スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8座 丹沢の巻(中編)

丹沢登山の中編です。

ちなみにまだ足が筋肉痛です。



9:22


二ノ塔到着


二ノ塔までヤビツ峠から約1時間15分程度。

全体を通して見ると本当に最初の最初なんですが、ここまででも結構へばりました。


二ノ塔は1144mあるらしく、頂上は広場のようになっています。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


ベンチのような座れる場所があるので、10人近い人がそこで休んでいました。


この日はともかく天気がめちゃくちゃよくて、ものすごい景色がよかったんですよ。

神奈川県って立地もあって、富士山がどか~~~んと見えます。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


すげ~~~!!!


後でわかったんですが、大倉バス停の方のルートは林に囲まれた道が多いのに対し、ヤビツ峠からのルートは開かれた場所がとても多く、登っている最中もずっと景色がいいんです。


塔ノ岳も遠くに見えていて、まだかなり遠いいな~なんて言いながら登ることになります。

次は三ノ塔を目指すのですが、せっかく登ったのにまた下り始めます。


町側は。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)



階段をまた登る!登る!



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)



ついでにもう1枚。もしかしたら、ここが三ノ塔かも。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)



途中にあった山小屋。


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


10:02


鳥尾山到着



え~と、三ノ塔の写真を撮るのを忘れちゃったみたいで、何時に通過したのかわからなくなっちゃいました。

それで気づいたら鳥尾山に到着。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


ここには鳥尾山山荘があって、宿泊したり、ご飯を食べたり、コーヒーを飲んだり出来るようですが、たぶんやっていなかったと思います。


料金表が貼ってあったのですが、人影はありませんでしたので。


安全祈願!!


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


ここら辺が塔ノ岳までの中間地点ぐらいかな??


それにしても、スタート地点のヤビツ峠が761m、塔ノ岳が1491mなので、そこまで標高差がないようにみえますが、二ノ塔・三ノ塔・鳥尾山のそれぞれが山になっているので、登っては下り、下ってはまた登るって感じで標高差以上にアップダウンが激しいです。


ずっと登りもきついですけど、せっかく登ったところをすぐ下ってしまうのも精神的にきますよね。


ここの下りは結構激しい箇所もあって、写真のようにロッククライミングばりに鎖に捕まって下りるようなとこもありました。
(写真は友達です)



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)



10:56


新大日到着



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


新大日は1340mにあるので、塔ノ岳までは後ちょっとですね。

ここにもたぶんやっていないだろう山小屋がありました。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


たぶん、新大日茶屋です。

ここも宿泊や休憩、飲食が可能です。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)



11:30


塔ノ岳到着



塔ノ岳到着の200mぐらい前から、完全にガス欠しました・・・


体力的な面より足がともかく上がらなくなってしまって、頂上は目の前に見えているのに足が進まない。

3歩進んで休んで、3歩進んで休んでを繰り返します。


あの急勾配の男体山でも上りでは足は止まらなかったのに、たぶん上り下りを繰り返したので思ったより足に負担が掛かっていたと思われます。


後5分かそこらのところで5人以上に抜かれながら、やっと塔ノ岳に到着しました。


まず最初にお出迎えしてくれたのは鹿です。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


かわいいっすね~


たぶんこの頂上に住みついているんだと思うのですが、人間に対してまったく警戒心がないんですよ。
2~3m先でご飯を食べている人がいてもお構いなしで、ボケ~っとしております。


そして、頂上はかなり大きな広場になっていて、まず驚いたのは人の量ですね。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


何十人もの人が普通に座ってご飯を食べていて、ピクニックなんかでにぎわう公園みたいな感じです。
一応、1500mにある山の頂上ですけど。。。


そして、1491mを表す塔ノ岳のシンボル。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


いつもなら「とったど~~~!!」とかやるんですが、カメラ待ち状態になっていて人が群がっているので今回はやめておきました。


地蔵的な。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


頂上にある尊仏山荘。


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


かなり大きな山荘で、もちろん宿泊も出来ます。

カップラーメンの販売やコーヒーやビールなんかも売っていて、室内にある休憩スペースで飲食可です。

トイレもあり、1回50円。


それにしても、丹沢の設備はすごいな~何でもあるじゃん。

行きも帰りもそうですが、何個も山荘や山小屋があって、宿泊できたりいろんなものが買えます。


トイレにも困らないし、食料については現地調達でも全然大丈夫かもしれません。


これまで見てきた山は、途中や山頂に山小屋があっても非難小屋って位置づけで中は風や雨をよけるためだけの空っぽの小屋がほとんどです。


ここまで何でもある山は僕の少ない経験では、一大観光スポットとなっている高尾山ぐらいで、それに匹敵するすごさです。


そういえば、登山道も丸太の階段や木で作られたハシゴなどがたくさんあり、すごく整備されていました。


人気スポットだから設備を整えたのか、設備を整えたから人気スポットになったのかはわかりませんが、丹沢は厳しい山であると共に人気の観光スポットという側面も持っているようです。



富士山見えるかな??



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


これはよくあるけど何て言うんだ??


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


ここで当初の目標だった丹沢山に行くか友達と話し合います。
大体、事前の情報だと丹沢山までは片道1時間ほどの距離です。


友達は僕の1.5倍ぐらいの体力の持ち主なので、当然丹沢山に行きたいと言います。


ただ、僕は塔ノ岳の直前にパッタリ止まってしまった事もあり、無理だと逃げ腰。


もちろん僕としても丹沢山の山頂にははっきりと「日本百名山」という看板が立っていることを知っているので、それを写真に収めて「百名山とったど~~!!」と言いたいのはやまやま。


でも、山で無理をするのはよくないので、ここは別々に行動することにしました。
(結果的には1200m近くも下らないといけないので、この判断は正しかったと思います)


一応、帰りのルートだけお互いに確認して、友達はさっそく丹沢山に向かいます。


僕はあせって下りる必要もないので、尊仏山荘でコーヒーでも飲もうかと思いましたが、何やら人が多そうだったのでやめました。


おにぎりを2個食べて、さっきと別の角が立派な鹿を見ながら休みます。



山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)



30分以上はゆっくりしてたのですが、寒くなってきたので出発しました。


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


(続く)




おまけですが、ここで尊仏山荘を外から覗いただけで入らなかったのを本当に後悔しています。

毎回、日本百名山に登ったら登山バッチを買おうと思っています。


ちょこちょこ山荘があったのですが、どこにもバッチが売っていなかったんですよ。
結局、下山するまで見当たらず、せっかく登ったのにバッチゲットならずです。


下山後、携帯で検索したら塔ノ岳のバッチはちゃんと存在していて、尊仏山荘で買ったという事を書いている人がいました。


てか、ホームページ見たらやっぱり売ってた~~~


尊仏山荘
http://www.cnet-sb.ne.jp/sonbutu/sansoinfo.htm


頂上ではバッチの事をすっかり忘れていて、山頂に売っている可能性が大きかったのにスルーしてしまった事を本当に後悔です。



関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。