スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1座 日光霧降高原の巻

2009年7月26日 日光霧降高原 大山コース

所要時間 約4時間半
距離 約9km

参考ホームページ
http://www.nikko-jp.org/hiking/kirifuri_oyama.html

広域地図
山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

詳細地図
山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

コース
東武日光駅⇒(バス)⇒霧降高原駐車場⇒(リフト)⇒高原ハウス⇒

大山⇒猫ノ平⇒つつじが丘⇒山のレストラン(昼食)⇒大江戸温泉物語



過去の話になってしまうんですが、これが記念すべき第1回目の登山記録です。
行ったのは栃木県日光にある霧降高原。

なんでここにしたと聞かれれば、友達が行きたいって言っていたんですね。
ともかく2人とも初級者なので、様子見って感じでチャレンジ。

ちなみにこの時はブログに書くつもりもなかったので、写真があまりありません。。。
次からはポイントポイントで写真取っておこっと。


6:20 
浅草駅集合

ここから東武線の特急?快速?に乗っていざ東武日光駅まで。
てか、朝が早くて眠すぎる・・・

電車内には早朝にも関わらず、同じ登山客が結構いました。
2時間の電車旅。ここでコンビニで買ったおにぎりを2つ食べる。

その後、DSでドラクエ開始。
友達は何も持ってきていないため、「暇だ、暇だ」とうるさい。

8:30
東武日光駅到着


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

山小屋を大きくしたような駅でおもしろい。
ここからバスで霧降高原駐車場まで約30分かけてのぼる。
(霧降高原駐車場ってのは勝手につけた名前です。)

9:15
霧降高原駐車場到着。

ここからリフトで少し上まで行く。
車で来た人はここに車をおいてリフトに乗るっぽい。

2人して適当な性格なため、いまいちコースを理解していない。。。
なんで、リフトのおじさんに確認。

結果、3本リフトがあったが、僕らは第1リフトまで。

9:45
高原ハウス到着。

第1リフトで上がってくると、高原ハウスなるレストラン?が。
実はここは丸山って山の途中で、このままリフトに乗るか、普通に登ると丸山の山頂にいける。らしい・・・

丸山の山頂に行く丸山コースは、往復で2時間かかる。
行くか迷うも、ヘタレコンビは「まっ、いいか」とそのまま大山コースへ。

10:00
大山コースへ出発。

まずは第1ポイント。大山に向かう。
ただ、大山も立派な山だがあまり高くない山のようだ。

ここら辺で薄々気づいてはいたけど、バスに乗り、リフトに乗り。。。

出発地点が一番標高高いんじゃね???

登山って言うか、下山じゃね???

ま~細かいことは気にしないのが僕のいいところ。
下りながらも山道を進む。

登山(下山?)来た~~~って感じ。

ちなみに大山の山頂付近は牧場になっているという友達情報。
朝一番でおにぎり食べただけの僕らは

牧場でアイスクリーム食うか!!

とか

いやいや、焼肉食うか!!!!

とか言って盛り上がる。

11:00
大山山頂(1,158m)へ到着。

ここはさすがに登り。
すっごく景色がきれい。

他の山とか高原とかが広がっていて、壮大な景色が広がる。

そして、はしゃぐ!

確かに山頂付近は牧場になっている。

牛さん発見。
山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

牧場の中を突っ切っていくため、牛さんの大群の脇を歩いていく。

おっしゃ~~~焼肉屋はどこだ~~~!!!

と盛り上がる。

進むにつれ、嫌な予感。
焼肉どころか、アイスクリームというか、建物自体がまったくない・・・

てか、舗装された道路もないのに焼肉屋があるわけがない。
結局、ただの牛がいる高原だった。。。

友達の適当情報に「お前調べてきたんじゃないのかよ~~」と切れる。
追い討ちをかけるように地図に

「牧場は道がわかりづらい」

と書いてあったのにも関わらず、道に迷う。
約30分は遠回りすることに。

さらにあっちこっちに落ちている牛の糞を踏む(涙)
この牧場にいい思いではなくなった。

12:30
猫ノ平たぶん到着。

何があるわけでもないので、ここが猫ノ平かどうかも怪しい。。。
ここからつつじヶ丘に行く間に滝が3つあるらしい。

この先の道はまさに道なき道を行く。
草が生い茂った急激な下り坂が続く。
5回は足を捻り、4回はすべって転びそうになる。

ただ、転んだら骨折は確実なので必死。

マックラ滝到着。

名前の由来はわからないが、気に囲まれていて周りがとても暗かったのでマックラ滝なのかな?
5mぐらいはある滝で、滝のすぐ近くまでいけるので友達ははしゃいでいた。
水しぶきが気持ちよく、マイナスイオンたっぷり。

