スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【相撲】高見盛が引退でまた1人相撲の人気者がいなくなった件

高見盛引退

大相撲の元小結で東十両12枚目の人気力士、高見盛(36)=本名加藤精彦、青森県出身、東関部屋=が初場所千秋楽の27日、現役を引退した。

引用元>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?b=20130127-00000048-jij-spo

大相撲初場所、日馬富士が白鵬を倒して全勝優勝をしたこの日、また1人人気力士が引退を決めた。
高見盛は5勝10敗と負け越し幕下への転落が決定。
古傷の右ひざに加え、初場所中は右肩も痛め、腰や首も疲弊していたようだ。

笑いの中の引退会見

高見盛の引退会見は約30分行われた。
日刊スポーツによるとこんな感じだったそうだ。

高見盛「相撲界をもっと盛り上げて、若い力士をガンガン増やしたい」

親方「早く嫁さんをもらって!」

高見盛「それは、なるようにしかならないと思いますが…」

親方「いい嫁がいれば…。(故郷の)青森(出身)はいいよ。都会はダメよ」

高見盛「そういうしばりをするとややこしくなるので…」

親方「グラマーな子がいいよ」

高見盛「とにかく、いろんな所に足を延ばして出て行って、知り合いを増やして。そこからできれば…ということです」

相撲を知らない人でも知っている人気者

高見盛はバラエティ番組などにもたまに出ていて数少ない相撲界での有名人だ。
正直、最近見なくなってしまった相撲だが、知っているのは白鵬と日馬富士の両横綱ぐらいで日本人力士は高見盛ぐらいしか知らない。
逆を言えば日本人力士の次世代のスターが出てきていない証拠で、強いでもいいし、キャラクターでもいいし、相撲をもう1度見直そうと考えるような力士が出てきて欲しいと思っているのは僕だけではないだろう。
高見盛は実力よりキャラクター先行だったが相撲界を支えてきた重要な1人である事は間違いないであろう。
今後は(よくわからんが)部屋付き親方の年寄「振分」という立場になって親方を目指す?のかな?のようなのでぜひとも高見盛2世を輩出して欲しいな。

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。