スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【テニス】錦織圭が全豪オープンベスト4を逃すもランキングトップ20がほぼ確定で喜びのコメント

nishikori_D_20120125040148.jpg

テニス全豪オープンでベスト4を目指してアンディ・マリー(4位)と対決し残念ながら負けました。
しかし、これで次のランキングではトップ20入りが予想されており、負けはしたものの喜びのコメントがWSJに載っていたので要約します。

彼は月曜日に発表されるATPワールドツアーランキングで20位に入ると想定されています。
日本人男子ではこれまでで最も高いランクです。

(負けた事は)残念にも関わらず、錦織圭(22)は2012年に最初に目標としたトップ20に入る事に興奮していました。

「たった2ヶ月で(20位に入る事)を達成できた事は信じられません。私にとって本当に素晴らしい週でした。」
と錦織は笑った。そして次はトップ15に入る事と小さい目標を作りました。

「選手として25歳がフィジカルの強さやコンディションが完璧なレベルになる年齢である事からもっとチャレンジします。グランドスラムで勝つために、私はツアーで最も大きい選手ではないため、もっと適応力とスマートでなければいけない。パワーがないのでもっとスピードが必要です。
このニュースでみんなが喜んでくれたら私も嬉しいです。」

対戦相手のマリーはこう話しました。「錦織はコートでとてもクレバーな選手だと思います。とても早く、彼のキャリアの中でもベストなプレーをしていました」

WSJ:Nishikori: Out of Aussie Open, But Not Down



nosportnolife_20120110213533.jpg
ベスト4は惜しかったですけど、内容は完敗だったみたいですね。
コメントにもあるように錦織圭は体格的に他の選手より劣っているので、ここから上に行くにはパワーで勝負せずにテクニックでの勝負が必要です。

これでトップ20。ただ、個人的にはランキングが上がるのも嬉しいですが、グランドスラムで日本人が優勝する姿を1度でも見たいのです。
最後のポイントを取った瞬間をリアルタイムで見れたら僕は興奮して死ぬかもしれません。


本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)本気になればすべてが変わる―生きる技術をみがく70のヒント (文春文庫)
(2011/08/04)
松岡 修造

商品詳細を見る
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。