スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第8座 丹沢の巻(後編)

丹沢最終章です。塔ノ岳から下山するわけですが、帰り道は大倉尾根(通称バカ尾根)を通って大倉バス停に戻ります。

12:00
塔ノ岳出発

この日は大変天気がよかったのでとても暖かく、半そでで登っている人もいました。ただ、さすがに山頂は風が出てきたせいもあり寒くなってきました。
丹沢山に向かった友達に、追いついてみせるから12時30分までここにいてくれって言われたのですが、下山しちゃおっと。
ちなみに大倉までは7km。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

結構あります。。。

ここから大体1時間ぐらいはひたすら下りの階段が続きます。
逆を言えば、登ってくる場合は最後の1時間はひたすら上りって事ですね。
足が痛くなっちゃってたこともあり、下るのも一苦労。先が思いやられます。
それにしても次から次へと登ってきますよ。
外人さんには「コンニチハ」、団体さんには「こんにちは、こんにちは、こんにちは」。
団体さんがたくさんいるので、挨拶も大変です。
先頭の人に言ったら、後ろの人にも言わないと感じ悪いし。
さすがに団体さんに何度もすれ違ったので、途中から団体さんだけあちらから挨拶された時だけ答えるようにしました。
あっ、他にも最後の上りで死にそうになっている数人に無視されました(笑)

12:26
花立山荘到着

約30分で花立山荘に着きます。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

長い階段の途中の休憩スポットといったところでしょうか。ここも宿泊や飲食が可能のようです。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

急いで下りる必要もないので、中を覗いてみました。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

そしたら、カキ氷を食べている若い3人組。すでに11月の中旬。標高1000m以上の場所でカキ氷を食べるってすごいですよね?
ただ、それぐらい暖かいというか暑いぐらいで、僕も食べようか迷ったぐらいでした。そんでメニューを見ていたらカップラーメンとかもあったんですが、普通のうどんの文字が。
頂上でおにぎり食べたばかりだったのですが、朝ちゃんと食べなかったこともありお腹がすいていたので食べることにしました。
これがうどん。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

まぁ、こんな場所なのでちゃんとしたうどんが出るとは思ってなかったんですが、よくスーパーとかで売っている鍋焼きうどんですね。
水を入れて、そのまま火にかけて出来上がりみたいな。たぶん、それにタマゴを追加したのかな?
もう上りはないし、時間はゆっくりあるし、山荘の中はほどよく暖かいし、うどんはおいしいし。
なんだかマッタリしちゃいましたね。
もう登るのに疲れたおっちゃんとかがいて、奥さんに「俺はここで待っているから、頂上までいってこいよ」なんて言ってたのが笑えました。
たぶん、ここで1時間半近く待たないと奥さん戻ってこれないよ~なんて思いながら。

うどんを食べて出発です。
まだまだ階段は続く。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

でかい岩を撮影するという名目で休憩(汗)

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

僕より後に来たカキ氷3人組にあっという間に抜かれました・・・やるね・・・

13:15
堀山の家到着

長い下りの階段が終わり、林に囲まれた道をさらに下り、堀山の家に到着です。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

どうも大きくはないですけどここも宿泊施設のようです(何個あるんだ?)バカ尾根ってのがどこからどこまでを指すのかよくわからないのですが、堀山の家を境にして少し傾斜が楽になりました。
ここはちょっとだけ休んで出発です。
上りが得意ってわけじゃないんですが、下りは完全に不得意なので、足が痛くてしょうがない。
傾斜は緩くなったんですけどペースが上がらない。
結構な人に抜かれました。
山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)


13:34
駒止茶屋到着

なんだかこの茶屋では展覧会?みたいのやってました。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

とりあえず写真だけ撮って、スルーします。
もみじがきれいだね~って言うなの休憩。
山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

