スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最悪のグループに入ったブラジルW杯予選

2014年ブラジルW杯のアジア予選組み合わせ決定

2014年ブラジルW杯のアジア予選の組み合わせが発表されました。
いろんな意味で同じグループに入りたくない2カ国が入っており、いろんな意味で最悪です・・・

グループA:中国、ヨルダン、イラク、シンガポール
グループB:韓国、クウェート、アラブ首長国連邦、レバノン
グループC:日本、ウズベキスタン、シリア、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)
グループD:オーストラリア、サウジアラビア、オマーン、タイ
グループE:イラン、カタール、バーレーン、インドネシア


これだからアジア予選って大変なんだよね~の典型的なパターンですな。


最もやりたくない国、それはもちろん北朝鮮

政治的な内容ももちろんですが、事実だけ考えてみてもグループCだけ南アフリカW杯に出場した国が2カ国入っています。
この国だけはFIFAランキングだけでは測れない実力を持っており、実際にこれまでも何度も苦しめられてきました。
チョンテセはもちろんですが、なぜか南アフリカW杯で落選したベガルタ仙台にいる梁勇基(リャン・ヨンギ)が今回は選ばれそうです。

ここのところ我が柏レイソルはベガルタ仙台と何回も当たっているのですが、梁勇基の実力はJリーグでもトップクラス。
昨日のJリーグの試合を見ていても、ここのところ得点力不足に陥っているベガルタですが、その中で梁勇基からのパスやセットプレーだけは鬼怖い。
梁勇基からのボールをトップにいる赤嶺が何とかするというのが今のベガルタの攻撃パターンであり、赤嶺より決定力があり体の強さを持つチョンテセがスライドして入ると思うだけで十分脅威を感じます。

これまで適当に来たボールをチョンテセ1人で何とかするという北朝鮮の攻撃だった訳ですが、一流のパサーが入ることで北朝鮮は今より数段よくなるはずです。
歴史的な事があるため他の選手の日本戦へのモチベーションは相変わらず高いでしょうし、アウェーの北朝鮮の試合も異常な雰囲気になること間違いなしで、もし北朝鮮国内で開催されないとしてもいいところ中国なので似たようなものかと。

こういう甘い事言ってはいけないかもしれませんが、チョンテセや梁勇基、レイソルにいる安英学などと試合をしたくないという気持ちもあります。






現在世界No.1で国内情勢が最悪なシリア

あまりニュースを見ない方は知らないかもしれませんが、海外ニュースなどで毎日のようにトップニュースになっているシリア。
アサド政権に対する不満から国内では大規模なデモが多発し、それを軍が止めるために毎日のように衝突が続いています。
先日は一般人が150人近く死ぬというニュースが流れたばかりで、今最も国内情勢が悪い国といってもおかしくない状況です。

実力のほどはたいした事ないので、他国でやってくれれば大きな問題にはなりませんが、もし国内でやるとなるとサッカーどころか身を守りながらの遠征になるでしょう。
ちなみに以下は外務省の危険情報です。

●全土
:「退避を勧告します。渡航は延期してください。」(引き上げ)

シリアに対する渡航情報(危険情報)の発出
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=51


見ての通りシリア国内にいる人は退避!渡航は延期してくれ!という事になっており、今の情勢でわざわざシリア国内に入ろうという人はまず皆無です。
スポーツニュースによると首都ダマスカスになる可能性もあるとの事ですが、首都ダマスカスの状況は・・・

(4)首都ダマスカス市内において、2005年7月及び2006年6月にイスラム過激派武装テログループと治安部隊との間で銃撃戦が発生しました。
また、2006年9月には、イスラム過激派が米国大使館に対し、手榴弾や小銃等によりテロ攻撃を仕掛ける事件も発生しました。
2008年9月にはダマスカス市内で自動車爆弾の自爆テロにより多数の市民が死傷する事件が発生しました。
更に同年10月、ダマスカス市内で治安部隊とテログループとの間で銃撃戦が発生しました。
2008年2月には、レバノン政治勢力ヒズボラ幹部が、同年8月にはシリア軍幹部が暗殺される事件が発生しています。
2009年10月には、ダマスカス近郊で税関当局と密輸業者の間で銃撃戦が発生しました。


銃撃戦やら自爆テロやら暗殺やらと物騒な言葉が並んでいて、部分的に治安が悪い訳ではなくシリア全土が危険です。
これはアサド政権が崩壊するまで続くでしょうし、最近革命が起きた国同様にもしアサド政権が崩壊しても結局その後も大混乱となること必死。
これから数年はシリア情勢が落ち着くとは僕は思えません。


サッカー協会はFIFAに開催地変更を強く要望すべき

最近、政治とスポーツについて書いたばかりなのですが、今回に限って言えば「なでしこを政治利用」なんてレベルの話ではないです
リアルに生きるか死ぬかの問題です。
ただ、日本代表は行けと言われれば行くしか選択肢はありませんし、選手はここでいい結果を出さなければブラジルW杯への道は狭まります。

日本代表はサッカー選手である前に日本人である訳で、彼らを守れるのはサッカー協会もしくは国しかありません。
サッカー協会はFIFAに対して強く開催地の変更を求めるべきです。


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。