スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザック・ジャパンの流儀」を読みました!!

ザック・ジャパンの流儀 ――日本代表、2014年ワールドカップへの道 (学研新書)ザック・ジャパンの流儀 ――日本代表、2014年ワールドカップへの道 (学研新書)
(2011/09/20)
矢内由美子

商品詳細を見る


内容説明
サッカー日本代表監督・ザッケローニの言葉・行動から見える「流儀」。それはなぜこんなにも魅力的で、日本人の心を掴むのか。「ザック・ジャパン」の誕生、激動のアジアカップ、東日本大震災―。就任から400日、怒涛のドキュメントと共にその答えを追う。

内容(「BOOK」データベースより)
サッカー日本代表監督・ザッケローニと、彼に導かれた選手たちは、いまだかつてない輝きを見せ、ピッチを躍動している。一体、それはなぜなのか?そこには勇気とバランス、そして日本の誇りがあったのだ。この本はザッケローニが日本代表監督に就任した瞬間から起こった様々な出来事をドキュメントとしてまとめながら、一貫して取材を続けてきた筆者だからこそ見えた、『ザック・ジャパンの流儀』を記したものである。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
矢内 由美子
北海道生まれ。北海道大学卒業。スポーツニッポン新聞社に入社後、F1、五輪、サッカー、テニスなどの担当を経て、以後フリーランスとして活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



久々にスポーツ本レビューです。
これはおもしろかった。

本の概要

内容は上記アマゾンからの引用で間違いはなく、ザッケローニ監督がどう選手の心をつかみ、日本人の心をつかみ、結果を出してきたのか、をザッケローニ監督の生い立ちからヨーロッパでの監督時の歴史、日本代表監督就任に至る過程、就任後ザッケローニ監督が行なう選手へのアプローチの仕方、アジアカップでの激闘、3-4-3へのこだわりなど、この本1つでW杯後の日本代表がすべてわかる本です。

ただ、要はザッケローニ監督がどれだけ優れた監督で、日本人選手や日本サポーターに好かれているのか?が書かれているといっても過言ではありません。

なぜザッケローニ監督は日本人から好かれるのか?

まだ1年も経っていないとは言え、僕の知る限りここまで日本人全体に支持されている日本代表監督を見たのは久しぶりです。
日本がW杯に出るようになってからの代表監督で一番支持されたのはジーコだと思うのですが、ジーコの場合はもともとの実績と人気、アントラーズでの活躍があっての支持であり、スター選手をとりあえず集めるという分かりやすい戦術もありましたが、結果W杯前にチームは崩壊し、戦術なしで人気先行だった事は否めません。
逆にW杯で結果が出たトルシエと2回目の岡田さんは、W杯前にサポーターから支持が強くあったとは言えません。

ただ、ザッケローニ監督の場合は一般の日本人から見ればほぼ「だれそれ?」状態で就任したのにも関わらず、テレビやネットはもちろん僕の周りでも不満を漏らす人を見かけた事がないぐらい支持されていると思います。
そりゃ、就任早々にアルゼンチンに勝ったり、アジア杯も劇的な勝ち方をして、結果が出ている訳なので文句の付け所がないのはわかりますが、それ以上にザッケローニ監督の場合は結果だけの人気では間違いなくないと感じます。

なぜ選手がザッケローニ監督を支持し、サポーターが今の日本代表を信頼できるのか?そんな疑問をすべて取り払ってくれる本だと思いました。

日本代表監督がザッケローニ監督で本当によかったと思う

ザッケローニ監督と選手間での信頼関係を描いた場面ではグッと来るようなエピソードもあり、この本を読む事で多少日本代表が今後つまずく時期があったとしても、僕はザッケローニ監督と心中してもいいと思えるような気持ちになりました。

人間性、人の心を掴む力、しっかりとした戦術論、信頼関係、そして結果。
なかなか決まらなくてやきもきした日本代表監督でしたが、結果的にザッケローニ監督になって本当によかったと1人のサポーターとして思います。


関連記事

この記事へのコメント

ななみ : 2012/01/10 (火) 00:30:46

お邪魔します。
持論の正当化に躍起になっている某ライター(もどき)名をググったら、こちらに辿りつきました(笑)

「ザック・ジャパンの流儀」、私も読もうか迷っていた本でした!

JFAの公式HPにあるザッケローニさんの手記を時折チェックしているのですが、
伝わってくる人柄の良さ、日本という国を尊重する気持ち、
そして何より、日本代表監督という「仕事」に対する熱意に感銘を受けます。

監督がザッケローニさんになってから、代表の試合を観るのが本当に楽しい!

管理人様と同様、私もザッケローニ監督に対しては
どこまでもついていきたいと思っている人間の一人です。
たとえこの先、負けがこむことがあったとしても。

でも、そうならないよう精一杯応援するつもりですけどね(笑)

履歴書の書き方 : 2012/04/15 (日) 11:29:52

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。