スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【フィギュア】安藤美姫の名言「私はリンクの上にいるだけで幸せ」大人になったね!!

そこらのスポーツ新聞よりいいコラムを書く日経新聞ですが、安藤美姫のインタビューがありました。

大人の階段のーぼる~

日本経済新聞より:安藤美姫「私がショーで伝えたいこと」

そこからちょっと引用すると
「私はリンクの上にいるだけで幸せ」
「休むことに大きな理由はないんです。選手として15年余り過ごし、疲れたから休みたかったというより、休んでもいいんじゃないか?」
「今日と明日ではフィーリングが違う。今日はこのお茶がおいしくても、明日は違う味のものが飲みたくなるかもしれない。そんな風に気持ちは変わるものでしょう?」

大人か!!大人になったか!!

少し前にも似たような事書いたのですが、ミキティも大人になりました。
当たり前ですが歳を取ればみんな大人になりますが、昨年とか大人を飛び越えて悟りの世界に入ってたような時もありましたからね。。。

才能と勝負弱さの共存

浅田真央は普段子供みたいなのに、リンクの上、特にここぞの勝負の時にはトリプルアクセルをしっかり飛んだりと野球で言うとチャンスに強い、サッカーで言うと決定力がある、なんて感じで勝負強さが人を惹きつけていたような気がします。

逆にミキティはその逆。持っている才能とそれを精神面が支えきれず、勝負どころでことごとくミスをする。
テレビ越しに見ても「ミキティ、フィギュア好きじゃないよね?」「完全にやらされてるよね?」という感じで「苦痛感」が出まくりで、まあ小さい頃からずっとフィギュアやってきて、勝手に期待されて、お呼びでないマスコミに追い回されて、辞めたくても辞めれなくて。そりゃ、普通の人なら嫌にもなるわな。

だけど、去年か?一昨年か?ある瞬間から劇的に変化を見せました。
コーチうんぬんの話は絶対に影響していると思いますが、このインタビューを見ると「やりたくない時はやんなきゃいいよ」「別に順位なんてどうでもいいよ」という心の余裕が生まれているように感じます。

追い込めばいいってもんじゃない

どのスポーツでもトップになるには死ぬ思いをして練習しなきゃいけないというイメージがありますが、人間の精神力なんて人それぞれで、追い込みまくる練習をした方がいい人もいれば、そうじゃない人もいます。
サラリーマンの世界だって追い込みまくってうつ病になっちゃう人なんてたくさんいる訳で、アスリートだから全員が強靭な精神力を持っているとは限りません。

ミキティの場合は絶対能力はもともと高いので、もちろん鬼のような練習をしているのだとは思いますが、それを苦痛と感じるような状況ではパフォーマンスを最大限に出せなかったという事だと思います。
結局、何のために滑っているのかが分からなければいい演技は出来ないでしょうし、今はそれが明確に見えているそんな感じでしょうか。

逆にこうなるとリンクの上が「幸せな場所」でなくなったらきれいさっぱり辞めちゃう可能性もあるなと思わせるようなインタビューでした。

全日本フィギュアで浅田真央が2年ぶりの優勝!!

全日本フィギュアで浅田真央が2年ぶりに優勝しました。

浅田真央の演技には人を感動させる力がある

ここのところフィギュアは見れていなかったのですが、浅田真央のフリーの演技を見て胸にこみ上げてくるものがありました。
これは決してお母さんがどうこうというものではないです。
もちろん本人はいろいろ思う事があるでしょうが、僕ぐらいの年齢になればみんなが平和に生きている訳ではなく、壮絶な体験をしている人にたくさん出会い、僕自身もたくさんの辛い思い出を持っています。

だから、僕はそういう視点で演技を見る事はしなかったのですが、本当にいろんなものを堪えるぐらい感動的な演技でした。
っというか、浅田真央の演技にはそういう力があるんだと思います。

僕は素人なので難しいところは何とも言えませんし、選曲とか振り付けとかの選択の問題があるのかもしれませんが、浅田真央の演技には「やさしさ」のようなものを感じます。
ゆったりしながらもダイナミックであり、1つ1つの演技の繋ぎに無駄がないので、最初から最後まで1つの演技として完成されている。
そして、僕が一番好きなのはストレートラインステップであり、どの大会でも調子のいい時の浅田真央のステップは、なんだろう表現が難しいですが、グググっと胸の奥をつかれるような気持ちになります。

いい時もダメな時も、笑顔の時も辛い顔の時も、浅田真央という存在はフィギュア界でも1つ抜けた存在だと感じます。

堅さが目立った村上佳菜子と笑顔の鈴木明子

ショート1位で最終滑走になった村上佳菜子。
これまた素人目線で申し訳ないのですが、気合が乗りすぎていて逆に堅くなったような気がします。
顔は笑顔でしたが、演技がキビキビし過ぎていて、よく言えばパワフルだったのですが、悪く言えば焦りで先へ先へといった感じか?
ステップでの不可解な転倒もそこら辺が影響したような気がします。

あの状況で気合を抑えろってのがムリな話とは言え、本人は「ダメすぎて笑っちゃいます」というコメントを残したように悔いの残る演技でしたでしょうが、オリンピックなどで感じる尋常じゃないだろう緊張感と重圧を勝ち抜くためにはいい経験になったのでは?