14:03
見晴茶屋到着

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

宿泊施設っぽいのですが、ここはやっていないかな?
でも、従業員らしきおじさんが1人だけいたのでもしかしたら今シーズンが終わってしまっているだけかもしれません。
(もしかしたら、やっているかも)
茶屋の前にあるベンチで3分ほど休んで出発。

14:20
観音茶屋到着

何個もあった茶屋ですが、ここが最後の茶屋っぽいです。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

ここは休まず一気に抜けます。
ここら辺からはかなり緩い傾斜の道になってきたので、足も楽になっていきました。そう考えるとバカ尾根を登るコースは、最初は楽なんだけど、少しずつ傾斜が上がっていって、最後が一番辛いって事ですね。
途中から道路になり、家なんかも出てきます。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

火気厳禁のかわいい看板。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

幼稚園児がここまで書けるわけないので、大人がかなり介入してるなって言う突っ込みはさておき。
その後、自然に普通の住宅地になってきて、街を歩く事になるので、明確な登山口みたいのはないのかな?
なので、何となく山へ入っていくところを登山口として撮っておきました。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

14:40
どんぐりハウス到着
サイトでは大倉バス停なんて書いてあったので、ポツンとバス停があるのかと思っていましたが、バス停付近はレストランあり、登山案内所あり、公共施設あり、花畑あり、バーベキュー場あり、整備された公園ありでレジャースポットみたいになってました。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

どんぐりハウスってのはたぶんレストランを指すと思います。
ここが登山案内所。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

これがこの付近の施設案内用の看板。
山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

でっかくて立派な橋。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

でかくて驚きます。
スポーツセンター。よーく見ると、宿泊とかシャワー施設なんかもあるみたいです。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

どうもこれを渡っていくと、その先の公園全体がレジャー施設になっているようで、バーベキューや何とクライミング場まであるみたいです。
レストランに併設されていた小さなお土産屋で、忘れていた登山バッチを探すもない。
ビールでも飲んじゃおうかな~なんて思っていたら、僕が到着して15分ぐらいしか経っていないのに友達到着。どうも、僕に追いついてやるって意地になって走ったりしていたようです。
多少、僕はうどん食べたりしてのんびり下りてきたにしても、往復1時間半以上の場所まで僕より多く歩いたのに僅差で帰ってきちゃうとこら辺は友達のポテンシャルの高さを感じました。

この後は、途中でゲットした地図に書いてあった弘法の里湯に行くことにしました。
弘法の里湯
http://navi.city.hadano.kanagawa.jp/kankou/satoyu/index.html
一旦渋沢駅まで戻って、3つ東京よりにある鶴巻温泉駅近くにあるらしい。(ま~温泉って名前がついている駅なんだから他にもあるだろうけど)
バス停から渋沢駅まではバスで15分。1時間に2~3本ぐらいの割合であるので便利です。ただ、帰りも満員で立ち乗りでした・・・

15:40
弘法の里湯到着
え~と、いつもなら温泉の写真とか、ビールを撮ったりするのですが、この日はこの後の写真がまったくありません。
別の日の日記に書いたのですが、この日の15:40発走だったエリザベス女王杯(競馬)で10万馬券を当ててしまったので、テンションマックスになってしまい写真の事など忘れていました。
なので、パンフレットに載っていた温泉広告の写真を家で撮りました(汗)

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

料金が1000円とちょっと高いですが、駅近ですし、きれいだったですし、10万円をゲットしたこの日の僕からすれば1000円などはした金です(笑)
温泉代2人分、ビール合わせて6杯、おつまみモロモロすべておごっちゃいました。
いつもはヘトヘトで温泉に着くとすぐ寝ちゃうんですが、この日は競馬が当たったせいかすごく元気で、いい感じに酔っ払うほど飲みました。
こんな感じでしょうか
丹沢山には負けたけど、人生には勝ったど~!!!!!!

最後に、友達が撮ってきた丹沢山頂上にある「日本百名山」の看板です。これを僕も見たかったな~


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

関連記事

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。