのせめぎ合いや、最後にはなぜかデットーリに褒められます。

実際は桜花賞・オークスと惜しいレースをしたホエールキャプチャについても解説しているのですが、あまりに長すぎるので皐月賞からダービーのところだけ焦点を当てて書き起こします。
番組メインである武豊と進行をしている競馬大好き福原アナ、そして池添謙一の三者で話しています。

まずはレースの動画。


福原:えー豊さんはオープニングでお話したとおり・・・
武豊:ダノンバラードは同じ厩舎じゃないですか。池江厩舎で。で、皐月賞ワンスリーだったんですけど、まさかの回避でしたからね。

福原:さーこのダービーにむけて池添さん・・・池江調教師はどの辺からダービーに向けて詰めた話というのは。
池添:いやーそんな詰めた話は全然なかったですけどね。ダービーに向けての調教をこういう風にしていこうかみたいなのは。そこまで詰めた話はなかったですね。一週前の追い切りから緊張しました。一週前から調教乗り始めたんですけど、やっぱりちょっと緊張しましたね。調教でも。
武豊:一週前の調教でちょうど同じ時間帯に、僕がダノンバラード乗って。ちょっと前に先にオルフェーヴル行って、かなり離れてたけどむちゃくちゃよさそうなのが離れていてもわかりましたもん。で、終わってからずいぶんよさそうだな~って。
池添:いいす~って。まあ、上積みはないかなっと思ってたんですけど。皐月賞の時がすごいよかったので。でもそれよりもいいかな~って。全然僕の言葉誰も信じてくれなかったですけどね。もう上積みはないやろ~みたいに評価はそんな感じでしたけどね。

武豊:でも、皐月賞から突然強くなったよね?
池添:スプリングステークスぐらいからですね。一気によくなってきましたね。
武豊:でも、強かったけど。。。皐月賞とダービーが異常に強いから。
池添:中身がちょっと変わってきてましたね。
福原:皐月賞を見ますと。もし、ダービーが良馬場だったら、もっとダントツ本命になっていたのかな~と思いましたけど。
池添:そうですね~今年東京でしたからね。直結する部分は大きいので。これ勝てたのがすごく大きかったと思います。

(皐月賞について)

福原:この時は一冠目を取る意識・・・自信の方は・・・
池添:いや、具合が本当によかったので。結果的に4番人気だったんですよね。全然人気してないな~って思ってて。折り合いだけしっかりつけて乗れば力は上だと。絶対にいい勝負できると思ってましたけども。
福原:ドリームジャーニーとはかなり違う感じですか?
池添:違いますね~走り方が全然違います。ピッチ走法じゃないんで。
福原:ピッチ走法じゃないともしかしたら馬場が悪いと・・・
池添:そうなんですけどね~きれいな走りする馬なんですけど。

福原:皐月賞は豊さんは。
武豊:僕のは精一杯でしたけどね。
福原:サダムパテックあたりが有力でしたけど。(皐月賞のVTR)
武豊:ゴールに近づいていくにつれて伸びていくから。すごいなーって思ったもん。
福原:確かに外から大外回ってハイペースを生かして追い込んできたのと違いますもんね。豊さんも直線でちょうど横を差していきましたけど。
武豊:そう、すごい勢いで伸びていってんで・・・いいな~思って(笑)

福原:皐月賞の時はどのぐらいダービーと言う気持ちをゴールの瞬間思っていましたか?
池添:池井先生からはダービーだけでいいってずーっと言われてたんですよ。今年入ってから、シンザン記念からきさらぎ賞負けてるんですけど、ダービー勝ってくれたらそれでいいからって言ってくれてて。その前に皐月賞取ったじゃないですか。これきっついなーって思って(笑)皐月賞取った夜からは緊張するやろーなって思いましたね。でも、このレースは東京競馬場って直線長いじゃないですか。でも初めて短く感じました。それぐらい強かったんだろうな~って。
福原:よく勝った人でも最後がんばれがんばれって長く感じるって言いますよね。
武豊:最後、止まりかけてくるとめちゃくちゃ長く感じるからね。
池添:すごい抜け出す足が早かったんで、絶対に誰にも追いつかれないって思いました。
福原:僕もいろんな方に話聞いていますけど、短く感じたって方は初めてじゃないかと。
池添:ほんとですか・・・これだけですよ。ダービーは長かったですけど。

福原:そしてダービーに行くわけですけど、この不良馬場ですよね。これをこなせればいい走りが出来るし、こなせなければ。。。
池添:馬場のせいにするしかなかったですね(笑)
武豊:それはあるよな。負けた時に、馬場っていうはっきりとした敗因がある訳じゃないですか。良馬場だったら言い訳できないですよね。東京であれだけ強い勝ち方している訳だから。
福原:当日の天気・馬場を見てオルフェーヴルはどうこなしてくれるのか?って。
池添:何回か芝のレース乗せてもらってたんですけど、外出しが効くような感じに変わっていったんですよね。
武豊:朝はまったく。
池添:豊さんが逃げ切った時はまだ内だったんですけど。昼過ぎてからは全部外だったんですよね。だから外だってもう決めてました。

