スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無念。柏レイソルJ1降格。

くやしいです!!


降格しました。1対1で引き分け、勝ち点で上のチームを上回ることは出来ませんでした。
目の前で終了のホイッスルを聞き、しばらく呆然。
大宮サポーターの歓喜が心に突き刺さる。

でもね。今回は意地みせたよ。

本当によくがんばった!!


1度降格しているのですが、その時は入れ替え戦でヴァンフォーレ甲府に当時いたバレー1人に6点も入れられて悲しむというより、あまりの弱さに涙が出そうでした。
しかし、今回は清水に勝ち、新潟に勝ち、今日の大宮戦もリスクを侵して攻めたよ。

大宮のホームであるNACK5スタジアムはレイソルのホームなんじゃないかと言うぐらい埋まっており、30分以上前から応援がず~~っと続きます。

山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)

試合は大宮は引き分けでいいので当たり前のように守ってカウンター、レイソルは若干前がかり。
前半はお互いにチャンスはあっても決められない。

シュートは打てるものの、キーパーの真正面ばかり。
そして、僕らもやばいやばい。時間がないと思っていた後半30分ごろ。

前半からポストプレーや足元のうまさ、高さでものすごい存在感を見せていた大宮のラファエルの、これぞポストプレーのお手本と思えるきれいな胸トラップから橋本選手に決められます。

心が折れそうとはまさにこのことで、ずっと立って大声で応援していた反動か一瞬めまいがして倒れそうになりました。
大宮だって負けられないわけで、カウンターを虎視眈々と狙っていたし、レイソルは何がなんでも1点取らなきゃいけなくて玉砕覚悟で行くしかないのでこういう結果は覚悟していたと言え、残り15分で失点は・・・

ただ、レイソルサポーターは負けない!!

みんな気持ち切り替えられるわけないはずですが、もう大声出して切り替えるしかない。

一瞬静まり返った直後に、再度大応援開始!

っと思った、2分後。
何度となくチャンスに決められていなかったフランサが、詰まったような蹴り方に見えたのですがそのボールが僕らの目の前のゴールの隅っこにフワーっと入りました。

もうね。自分でも何を発しているのかわからいないぐらい叫んでいました。
ただ、引き分けではだめなんだ。

その後、レイソルはパワープレーを繰り返し、跳ね返されてもセカンドボールを拾ってまた放り込む。
澤の切り込みや、フランサのワールドクラスのパスも何度か出ましたが全員で守る大宮のディフェンスは崩せず終了。

大宮サポーターの歓喜と柏サポーターの沈黙。

数試合前までもうだめだと諦めかけていたけど、少し希望が見えちゃって、でもやっぱりだめでした。
この試合だけ見れば、残留した大宮と差はないし、僕が今年見に行った名古屋、浦和、横浜などの強豪チームともかなり互角に試合が出来ていました。

でも、1試合1試合の積み重ねがここまで苦しい状況を作ってしまったわけで、引き分けは取れるけど勝ちきれない少しの差が、最後に大きな差となってしまいました。
今日も大宮が守っているのでなんとか先制点を取って、大宮が攻撃に出ざるおえない状況にしなければいけなかったのに、先制点を献上。

優勝を争っているチームはこういう試合運びは絶対にしません。

個人としてチームとしてもう2段から3段はレベルアップをしないといけませんね。
フランサは誰がみてもスーパープレイヤーですが、結果フランサが怪我で欠場したり調子が悪いと負けて、フランサが万全だと勝つというのではだめだということです。

高橋監督、井原コーチ、シジマール。結局、誰も監督、コーチ経験がない人選もまずかったのは明白ですが、ネルシーニョになってからはよくなってきたし、J2に落ちてもすぐに上がってきて欲しいです。

前回、J2に落ちた時には本当に本当に悲しいことに主力やサブの選手がが大量に出て行きました。

玉田、明神、矢野、永田、波戸、土屋、中澤。

今回はどうなるんだろう。
フランサは彼自身の意向しだいだと思いますが、ここで出て行っても誰も文句は言わないでしょう。

ブンデスリーガでアシスト王になったり、チャンピオンズリーグで大活躍するレベルの選手だし、よくこんな日本の弱小チームに長くいてくれたとみんな感謝しています。
もちろん残ってくれると嬉しいにきまってますが。

個人的に気になる選手は、菅野と大津です。
2人ともいいチームに行けばもっともっと活躍できるだろうし、日本代表だって狙える才能があります。
欲しいというJ1のチームは間違いなくあるでしょう。
残って欲しいという気持ちと、もっと強いチームで活躍して欲しいという複雑な気持ちが交じり合います。

とりあえず、ネルシーニョ監督とドンヒョク兄さんは残留が決定していますので、DFラインは安心だし、よくわからん監督が来ることもないのでここは安心。
後は流れに身をまかせるしかないし、後1試合逆転優勝の掛かっている川崎フロンターレとの最終戦がありますので、強いチームの力を肌で感じて、ちょっとだけ上位いじめをしてやりましょう。

最後に、試合後大宮のサポーターも残留万歳なんだか!レイソルがんばれ!なんだかわかりませんが、後者と勝手に思って温かい拍手をもらいました。

大宮サポの皆さんありがとうございます。

NACK5スタジアムはとても観客席が近くて見やすいいいスタジアムでした。

埼玉は浦和レッズというモンスターチームがいますが、存在感出してJ1でがんばってください。

J1にすぐ戻ってこれるよう、真っ暗な氷川神社で祈願。


山登ろうぜ!(目指せ!日本百名山)
関連記事

この記事へのコメント

DOKKEN : 2009/11/29 (日) 07:08:32

試合終了後整列前の拍手ですよね?

あれはレイソルの6番さんがまず僕たちに拍手してくれたんです。

崩れ落ちてる味方選手を励ましながら。

なかなか出来ることではないです。

心のこもったフェアプレーでした。

レイ : 2009/11/29 (日) 11:00:44

そうなんですか。
ドンヒョク兄さんが。

そういって頂けるとサポーターとしても誇りに思い、胸を張らないといけませんね。
ドンヒョク兄さんは沈み行く船に完全移籍を発表してくれて、レイソルとしてもすごく心強い、リーダーシップを持っている選手です。
こういう選手がいたから厳しい状況でもチームが解体しなかったんだなって思います。

大宮も目標のACL目指してがんばってください!!

管理人のみ通知 :

トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。