スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サッカー】最悪な試合で最悪な結果になったU-23オリンピック代表

それにしてもひどい試合だった・・・

シリアに負けてロンドンオリンピックに黄色信号

昨日のオリンピック最終予選、U-23日本代表VSU-23シリア代表はまさかの終了間際弾で1-2で敗戦。
自力での1位通過がなくなり、残り2試合を勝つのはもちろん大量得点が必要となってしまいました。

山崎の負傷退場の直後に出た大迫がFKをバックヘッドして失点。
永井のゴールで追いついたものの、終了間際にはロングシュートがそのままゴールへ吸い込まれての負け。
僕だけではなくツイッターやブログなどを見てもシリアが勝つべくして勝ったとしか言いようのない試合でした。

なんであんなに怖がってロングボールばかりなの??

確かにピッチはボコボコでパスの繋がりづらい環境だったのは否めません。
ただ、絶対に勝たないといけないシリアのプレスに押されて、まさにビビッてクリアするばかりの対応に高校サッカーでも見ているのかと思ったぐらいです。

ここ数年の代表の試合でも最低レベルの試合。

2ボランチはズルズル後退してトップとの距離が伸びまくった事でビビリクリアはことごとくシリアに取られて攻められるの繰り返し。
あれは作戦なの??スピードのある永井をスペースに走らせてという類のものでもないし、大迫のキープ力を活かしにいったようにも見えない。

あれが作戦というならば監督交代ですよ。

結局、勝ちに対する気持ちがシリアに少しどころかだいぶ負けていただけか。
最後のゴールはシュートを打てば何かが起きるんだの典型で、引き分けでは絶対にダメなシリアの思いっきりのよさが奇跡を呼んだと言えるでしょう。

我らが酒井もまったく見せ場なし

日に日にオリンピック代表で注目度が増してきていて心配だった我らが右サイドバックの酒井宏樹。
逆サイドの比嘉も同様だけど、クロスらしいクロスが1本もなかった上にパスミス連発で、効果的なサイド攻撃は大げさじゃなくゼロ。
そもそもオリンピック代表にフィットしていないのはレイソルサポなら誰もが感じていたところだろうけど、一緒になって苦し紛れのロングボールを蹴ってみたり、自分が裏を取るどころか逆に裏を取られる場面も多数で、ヒイキしたいところなんですがさすがのレイソルサポでもフォローできません。

良かった点を探したいけど。。。

復帰したキャプテン山村も?で扇原が出てきた瞬間にリズムが良くなるわ、権田は責めたくないけど百歩譲って2本の内1本は何とかして欲しかった。
文句ばかり言いたくないけど、良い点を見つけるのが難しい試合でしたね。

無理やり見つけるとなると大迫のキープ力はそこそこ効いていたような。扇原もよかったですね。
永井はさすがのスピードを1度見せましたが、あの展開では他にいいプレーを見せるのは難しい。
あと何かあるかな??

ともかくプレーオフなんかに行って欲しくないし、ロンドンオリンピックには行って欲しい。
大津がいれば、清武がいれば、宇佐美がいれば、宮市がいれば、そう言う人は多いけど、問題はボランチから後ろにあるような気がするので、まずはそこを何とかしないと。


関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。