スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【サッカー】ベルギーリーグはビッククラブへの近道なのか?よくわからん。

永井と小野がスタンダール・リエージュへ

日本代表のGK川島がいる事で有名なベルギーのスタンダール・リエージュが突然名古屋の永井とマリノスの小野裕二を獲得する事を発表した。
川島以外で思いつくのは師匠こと鈴木隆行がベルギーでプレーしてたのぐらいで、突然2人も獲るとはこのスタンダールってチームの意図がいまいちわからない。
なんだろう。やっぱり川島がいい奴なんで「日本人いけるじゃん」的なノリなんだろうか。
永井やオリンピックの活躍もあってわかるのだが、マリノスの小野あたりに目を付けるとはなかなか渋いというか、いい選手なのでお目が高いというか、ともかくJリーグを注意して見ていたという事だけは間違いなさそうだ。

ベルギーリーグってどうなの?

永井も「自分の夢のため・・・」なんてコメントしている訳だが、そもそもベルギーリーグってどうなの?
当たり前だがベルギーが最終地点ではなく、そこからステップアップしてビッククラブへの移籍が目標なのだろうが、そんな道があるのだろうか。。。
川島はGKというポジションであの川口でも全然ダメだった未知数の海外移籍という事で、まずはベルギーで・・・なんて思っていたが、現在のところACミランの控えキーパーなんて噂はあったがベルギーから出れる感じでもない。

最近ベルギー代表は素晴らしい若い選手が出てきており、クラブワールドカップにも来ていたチェルシーのアザールやマンチェスターCで主将もつとめるヴァンサン・コンパニなどがいてレベルが上がってきているのは間違いない。
しかし、ベルギーの有望な若手は年齢が若いうちに青田買いされて他リーグへ移籍しちゃって、調べたら現ベルギー代表も国外組が20人近くいるという状況らしい。
どうもベルギーリーグで長く活躍して代表で・・・なんてのは少なくて、いい選手はバンバン他に出ちゃって他国のビッククラブに移籍して・・・て感じ。
そう考えるとベルギーリーグのレベルが高いとはやはり思えない。

かといって、グランパスやマリノスでコツコツやっていてもチャンスが巡ってくる可能性も高くないだろうからとりあえず外に出るという気持ちもわかる。
どっちが正しいのかわからない。

2人ともレギュラーになれるのか。

このスタンダールというチームは現在リーグ4位なのだが、チームとしてはベルギーリーグの強豪チームであり最初川島がベルギーの弱小チームに入ったのよりは少し近道したと言えるだろう。
がんばればチャンピオンズリーグへの道もあり、ビッククラブとの対戦も出来るかもしれない。
ただ、この2人がレギュラーになれるかは未知数。
そもそも2人ともグランパスでもマリノスでも不動のレギュラーという訳ではなく(ですよね?)、それぞれ長所がはっきりしたタイプだがまだ粗削りな印象はぬぐえない。
永井はスピード、小野はドリブルという武器があるのだが、もしスタンダールがポンポンロングボールを放り込むようなチームだったら相当辛いだろう。

しかし、2人が加入して川島を含めた3人の活躍で優勝争いに加わる事が出来れば日本の評判は一気にあがるだろう。
そんないい方向で期待を裏切ってくれれば永井も小野も日本代表への道が見えてくるだろう。
関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。