ちなみに僕は足が痛くて、休憩。

下山となめていたが、約3時間も歩くとさすがに足にくる。
ここで牛の糞を踏んだ靴をこっそり洗う。

2つ目の滝。玉簾ノ滝到着。

マックラ滝よりは小さく、迫力はあまりなし。

3つ目の滝。丁字ノ滝到着。

ともかく腹が減って死にそうになる。
登山初心者2人は、もちろん食べ物なんか持ってきておらず、空腹で意識朦朧。

焼肉食べれなかったのが痛い。。。

ここら辺の滝は道路に沿ってあるようで、車を道に止めて滝だけ見に来ることも可能らしい。
ヒールの女の子とか明らかに登山目的じゃない格好の人が多かった。

3つの滝を見終わって、つつじヶ丘へ向かう。

さすがに足と体力がきつくなっている上に、何も食べていないのでつらい。。。
っと思ったら、ここまで散々下りだったのに、急に登り階段が続く。

つらい、足痛い、腹減った

エイドリア~ン!!!!!!(意味なし)

14:00
つつじヶ丘到着。

後から知ったが本当はつつじが花を咲かせているらしい。
時期が外れているせいか、まったくなかったけど。

あった~~~店があった~~~~!!!

今ならラーメン20杯ぐらい食べれる(嘘)
売店みたいのから、小さなソバ屋なんかもあったが、せっかくなんでちゃんとしたレストランへ。

「山のレストラン」というちゃんとしたレストランに入ってみる。

http://www.mapple.net/spots/G00901069503.htm

なんだここ??

すでに14時過ぎ、それも日光の山の途中。
なのにやけに混んでいる。
待ち客がすでに5組ぐらいいて、20分ぐらい待たされた。

人気店なのかな?

ほんで頼んだのがこれとビール。


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

めちゃうまかった。

ビール最高!!!のつもりが、疲労で味わえず。。。

15:15
霧降滝を見に行く

この滝については写真を取らなかったのが悔やまれる。

このサイトでどんなのか確認してください!

http://e-hiking.jp/kirifuri/kirifuritaki/index.html

「山のレストラン」から5分ほど歩く

滝発見。
霧降滝はあの有名な華厳滝と裏見滝とならんで日光三名瀑らしい。

これまでの滝と違ってすぐそばで見れるわけではなく、展望台のようになっている。

壮大かつ緑がきれい。

この滝を目的でここまで来ている人も多そう。

15:30
大江戸温泉へ向かう

本当ならばこのまま下って東武日光まで行くのが正規の大山コースなのだが、

この後はもちろん温泉!!

ってことで、事前に調べておいた

大江戸温泉物語

へ向かう。

大江戸温泉物語とは言わずとしれたお台場にある大江戸温泉物語の日光版です。
ただ、今いる場所から2km近く上にある。

もう、バスでいいや~と思ったのもつかの間、バスは1時間後とかしかない。。。

バス停にして3つ分ぐらいだから、歩いて行くか!

せっかくビールで一息ついたのに、上りの道路をひたすら歩く。

約45分。休憩なし。

ここが一番きつかった。。。

舗装された道路だったから、くじきまくった足首の痛みは平気だったが、体力的に限界。
やっぱり上りはきついな~

途中でチロリン村なるお遊びスポットを通る。

そんなこんなで温泉に入って、またビール。
本当はゆっくりしたいのだが、なんせ電車があまりないし、送迎バスも本数少ない。

温泉も入れて1時間ぐらいの滞在で、バスで下りて、東武日光駅へ到着。


帰りの特急が満席だったため、JR日光駅までちょっと歩き、宇都宮経由で東京まで帰りました。

結構きつかったですけど、自然を堪能できたし、最初にしてはいい登山(下山?)だったと思います。





関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。