2位に入ったのは鈴木明子。
こちらはある意味完成されていますね。
浅田真央が感動させる演技ならば、鈴木明子はどんな試合でも笑顔にさせる演技。
鈴木明子が戦っている相手は審査員ではなく、いつも観客と自分。
自分の演技がどれだけ観客の笑顔を作り出せるかが彼女の評価に繋がっていきます。

3~4番手評価の多かった鈴木明子ですが、今ではすっかり世界の表彰台を狙えるポジションにいますね。
彼女がフランスの観客をどれだけ魅了出来るかが注目ですね!!

フィギュアスケート不可解な採点問題動画まとめ

先ほど世界フィギュア2011の動画を再確認してたのですが、インターネットは怖いというか、映像が残っちゃうのでね。
他の大会でいろいろ比較していたり、皮肉っている動画、海外メディア報道など動画がありました。
若干、悪意があるのもありますが、ちょっとまとめ。


これは純粋に演技の比較なので後は自分で判断を。



採点付で見やすい。



本当に言っているのかは定かではありません・・・



この顔とかはたまたまというか取り方にかなり悪意ありですね(汗)



これはアニメを使っておもしろい。


安藤美姫が大人の滑りでイカサマ採点に勝った件!!

昨日、震災で延期されていた世界フィギュアが終了しました。

結果は男子は小塚が銀メダル、女子はミキティが金メダルで日本としてはいい結果だったと思いますが、高橋大輔が演技の序盤で靴のビス?が外れてしまうし、織田は2回同じ構成のジャンプ飛んでしまったり、女子は浅田真央が失速し、村上も思った演技が出来ず。
メダルを獲った2人以外は不本意な結果だったような気がします。

ミキティが優勝してくれたおかげで、ショートの採点についての疑問はそこまで持ち上がりそうもありませんが、結果がよければ全部いいという話にはならないので言いたい事をしっかり言おうと思います。

キムヨナのショートの採点への疑問。
これはキムヨナ本人に対して言っているのではなく、採点員に対しての疑問です。

オリンピックやその前のキムヨナの高得点には疑問がもたれていましたが、決定的なものはなく芸術点という曖昧なものの中で上乗せされてきました。
それにその時のトリプルアクセルの点数の問題は、感情的には「トリプルアクセルに高得点をつけるべき」というものはあっても、ルール上は決まっていた事なのである意味仕方なし。
いいとか悪いとか、見たいとか見たくないとか、チャレンジするとかチャレンジしないとかとは別次元。
ルール上、不公平な部分はあったとしても、それは理解した上でチャレンジしているはずなので、文句もつけづらいところです。

ただ、今回のキムヨナのショートの得点について、ネット上でも話題になっていましたが明らかにおかしい点をつけている採点員がいました。

ショート終了時の得点はキムヨナが65.91で1位。安藤美姫は65.58で2位。
得点差は0.33と僅差の勝負ですが、まさかキムヨナがミキティを抜くとは思いませんでした。

ミキティがノーミスで演技したのに対して、キムヨナはジャンプで1度ステップアウト。
まあ、これはその他の要素や演技の質で逆転する事は可能だと思うのですが、問題はこの時の得点。

1 3Lz  6.00 -1.50 -2 -3 -3 -2 -1 -2 -2  1 -3

http://www.isuresults.com/results/wc2011/wc2011_Ladies_SP_Scores.pdf


そこまで詳しくフィギュアの得点について知らない僕ですら、ジャンプで失敗すれば減点になる事ぐらいは知っています。
ただ、1人だけ「1」で加点をつけてるんですよね。

あのステップアウトに対してなんで加点がつくのだろうか?




>>続きを読む

世界ジュニアカーリング選手権がスコットランドで開催中!!

パシフィックジュニアカーリング選手権で宿敵韓国を破り、世界ジュニアカーリング選手権への出場権を獲得したカーリングのジュニア日本代表。
その、世界ジュニアカーリング選手権がスコットランドで昨日から行なわれています!!!

20110306.jpg

ジュニアのカーリングチームは、こちらでも取り上げていますが札幌国際大学チーム。
僕もファンで追いかけているわけですが、ぜひがんばって欲しい!!

そして、昨日の1日目。
札幌国際大学チームはチェコに7対5で勝利!!すげえええ!!

今日は強豪スウェーデンと対戦予定です。
こちらでライブスコアが見れます。
http://www.wjcc2011.com/live-scores

>>続きを読む

≪PREV | | NEXT≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。