スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【競馬】アンカツこと安藤勝己騎手が引退!!

安藤勝騎手が引退「納得いく騎乗できなくなった」


f:id:rei0721:20130130145931j:plain


 GI通算22勝の“アンカツ”こと安藤勝己騎手(52)=栗東・フリー=の引退が決まった。近年は体力面などを考慮して騎乗数を限定してきたが、腰痛の悪化と体重増加のため、昨年11月24日の京阪杯(パドトロワ15着)のあとはレースに騎乗していない。同騎手はけさ、「昨年の秋くらいから、納得いく騎乗ができなくなった。今までどおり騎乗数を絞ることも考えたが、引退を決意しました」とコメントした。

引用元>http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130130-00000507-sanspo-horse


素晴らしい騎乗を何度も見せてくれたアンカツ

最近、レースで見ないなと思っていたのだがまさか引退とは。
一時期は「またアンカツかよ」とG1で呟いたこともあるような名ジョッキーだった。
何より地方競馬から中央の試験に合格し、中央へ移籍してきた先駆けでもあり、中央移籍後も勝ちまくった事で地方競馬の騎手のレベルが低くない事を証明してきた人物でもある。
そんなアンカツも年齢を見れば52歳なのか・・・>いくら騎手の寿命が長いとはいえ、52歳ともなれば怪我や体調管理などが楽な訳はない。引退するにはちょうどいい頃合いなのかもしれない。お疲れ様でした!!

アンカツ騎乗のレースベスト3

そんな訳で(どんな?)勝手にアンカツが騎乗して思い出に残っているレースベスト3をYoutubeを駆使してご紹介したい

第3位 2010年 NHKマイルカップ ダノンシャンティ
日本レコードをたたき出した強烈な末脚に惚れた。

2010年 NHKマイルカップ ダノンシャンティ

第2位 2004年 日本ダービー キングカメハメハ
故障しなければ歴史的な名馬になったと思うんだけどな。

2004年 日本ダービー キングカメハメハ 安藤勝己.mp4

2008年 天皇賞秋 ダイワスカーレット
ウオッカに敗れて2着も、超ハイペースで逃げながらハナ差まで持ってきた歴史に残る名勝負。

2008 天皇賞秋

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。