スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女子バレーワールドGPでロシアを撃破!有明コロシアムに試合を見てきました!

女子バレーボールワールドGP。
予選最終戦にて日本は世界王者ロシアと決勝ラウンド進出を掛けて戦いました。

1週間近く旅行に行っていたので途中の経過を知らず。
なんだかメディアの扱いも低くて買っていったスポニチにも悲惨なほど扱いは小さく。
ネットで探した順位表も「勝ち点???」とかで順位がつけられよくわからず。
(後で調べて3対0、3対1だと勝ち点3、3対2だと勝ち点2、負けチームにも勝ち点1という事がわかりました)

ともかく日本は決勝ラウンド進出ギリギリにいるという事だけは理解しました。

1試合目のセルビアVS韓国を見るために14時過ぎに有明コロシアムへ。

DSC_0040.jpg

有明コロシアムは大学生時代にテニスの東レパンパシを見に来た事がありましたが今回は2度目の来場。
代々木第一体育館よりこじんまりしている?席にも角度があってとても見やすかったです。
ただ、音響などの設備はほとんどないと思われ、マイクの声が響いちゃってMCが何を言っているのかよくわからないのが難点ですが、あくまでスポーツをやるための場所と考えればエンターテイメント設備は二の次でよしですね。

まあ、ガラガラのセルビアVS韓国。
DSC_0041.jpg

ただ、日本が決勝ラウンドに行くにはこの試合も大事。(と会場に行って知りましたが・・・)
前日圧勝している韓国はロシアを倒したりで、5勝3敗で日本と同じ順位。
セルビアは少し上にいるので、ここはセルビアがあっさり勝って韓国には沈んでもらうのがよさそう。
なんて、思っていたら韓国はまったくいいところなくセルビアに完敗。で予選敗退決定。

えーと、どうやってロシアに勝ったの???

お互いに単調な攻撃に終始していましたが、セルビアは高さとパワーがあるのでまあいいとして、韓国はキムヨンギョンだけの攻撃で想像以上に弱かった。
先日のサッカーでも思いましたが、バレーボールではサッカー以上に日本と韓国には大きな差がありますね。
もう「宿命のライバル」とかやめ・・・

まあ、よそはいいとして。

おりゃーーー!!!日本VSロシア戦!!!
僕も準備万態!!(300円で購入)
DSC_0044.jpg






前の試合があっさり終わったので、日本戦まで1時間半近く待ちました。
チアリーダーや応援団ががんばって間を繋ぎますがさすがに限界か??と思った頃にやっと選手が入場。
(変な芸能人とか使っていなくて好感は持てましたね)

まず一言!!!

ガモワでけえええええええええ!!!!

遠目で見ても分かるマウンテンぶり。なんて思ったらニセガモワみたいのがロシアには4~5人いるじゃん。
テレビでは見ていますが本物を見るとやっぱり高い。ロシアのこの高さは脅威ですな。

日本チームも練習開始。
DSC_0046.jpg

よしよし。オレの迫田は今日もスタメンだな!!!(ドヤッ)

ロシアの高さを見るとともかく竹下と佐野と中道が子供に見える。
高さがすべてではないとはいっても、ガモワの腰ぐらいまでしか身長がないのを見るとさすがに反則だろという気分にも。

国歌斉唱なり。この瞬間はどのスポーツでもビリビリ来るね。
DSC_0049.jpg

そして、試合開始。
本当に申し訳ないのですが、こんな展開になるなんて想像もしていませんでした。
「負けたらどうなるのか?」とか「2セットを何とか取って勝ち点1は取りたい」とか、負けるの8割で考えていた自分が恥ずかしい。

1セット目。
この大勝は結果的にこのセットが大きかった。
日本の動きのある素晴らしい攻撃と、ロシアのミスによって一時は大量リードを奪った日本。
ただ、後半ロシアも反撃をしかけて最後は24対23まで詰め寄られます。
ここで同点に追いつかれていたら試合全体の流れはまったく違ったものになったと思います。
結果、ラリー後に木村沙織が厳しいボールを決めて1セット目奪取。エースのエースたる由縁を見ました。

しかし、1セット目で1人だけ止められていたのが迫田。
僕は高い打点ときれいなジャンプが好きで最も好きな選手なのですが、きれい過ぎるというか正直過ぎるというか。
ロシアの高いブロックにそのまま真正面から勝負して止められるを繰り返していました。
(まだまだこれからの選手ですね!!)

2セット目から迫田の代わりに入った石田。
石田が尋常じゃないぐらいすごかった。試合結果を見ると木村沙織が石田を得点で1点上回っていたらしいのですが、現地で見ている限り石田がダントツ決めていたように感じるぐらいでした。
試合後に石田コールが起こっていたようにこの試合のMVPは石田と言ってもおかしくないでしょう。

加えて山本愛のサーブ。
山本のサーブが面白いようにミスを誘っていて、外から見ているとよくわからんのですが、きっとボールが鋭く変化しているのでしょう。
日本はロシアのリベロを狙っていた?ともかく、そのリベロがミス連発でガモワを含めたアタッカー陣にきれいなトスが上がらなかったのも勝利の要因。
僕の中では隠れMVPです。

1セット目を僅差で取ってからは一度も危ない場面もなく、内容的にも点数的にも圧勝という形で王者ロシアを倒し、日本女子バレーに取って歴史的な勝利となりました。

ロシアは決勝ラウンド進出が決まっていた事や世界ランキング3位の日本が目指すところはもっと高いところであるとはいえ、ガモアは明らかにイラつきの表情を見せていたし、この日の4チームの中で日本の横の動きは圧倒的に他を凌駕していてバックアタックを使った早い攻撃は、身長の違いを感じさせない世界No.1のテクニカルな攻撃だと感じました。
だからこそ、サーブレシーブが大事なんだな。

DSC_0051.jpg

この日、真鍋監督の誕生日という事もあって、会場ではハッピバースデーをみんなで歌って、いい雰囲気のまま決勝ラウンドに進みました。
なでしこジャパン同様に、ここ十数年の女子バレーチームの中で現在は最強のチームだと思います。
決勝ラウンドはもちろん、これはロンドンオリンピックで一番上のメダルが獲れるんじゃないかと本当に期待できますね。

【おまけ】
試合が終わって有明付近のビルにある飲み屋で友達と祝勝会をしていたら、木村沙織・狩野舞子・山口・佐野がすぐそばをフラフラと歩いていました(笑)
(やばい話じゃないから書いてもいいよね)

さすがに試合直後だし、僕もいい年なので「うおおおおおおおおおおお」と言うだけで止めておきましたが、スポーツ好きの僕としては芸能人を見るより興奮したな~

ともかく木村沙織の顔が米粒みたいに小さくて、本物みた人は絶対びっくりすると思うな~

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。