スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【MLB】西武中島が戦うヤンキース内野陣と比較したインフォグラフ

ヤンキース入りを目指す西武の中島がヤンキースで戦わなくてはいけない相手を表したインフォグラフです。
前々から1度作ってみたいと思っていたインフォグラフを作ってみました。

flowRoot3966-5-7-8.png

中島が出来ると思われるポジションはメインがショート。それにセカンドとサード。
守備にもユーティリティな中島ですが、ヤンキース内野陣は相当強烈メンバーです。

World Sports Wave:【MLB】ヤンキースと中島の交渉は決裂か??

上記ブログにも書きましたが、海外サイトを見てまわると中島とヤンキースの交渉は難航しているという意見も多く、少なくともヤンキースは中島を獲っても補欠要員として考えていると思うのが一般的意見です。

数字上だけで見れば中島も十分いい成績ですが、セカンド・カノはこの数字で将来を嘱望される逸材、ジーターは数字以上にヤンキースの象徴、A・ロッドは4番の大砲と数字だけでは図れないそれぞれの役割が確率されています。

こう見ると何でヤンキースは中島の交渉権を勝ち取ったのか?疑問すら沸いてきますね。
昔、サッカーでイタリアの至宝トッティがいるのにまったく同じポジションの中田ヒデを獲ったローマみたいです。

中島の実力は日本野球だけでなくWBCなどで十分見せ付けていますし、ヒットもホームランも打てる、守備もうまい、チャンスに強いという、オールマイティなプレーヤーなので普通に出れれば結果は出せると僕は考えます。
ただ、どう考えてもケガ以外でヤンキースがジーターを外すとは思えずショートに入るのは難しいだろうな・・・


関連記事

この記事へのコメント

名無しさん@ニュース2ちゃん : 2012/01/19 (木) 21:26:40

カノは将来嘱望されていたのは3,4年前までですよ。
今現在は29歳ということでもうピークの真っただ中で場合によってはピークは去年一昨年なのではと思っています。
もってもあと2,3年去年の活躍ができるかどうかでしょう。

なぜか日本ではあまり知られていませんが、メジャーリーグではプレーヤーのピークは25~28歳辺りとFA取得前後がほとんどだという事実が10年ほど前に統計学的に明らかになりました。
そのため最近は30歳過ぎの大型FA契約はあまりなくなりました(それでもまだまだ失敗を繰り返すかのように去年は30過ぎのジェイソン・ワースやカール・クロフォードなどが7,8年の大型契約を結びましたが)。
そして有望選手を25歳ほどで長期契約してしまうケースが圧倒的になりました。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。