福原:豊さんはロッカヴェラーノで。
武豊:まあ超伏兵だったんでね。でも出るからには一発狙ってやろーと思ってましたよ。僕も最初は1回逃げ切ってい勝っている馬だから、五分に出れれば押していって逃げようかなぐらいに思ってたんですけど。馬場が変わってきてたんで、ガラッと変えましたね。調教師も同じ意見だったので。外だな~って。

(ゲートの映像を見て)
武豊:おーオレもスペシャルウィーク5番だったな。あれ?違うかな。
池添:ディープインパクトじゃなくて・・・?ディープインパクトが5番ですよね?
武豊:ディープが5番だ。(スタッフに確認)スペシャルウィーク5番だよね。5番だ。(両方5番)
池添:5番がダービー何勝かしてるんですね。

福原:さあ、スタート。(VTR)
武豊:僕は出遅れです。。。僕のはゲートの中で大暴れしてたんで、後ろから行こうと思ってましたけど。
福原:で、オルフェーヴルですよ。
池添:1番は折り合い。本当に引っかかる馬だったので。後は外だって考えてたんで、いつでも外にいける位置にいたいなって1コーナー入ってくる時に思っていましたけど。
福原:折り合いに気をつけるって事だと、この馬場だと・・・
池添:ちょうどよかったですね。引っ掛からなかったんですよね。この緩い馬場がちょうどよかったのかな~って。逆に嫌がって引っ掛からなかったのかって思ったんですけど、向こうじょうめんで手綱引いたらグッと引っ掛かろうとしたのでまた抑えて。一応、確認はしたんですよね。
福原:そこで反応がなかったら怖かったですね。
池添:怖かったですね(笑)
武豊:折り合ってるね~
池添:ばっちりでしたね。
福原:1000m62秒、マイルで1分40秒。
武豊:それはこの馬場ですからね。

福原:そして直線は外を・・・
池添:狭かったですね。3回ぐらいぶつけられて。僕の馬もバランス崩れたんで。ちょっとヒヤッとしましたけど。普通の馬ならひるんじゃうとこですけど。
武豊:一瞬出られた?
池添:出られました。ウインバリアシオンに一瞬出られました。また、安藤さんだ~と思って(笑)やっぱり安藤さんか~って思いました。並んでからは必死でしたけど。
福原:4コーナー入ってからのナカヤマナイトとの攻防というべきか、戦いというべきか。あそこですよね。
武豊:ヨシトミさんもはい、どうぞって訳にはいかないしね。
福原:そこで戦意を喪失しても・・・
池添:おかしくなかったと思いますね。

福原:腹と腹がぶつかるような感じですか?
池添:僕の方が後ろだったので、ヨシトミさんの馬にオルフェーヴルの肩がぶつかるような感じで。
武豊:ひるむ馬ならひるみますよ。あれぐらいだったら。
池添:ちょっと内にもたれたんで、大外はムリだと思って中の空いたところに突っ込んでいきました。そんで2~3回ぶつけられましたけど、引く訳にいかないので。
武豊:で、ぶつかっている内に安藤さんが大外にね。僕も後ろにいましたから。一気に離していくところみて僕も安藤さんが勝つんだな~って思いましたよ。(オルフェーヴルが)内に持っていかれたしね。それにしてもこの馬場でこれだけ伸びてるよ。すごいわー強いわー
池添:強いと思います。

福原:お兄さんも強いし。
武豊:そうですね~メジロマックイーンの母にステイゴールド。
福原:豊さんの。。。
武豊:そうですよ(笑)

福原:また三冠と言うものが非常に見えてくる馬ですよね。池江調教師からは菊花賞勝ってくれとは?
池添:言われてないです、けど意識はしますよね。
武豊:僕は池江調教師から出てくれればいいからって(笑)
福原:池江泰寿調教師とは豊さん同級生で。
武豊:同級生ですね。
福原:ダービートレーナーに。
武豊:最年少でしょ?
福原:そうなりますか~夫さんが引退されたその年に息子がダービートレーナーに。
武豊:泰寿調教師がお父さんが調教師やっていたころに、まだ調教助手だったころに、ステイゴールドに乗っていたし、海外も一緒に行きましたし。もちろん、マックウイーンがいた時も厩舎にいたし。本当に池井先生ゆかりの血統ですしね。
福原:豊さんからみて泰寿調教師のダービーを勝った後とかは。
武豊:それはほっとしているでしょうね。子供の時から僕は騎手を目指して、彼は調教師目指して。学校とかも一緒だったので、お互いダービー勝ったな~って調整ルームであったので。おめでとうって子供の時にダービー勝ちたいな~ってお互い言って事なんかを話してましたね。

福原:そして、ウイニングランですけど。
池添:新潟の時に1回落とされているのでどうしよっかな~って。このダービーの時も外ラチまで突っ込んでいこうとして新潟の時と同じような行動取ったんですよ。だから、ウイニングランどうしようかな~って思ったんですよね。だからゆっくり歩いていたんですよね。
武豊:ガッツポーズできへんかったな(笑)

福原:どの辺から涙腺が緩んだ感じで?
池添:厩務員さん見てからですね。それとこの雨の中に大勢のファンが迎えてくれたので。ちょっと、嬉しかったですね。ダービーとったんやって思いました。どろどろですもんね。池江先生抱きついてくれなかったんですよね(笑)服汚れているからって。着替えてからやっと抱きつけるわ~って抱きついてきてくれましたけど。
福原:こうやって戻ってきた時に自分しかいないっていう空間が。
池添:あんまり今回泣かなかったですよね。
武豊:思ったよりな~
池添:我慢はしてないですけど。。。喜びの方が大きかったですね。

福原:ダービージョッキーになるって事はまだ勝っていない人の上に行ったという考え方もできると思いますが。
池添:上っていう・・・・意識はないですけど・・・
武豊:いや、思っていると思いますよ(笑)
池添:思ってないです!思ってないです!
武豊:祐一に対して、ダービー勝ってからオレに言えって。言ってたじゃん。
池添:言ってないです。言ってないです。
福原:でも、うらやましがられる訳じゃなないですか。
池添:でも、ノリさんにおめでとうって、オレが取ってなかったら心から祝福はしてないって言われました。僕も後輩が何人かダービー乗ってましたけど、それには絶対に負けたくないって。外人ジョッキーには絶対に負けたくないって思ってました。

福原:インタビューでテン乗りの馬には負けたくないっておっしゃってましたよね。
池添:新馬戦から乗せてもらって、1つ1つ競馬を一緒になって教えて、成長していてくれて、緊張したんですけど、パドックでまたがった時にすぐに緊張が解けたんですよね。いつもの背中があったので。それって今まで乗ってきた数があるからだと思うんですよね。今、多いじゃないですか。そういう乗り代わりとか。そういう馬だけには絶対に負けたくないって思ってましたね。
武豊:オレのしょうがなくテン乗りってのもあるけどね(笑)オレもデビューからの馬で出る予定だったんだけどね。
池添:でもそれ除いたら3人しかいなかったんですよ。僕とヨシトミさんと勝春さんだけで。で、3頭ともステイゴールドなんですよ。

福原:お父さんとは?
池添:最初に連絡したのは鶴留師匠に連絡して。その後、父親に連絡しました。どんなもんじゃいって言いました(笑)初めて自慢しましたね。

福原:ダービーと言うのは1度勝ったらもう1度勝ちたくなるといいますが。
池添:本当そうですね。なりますね。騎手辞めてもいいっていう人もいますけど、全然そうは思いませんね。みんながダービー作ってますよね。お客さんもそうですし。雰囲気全然違いますよね。

福原:ダービージョッキーになると池添さん自身も一皮向けて。
武豊:すぐにパーマかけて、茶髪にして(笑)
池添:調子のってますね~髪は自由にやってるですけど。だけど、逆に引き締まるというか、下手な乗り方できないって。ダービージョッキーの名に恥じないように乗らないとって。
武豊:三冠かかってるからね。
池添:だから、豊さんすごいなって。ディープインパクトで三冠取ってるじゃないですか。しかも、負け無しで。そのプレッシャーをどうやって乗り越えたのかなって。菊花賞行くのは決まってるじゃ名ですか。
武豊:外人に乗り代わりとか(笑)
池添:ね~
武豊:そっちのプレッシャーの方が。秋下手に乗ってたら。

福原:1人の人間としてダービーを勝ったいうことも。
池添:そうですね~人としてもしっかりしないといけないな~って、しっかりとした大人にならないとって。いいかげんなんで。四位さんにも言われました。そこはジョッキーとしてもそうだし、人としてもしっかりしないといけなんだぞって。
武豊:四位が??(笑)でも、勝ったという結果は残るんで絶対に自信にはなりますね。
池添:そうですね。もう並大抵のレースじゃ緊張しないですね。いい意味で。

福原:武豊TVのポジションも変わりますね。
池添:変えましょう。
武豊:ダービージョッキーが集まって、例えば四位とか石橋さんとか。そこに後から福永とか幸四郎とか。入ってきて君達は入れないよみたいな。
池添:絶対にいえないっすよ(笑)

なぜかビールで乾杯。

武豊:ダービー後は祝杯とか。
池添:当日は豊さんとかとありましたけど、次の週ですかね。
武豊:そいういば、あれ偶然会ったよね。東京で。僕はデットーリ達とご飯食べていて、次行こうよってなったらいたんですよえ。四位とかと。
福原:すごい顔合わせですね。どんなお話を。
池添:英語めっちゃ話してたんですけど。全然わからなくて、通訳を豊さんにしてもらって。でも、今回のダービーはうまくのったって褒めてくれて。4角ついたのもあそこで正解やって。
武豊:近くにいたしね。フランキー。
池添:すっごい嬉しかったですね。

以上です。





関連記事

この記事へのコメント

hide : 2011/07/17 (日) 12:13:23

池井やなくて池江どす。

レイ : 2011/07/18 (月) 12:12:31

> 池井やなくて池江どす。

ありがとうございます。修正しました。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。